S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
快適方向への進化
チューニング感覚で楽しめるリフレッシュ
キットパーツではなく、TODA POWERの手仕上げ ベンチアップ編
軽量化と安全性を同時に追求
キットパーツではなく、TODA POWERの手仕上げ 点検・加工編
キットパーツではなく、TODA POWERの手仕上げ 分解・洗浄編
Entry Archive
Search
Login
SRE+HYPERCOの旨みを生かすには。 2016/01/10(Sun) 13:02:01
160111_ASM86_DSC_1593TOP.jpg



86/BRZのASM SREダンパーキット試作品を仕様変更します。

【現状】

・微振動がずっと続き、目や内臓が揺すられる感じ。
・街乗り試乗で車酔いする。
・高速走行では安定性が増す。

フロントは、減衰力不足からバネ上共振点(今の設定だと2Hz弱)の抑えが足りないと思われます。動かないので減衰力を下げる方向でセッティングしていますが、バネレートを落として減衰力を高めた状態も試してみたいです。リヤも、高速で合わせた所からASM試乗コースで下げる方向に振っているので同じ状況が考えられます。こちらはバネの許容荷重的にレートを下げたくないので減衰力orスタビなどで良いところを探したいところです。



160110_86_DSC_1540.jpg


【仕様変更内容】

(1)PowerFlexブッシュ交換

ダンパー/スプリングを見直す前に、取付点の無駄な動きをなくそうと考えています。以前SHOWA TUNINGのデモカーを試乗させてもらった時乗り心地が良くて感動しましたが、路面が荒れるとスムーズに動いていたはずのダンパーの動きが渋くなり、急に揺すられ感が強くなった印象がありました。高めたバネレートと減衰力にブッシュが負けてアーム取付部分が動き、ダンパーのスムーズな動きを阻害しているのかもしれません。


(2)フロント仕様変更

HYPERCOバネレートを63 → 54 N/mmに落として動きやすくしつつ、減衰力を上げて微振動を抑えます。また、SREストラットダンパーには減衰力の立ち上がりが早いデグレッシブピストンを使っていましたが、立ち上がりが穏やかなリニアピストンに変更します。86/BRZ純正ストラットダンパーもリニアピストンとのことです。



スタビライザー・減衰力・タイヤ内圧などのセッティングでごまかすのではなく、83/BRZの基本要素を見直してASM SREダンパーキット製作します。完成はまだまだ先ですが、助手席試乗できる状態になるのを楽しみにお待ち下さい。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3027


これがASM流の物作り


[3027] asm

Next >> [HYPER REV S2000 vol.8 取材]
Back >> [Let’s Go Shopping at ASM Which is TAX Free.]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.