S2000・86・RECAROのある自動車生活−ASM Blog−

   S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM公式facebook
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
ASMを印刷したT-shirt
オイルクーラーも軽量化
AP1/AP2それぞれに合った排気音作りを追求
やり切ることが大切だ。
こんな軽いのに働き者、ASM駆動系フルスペック
シンプル構造で効果的、一生ものの減圧バルブ
Entry Archive
Search
Login
1日中聴いても疲れない理想の音 2017/08/05(Sat) 14:49:24
170802_Z34_.jpg


Z34 Version nismoに、SACLAMサイレンサーキットを装着しました。全SACLAM排気管の中でも傑作と言えるnismo専用加速騒音対応モデルで、Yパイプまで含めた音の調律が行われているのが特長です。フェアレディZの価格帯に相応しくない純正<不>等長エキマニから、MAXIM WORKSまたはASMエキマニに交換することを強くお薦めします。


■SACLAM Z34 NISMO 6MT/7AT SILENCER KIT 410,400円 <税抜価格 380,000円/税額 30,400円>



170805_IS_DSC_3568.jpg


S2000 Type-Sには、ASM I.S.Designサイレンサーキットを装着です。AP2を開発車両にした効果で、ASM エキゾーストマニホールド07と組み合わせれば4気筒エンジン向けSACLAM管の中で最高の完成度ではないでしょうか。ASMビッグスロットルとスロットルスペーサーを購入してDIY装着したところアイドリング不調でお困りでしたが、パーツ本来の性能を100%体感してもらえるようにASMで行っている<ECU吸気項目の学習をリセット>をして、スムーズに解決しました。


ASM I.S.Designサイレンサーキット  293,760円 <税抜価格 272,000円/税額 21,760円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3378


今年の夏こそ。


CFRPエアロパーツの先駆者として。 2017/08/04(Fri) 10:48:41
170801_Challemge_1.jpg



ASM S2000をチャレンヂ社に持ち込み、新商品の取付確認をしています。


170801_Challemge_2.jpg


リヤオーバーフェンダーとリヤバンパーはFRP製しか設定がなかったので、久しぶりに見るCFRP製はやはり格が違います。さらに今回の3商品は、CFRP専用成形型に変更した効果で表面の波打ちがほとんど分かりません。まるで鋼板のように見えました。ASM開店12周年の2017年9月発売開始で受注生産です。ぜひご注文下さい。



170805_RF_1.jpg170805_RF_2.jpg170805_RF_3.jpg
170805_RF_4.jpg170805_RF_5.jpg170805_RF_6.jpg


ASM I.S.Designリヤオーバーフェンダー(CFRP)  140,400円 <税抜価格 130,000円/税額 10,400円>

・中村KING
・Jack
・藤野君
・桐生さん



170805_RB_1.jpg170805_RB_2.jpg170805_RB_3.jpg
170805_RB_4.jpg170805_RB_5.jpg170805_RB_6.jpg


ASM I.S.Designリヤエアロバンパー08(CFRP)  345,600円 <税抜価格 320,000円/税額 25,600円>

・中村KING
・組長
・茨城KING
・Jack
・岡山KING
・藤野君 * I.S.DesignサイレンサーキットTitan同時注文
・桐生さん



170808_door_2.jpg170808_door_3.jpg170808_door_4.jpg
170808_door_5.jpg170808_door_6.jpg170808_door_7.jpg


14年前に製作したASMドライカーボンドアと比較すると、フィッティング精度が格段に向上しました。従来モデルの場合、各部クリアランスを整えるためにはバンパーやフェンダー等全体的な取付見直しが必要でしたが、新製品ではポン付け+微調整で純正ドアと同じように装着可能です。


ASM ドライカーボンドア  972,000円 <税抜価格 900,000円/税額 72,000円>

・ 千葉 K・・・ 県のS2000オーナーさん
・Jack
・愛知の人 様



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3377


継続こそ力だ。
15年変わらないのは、根気よく探究する心 2017/08/03(Thu) 15:42:39
170802_ASM_.jpg



2017年のタイムアタックシーズンに向けて、車両製作に着手しました。

電動ウォーターポンプは、DAVIES,CRAG社EWP(流量115L/分)からトヨタ純正EWP改(流量80L/分)に変更します。去年の実績から毎分80Lで十分だと判断しました。エア抜きの早さから推測すると圧損を含めた実質的吐出量は増加しており、流量115L/分と言ってもスペック通りの性能を発揮していなかったのでしょう。プリウスに採用されているトヨタ純正部品ベースの信頼感も大きな魅力です。



170802_TABATA_.jpg


今年から小型ラジエター(写真左)に変更します。2008年に三重大学で実施した風洞実験で得たダウンフォース値は、床下が動かない環境なので参考程度に考えていました。それより各部の空気の流れを検証した結果、ラジエター下部に当たるべき空気が剥離を起こし、逆流して床下に引っ張られていたと言う事実が判明しました。

今まで使っていた大型ラジエター(写真右)の上部15%はフロントバンパー開口部の上にあるからほぼ機能しておらず、下部15%は開口部から見えていても上記の理由で空気が逆流して当たっていないので、上下方向でサイズダウンしてもデメリットは最小限だと考えました。オイルクーラーと重なる部分も小さくした結果、水を充填した状態で大型ラジエター8.3kgに対して小型ラジエター4.65kg、先端部分で3.65kg軽量化しています。



170802_C72_.jpg


小型ラジエターをテストした2006年当時、時間が限られていたので水温が高い=ラジエターの大きさ不足と判断して、採用を見送りました。2008年2月の風洞実験結果を受けて、ラジエター冷却性能向上を目的にフロントWウィングを製作し、2008年10月に岡山国際サーキットでテストしましたが、コンディションが悪く十分検証できていません。

クーラントは2006年当時使っていなかったK&G C72になり、フロントWウィングをヒントにラジエター開口部とボンネット開口部奥に空力パーツを追加し、放熱性を向上させるためC72SUPER COOLING PAINTでセラミックコーティングし、ラジエター位置を最適化すれば、電動ウォーターポンプ流量増加に伴う水温低下と合わせて狙った水温に収まると考えています。


K&G C72SUPER COOLING PAINT(スプレー缶)   16,200円 <税抜価格 15,000円/税額 1,200円>



≪関連情報≫

 ・KING教授、三重大学風洞実験室でKYぶりを発揮しました
 ・ASM筑波スペシャル2008シェイクダウンは恒例の岡山国際サーキット
 ・走るエンジンベンチ室



170802_ARBOU_.jpg


ステアリングラックを固定している4本のボルトの内、オイルポンプとの干渉を回避するためワッシャーを入れていなかったラック後方側ボルト1本が、受け側が変形により緩む寸前でした。2016年以降に搭載したエンジンはここにオイルポンプがないので、ワッシャーまで一体化した形状のARVOU製に変更です。


ARVOU ステアリングリジットカラー  10,584円 <税抜価格 9,800円/税額 784円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3376


鈴鹿レポート〜1号車&筑波スペシャル、ダブルシェイクダウン!編〜


風に触れるとひんやり!放熱を抑えるASMイチオシの熱対策 2017/08/02(Wed) 12:17:27
170727_befor_DSC_2471.jpg



HONDA NSX向けエキゾーストマニホールドを、Zircotecコーティングしました。

6月2日(金)、梱包箱を含めた総重量、梱包箱の三辺サイズ、エキマニの三辺サイズとパイプ径と製品画像を元に見積もり価格を提示してご注文いただき、翌週ASMに到着したエキマニを英国Zircotec社に航空便で発送して、7/27(金)ASMに入荷です。


170727_after_DSC_2471.jpg


Zircotecコーティングで断された熱に因り、エキマニの伸縮幅が増えることを想定しなければいけません。大きく曲がったNSXの排気管レイアウトでは、伸縮できずクラックが入る可能性があります。設計時とは異なる排気流速により、音質・最高出力発生回転数が変化がする場合もあるでしょう。でもエンジンルーム内温度の低減は、熱害による経年劣化抑制にも効果的だと考えられますので、クラックに注意しながら使用して下さい。


■Zircotec コーティング  374,220円 <税抜価格 346,500円/税額 27,720円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3375


S2000のために、さらに揃えるなら


シンプルなデザインにこめた、自然な見た目とレーシーな印象 2017/08/01(Tue) 09:21:44
170728_S3_.jpg



S2000にお薦めの吸気メニュー・無限エアクリーナーBOXを装着しました。

入口—バタフライ−出口径拡大・シャフト切削による吸気面積拡大と、壁面逆R形状切削による吸気効率向上をしたビッグスロットル、スロットル−インマニ間の段差を解消しつつインマニ容量を増やしたスロットルスペーサー、吸気温度センサーの適正化したASM SAMCOインテークホース、余計なラム圧を逃がしてアクセルレスポンスを向上するNAGブローオフバルブとの組み合わせです。

2013年以来、どんなにお薦めしても『純正ボンネットを加工するのが嫌だ』と未装着でしたが、無限エアクリーナーBOX吸気ダクトを逃がすため控え目な膨らみのASMドライカーボンボンネットに交換して、ついに、やっと、買ってもらうことができました。F20Cらしさを最大限に引き出した、ASM吸気チューニングメニューの完成形を楽しんで下さい。


■無限 Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX  142,560円
ASM ラジエタープレート  12,960円 <税抜価格 12,000円/税額 960円>
NAG ブローオフバルブ  41,040円 <税抜価格 38,000円/税額 3,040円>



170728_S1_.jpg


『大切な純正ボンネット加工をしたくない』とご希望されて、ダクトがなく自然な見た目のASMドライカーボンボンネットを装着しました。貴重な純正ボンネットの発送先を確認したところ、『ステテクダサイ』だと教えていただきましたが・・・聞いたことない住所です・・・。


ASM ドライカーボンボンネット   287,280円 <税抜価格 266,000円/税額 21,280円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3374


『勝ち』より 『価値』を目指して


筑波スーパーバトルで知り合ったメンバーで作り上げたサスペンション 2017/07/30(Sun) 11:20:54
170729_SRE1_.jpg



先週お預かりしたASM ZFダンパーのO/H+仕様変更が終了して、無事装着しました。

このダンパーは現行モデルよりケース長が短い仕様だった頃の製品なので、製品版とは異なるダンパー内部パーツを製作して組み立てるのですが、パーツの組み合わせ方を間違ってしまい、調整幅を最大まで使っても要求した全長より30mm以上短く(=車高が低く)なってしまいます。7/29(土)は週末、『どうしようもないだろうなぁ』と諦めながらアネブル蘓武さんに電話したところ、偶然フォーミュラダンパーの打ち合わせで東京に来ているとのことっ!!?


170729_SRE2_.jpg



・・・サーキットサービスカーが駆けつけて、その日その場で解決できました・・・!

■ASM ZFダンパーO/H+仕様変更  129,600円 <税抜価格 120,000円/税額 9,600円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3373


「楽しみを提供する」と言うポリシー


AP2用は、デザインと性能が大幅に向上! 2017/07/29(Sat) 14:08:54
170728_S32_.jpg


愛知県からご来店いただき、I.S.Designサイレンサーキットを装着しました。
下取りした、今までお使いのI.S.Designサイレンサーキット2も甲高い高周波音だったのに、最新モデルはその上を行く完成度です。同時作業していたBRZオーナーさんが音を聴いて、『これで車検は大丈夫なんですか?』と不思議そうにしていましたが、もちろん全く問題ありません。サーキットスポーツ走行時、音質だけでなく更に向上したアクセルレスポンスを体感して下さい。


ASM I.S.Designサイレンサーキット  293,760円 <税抜価格 272,000円/税額 21,760円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3372


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。


< Back   Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]