S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
MAXIM WORKSに相応しいECUデータを目指して。
速さと安全性・信頼性の両立へ。
年に一度、思う存分神戸
一流エンジニア達と一緒にS2000作りを考えてみる
感性を満たす排気音
サスペンションを動かすツボに投資
Entry Archive
Search
Login
真実に物差しを当てる力 2017/11/01(Wed) 16:32:52
171101_EWP_.jpg



昨夜遅く、ASM Blog記事を読んだ戸田レーシング島田さんから、『ロガーデータと壊れた電動W/Pを合わせ見ると、シェイクダウンで発生した電動W/Pトラブルの原因が、振動だけとは思えない』と指摘がありました。シェイクダウン(写真上)とASM Blog画像(昨日の記事)を見て過去経験したトラブル事例を思い出し、2回発生した電動W/Pトラブルの原因は異なると言う見解です。


<シェイクダウン時の状況>

(1) 走行開始後3ラップ目で水温急上昇。
(2) PIT-INして点検すると、電動W/Pのヒューズ(10A)が飛んでいた。
(3) DAVIES CRAIG LCD EWP & FAN Controller(30A)制御に切り替えてテスト継続。
(4) 18ラップ目で水温急上昇。
(5) PIT-INして点検すると、電動W/Pのプロペラとハウジングが干渉して停止していた。


周回できたから(3)は大丈夫、(4)(5)はリジットマウントに因る振動で発生したと推測されるので、設計変更した軸受け部品と電動W/P固定方法の変更で対策できると考えています。今回話題になったのは最初の(1)(2)、ヒューズが飛んで電動W/Pが停止して水温が急上昇した理由で、もし仮説通りなら全て納得できます。シェイクダウンでオーバーヒートが発生した本当の原因は、これかも知れません。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3438


岡山合宿〜恒例の2日間走りっ放しテスト編〜


[3438] asm

Next >> [サスペンションを動かすツボに投資]
Back >> [タイムアタックマシンも製品も、モノ作りはこだわりが大切]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.