VENUSシートレールとRS-G専用RECAROベースフレームの比較 −NDロードスター−

160317_ND3_DSC_2785.jpg
160317_ND1_DSC_2785.jpg


NDロードスターにRECARO RS-G SuperStark NUを装着しました。

ASMでは、NDロードスターにフルバケットシートRS-Gを装着するベースフレームを2種類ご用意しており、ひとつはRECARO純正ベースフレームです。様々な純正RECAROシートを自動車メーカーと共同製作したデータと経験に基づき設計されています。もちろんコストとの兼ね合いがあるから何もかも100点満点ではありませんが、細部にこだわって装着すればスムーズで安全で保安基準適合面で最も安心感が高い製品です。


ところがNDロードスターに限って見れば、RS-G専用RECARO社製ベースフレームにも関わらず幌フレームと強く干渉するため、数年使用すると表皮が破れる可能性も否定できません。そこで保安基準適合のVENUS社製シートレールを用意して、早速装着してみました。



160317_ND2_DSC_2785.jpg


完璧でしょう?RECARO社製と比較すると以下のような特徴が確認できます。

 ○ 幌骨との干渉は解消。
 ○ ステアリングセンターが出ている。
 ○ 着座位置が低い。

 × スライドがとても渋い。
 × 前方へのスライド量が少ない。
 × レールとベースフレームが溶接で固定されている(RECAROはリベット固定)


両社公開データを比較するとRECARO製の方がドア側オフセットが5mm少ないはずですが、実際にはVENUSの方が内側に寄っていました。三次元測定器で計測した数値のRECAROに対して人による計測のVENUSだから、5mm単位の狂いは仕方ないのでしょう。でも、理想的な位置に装着できているのは事実です。ASMでスタッフの話を聞きながら実際に座り、お客様自身の好みに合った選択をして下さい。


VENUS シートレール(NDロードスター用)  28,080円 <税抜価格 26,000円/税額 2,080円>  


この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=3306

VENUSシートレール(NDロードスター用)

160309_VENUS_ND_DSC_2721.jpg




ASM 4号車<えいじさんのロードスター>に使用するVENUSシートレールです。


RECARO社製ベースフレーム(RS-G専用)  21,600円 <税抜価格 20,000円/税額 1,600円>

 ・オフセット ドア側15mm
 ・着座位置 -8mm

  * 三次元測定データ

ASMで定番の組み合わせです。RS-G専用にすることで、保安基準やRECARO社基準をクリアしつつユーザーが要求するポジションを出しています。製品構造を正しく理解した店舗で装着すれば、理に適ったポジション・スムーズで確実な動き・保安基準適合の安心感を手に入れることができます。ヘッドレスト上部と幌の内骨が干渉するので、長期間継続使用すると表皮摩耗・破れが発生するかもしれません。



■VENUS社製シートレール  28,080円 <税抜価格 26,000円/税額 2,080円>

 ・オフセット ドア側20mm
 ・着座位置 ヒップポイント-15mm/腿下-55mm

  * 手計測

人によってはヘッドレスト上部の表皮摩耗・破れが気になるみたいなので、もうひとつの選択肢として販売しているVENUS社製シートレールを使って装着することにしました。RECARO/VENUSそれぞれからポジションは公表されていますが、どこを基準にどんな環境で計測した数値か分からないので、実際に装着した方が正確で早いです。

ポジションはどうなのか、ドア側オフセットで5mm/着座位置で7mmの差によってヘッドレストの干渉は軽減したのか、そもそも三次元測定器と手計測で計測したマッチングデータだけで判断してもいいのか、気になるNDロードスターオーナー様はASMで座って確認して、RECARO社製との差を理解した上でご検討下さい。


この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=3305

VENUS社訪問

140723 venus DSC_0507.jpg

SA京都ワンダーシティイベントが終わった翌火曜日、大阪にあるRECARO用社外シートレール販売会社のVENUS(ビーナス)を訪問しました。レカロ純正ベースフレームは品質がとても良く、各社の純正シート基準を併せ持つ手堅い製品で、今までもこれからもASMお薦めナンバーワンのベースフレームです。

が、弱点がないわけではありません。限られた資源の中で取り組んでいるため、新型車が出てからベースフレームが用意されるまで時間がかかったり、設定そのものがなかったり、幅広いシートラインナップに対応するため、お客様の体格によっては着座位置に問題が出る場合があります。それらのニーズを補完するため、VENUS社製シートレール<JADE/ジェイド>を提案します。

チューニングショップオリジナル品としても供給実績があるようで、ASMに入庫した車両にも装着されているケースが何度かありました。着座位置が高くなる問題を持つ200系ハイエースや、ステアリングセンターが合わずシート種類によってはアイポイントが上がったり内装と干渉する35GT-Rにはかなりお薦めします。今週末は200系ハイエースにVENUSシートレールを使ってRECARO LX-F左右セットを装着するので、このBlogを確認して下さい。

JADE ハイエース200系用 コンフォートシートレール  17,064円  * LX-F用
JADE 35GT-R用 コンフォートシートレール  19,224円  * SR-6/7用

  * 装着するレカロシートの種類により種類・価格が異なります。

この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=2907

【RECARO Product_Information_Base-Frame】 TOYOTA ヴィッツ NISSAN マーチ

メーカー TOYOTA / トヨタ
車名 ヴィッツ スポーツフレーム
年式 2005/02 - 2010/11
型式 P90系
備考 スポーツフレーム(アダプターフレーム付き)。2WD車。サイドエアバッグキャンセラー付属。

右席用:2080.396.2
左席用:2080.396.1
価格:18900円


Webマッチングは以下のアドレスをご確認ください。
http://www.recaro.jp/bfmatch/matching.php?lan=ja&id=1846&cm=TOYOTA+%2F+%A5%C8%A5%E8%A5%BF&cn=%A5%F4%A5%A3%A5%C3%A5%C4&cc=P90%B7%CF&cys=2005-02-01+00%3A00%3A00%2B09&cye=2010-11-30+00%3A00%3A00%2B09

メーカー NISSAN / ニッサン
車名 マーチ
年式 2010/07 -
型式 K13
備考 サイドエアバッグ無。2WD車。

右席用:2081.025.2
左席用:2081.025.1
価格:18900円

Webマッチングは以下のアドレスをご確認ください。
http://www.recaro.jp/bfmatch/matching.php?lan=ja&id=1847&cm=NISSAN+%2F+%A5%CB%A5%C3%A5%B5%A5%F3&cn=%A5%DE%A1%BC%A5%C1&cc=K13&cys=2010-07-01+00%3A00%3A00%2B09&cye=infinity

在庫シート200脚。年間販売脚数1,000脚以上。レカロのことならASMへ
この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=1275

早速新型インプレッサSTiのご来店です。

gr_MG_0259.JPG


ASM東條です。

前回ご紹介した新型インプレッサのシートレールですが、早速取り付けとなりました。
初めて実車をマジマジと見せてもらいましたが。。。速そうですねぇ!
WRCで勝つ為の思い切ったハッチバックスタイルも初め若干違和感がありましたが、慣れるとやたらカッコ良く見えて来ました♪

フェンダーもブリスターになって標準ボディーとはまったく違うオーラがあります☆

今回はRS−Gをオフセットアダプターを使用して取り付け。ハンドルセンターもGOODです☆
この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=101

ポルシェ 911(996、997)、ケイマン&ボクスター(986、987)のレール選択

また1部の人だけが喜ぶマニアックなレールの話ですいません。

ポルシェ 911(996、997)、ケイマン&ボクスター(986、987)のレールレールについてのお話です。現状ではレカロさんからは上記車種用として下記のレールが設定されてます。

1. ボクスター(986)用 1013.031.1&2
2. 911(996)用 1013.016.1&2
3. 911(997)、ケイマン(987)、ボクスター(987)用 2013.031.1&2
4. 911(996)用 ウルトラローレール 2013.052.1

ただ、これだけ設定はありましても986、987、996、997は全て同一のレールで装着できます。
なので、986や996だからといって【1013.031】や【1013.016】の品番のレールを使わないといけないということはまったくありません。

1と2は品番こそ違えど同じレールで、こちらはデメリットが多いのであまりお薦めはできません。具体的に挙げると…。
・ポジションがかなり高くなる
・ドア側へかなりオフセットしてしまう(ステアセンターと体の中心がかなりずれる)
・スライドがけっこう渋い(重たい)
…といったところです。なので、986や996の方も【2013.031】のレールで装着してもらったほうがいいでしょう。

【1013.031】のレールと【2013.031】のレールの違いについては下記Blog記事の写真を参考にしてもらえれば分かりやすいかと思います。

ポルシェ 911(996、997)、ケイマン&ボクスター(986、987)の新型レールがかなりいい理由 その1〜4

3が今回新しく発売されたレールで、アウディTTのレールを基に僕のケイマンで何度かマッチングテストをして作りました。
ちなみに上の写真がTTのレールで下の写真がポルシェのレールです。

tt1.JPGtt2.JPG
9871.JPG9872.JPG

TTのレールはスライドレールに対して真下にフロア取り付けの穴がありますがポルシェのレールはスライドレールに対して10mmコンソール方向へ取り付け穴がオフセットしてます。他にはベルトバックルを固定するためのステーも少し変更を施してます。ポルシェはコンソールが大きいですから。

ではなぜ10mmオフセットさせてるか?それについては先日も少し触れましたが、ステアセンターをあえて0mmにせずに10mmずらしてます。それは装着出来ない、もしくは装着してもデメリットが多過ぎるシートが多くなるからです。具体的に言えばまずは干渉。オフセット0だとAM19-SPORTを装着のならコンソールとバックレストサイドサポート(脇腹のサポート)がかなり干渉。SR-6、11装着なら座面サイドサポートとコンソールが大きく干渉してきます。SP-GNにいたってはオフセット0だとコンソールとシートの間にベルトバックルのスペースが確保できずに装着すら出来ません。
なので干渉を無し、または極力小さくかつステアのセンターのズレがさほど気にならないレベルが10mmのオフセットなんです。10mmオフセットしてもAM19-SPORTはコンソールにまだ少し干渉はしてしまいますが。それについては詳しくはコチラ。

ケイマン×SP-GN EDEL+SP-JC ASM LIMITED part.3

最後に4です。
これはSP-G装着時に使用する専用のレールで、専用のサイドアダプターも付属されてます。ベルトバックル固定用のステーはスライドレール側には付いてなく、バックル固定はサイドステーに付属のプレートを付けてそれに固定します。下の写真の左側のレールがそれです。

bakkurutakasa.JPG

ちなみに右側のレールは3のレールにサイドアダプターを装着したものです。左側のウルトラローレールですが、1個あえて難点をあげるとすればベルトバックルの高さが少し上がってしまうこと。シートのサイドサポートよりも上に来てしまいますので…。これについては今度何かしら加工するなりで対策出来るかまた考えてみます。
逆にこのレール、SP-GやRS-G、TS-Gを付けるにあたっていいところはたくさんあります。まずは下記写真を。

ul1.JPG9871.JPG

左が【2013.052.1】のウルトラローレールで右が3の【2013.031】のレールになります。スライドレールに対してのフロア固定の穴位置を見てもらえれば分かりますが、オフセットしてません。なのでステアリングとシートのセンターがぴったり合うということです。
もう1枚下の写真を。

saidotakasa.JPG

左(奥)側がウルトラロー専用のサイドアダプターで右(手前)側が通常のサイドアダプターになります。見ていただいてのとおり、ウルトラローの専用アダプターのほうがシート固定の穴位置が低くなってます。なのでポジションを出来る限り低く…って方にはもってこいのレールです。ただし僕の身長だと下がり過ぎてRS-GやTS-Gを装着すれば前がかなり見にくくなります。とにかくそれぐらい下がります。

ちなみにこちらのウルトラローレールは本来はSP-Gシリーズ専用なんですが、サイドアダプターを若干加工することによってRS-G、TS-Gも装着可能です。

あと、品番【2013.052.1】の最後の1ってのは左席用って意味なんですが(2は右席用です)、このウルトラローレールは左右共用なので右席にも左席にもどちらにも使えます。


以上でそれぞれのレールの違い分かりましたでしょうか??
結論として…

SRシリーズやAM19などのリクライニングモデル装着時には3の【2013.031】のレールを使用。
SP-Gシリーズ装着時には4の【2013.052.1】のレールを使用。
RS-G、TS-G装着時には【2013.031】のレールにサイドアダプター(別売6,300円)を組み合わせるか、【2013.052.1】のレールを使用。さらにそれぞれのメリットとデメリットは…。
【2013.052.1】のレールだと、ステアリングセンターとシートのセンターが合う代わりにベルトバックルがシートのへりより上側に出てしまいます。さらには別売の6,300円のサイドアダプターが必要ありません。ポジションはかなり下がり、上方向へのポジション調整範囲は【2013.031】に比べると少ないです。

【2013.031】のレールだとステアリングセンターに対してシートの中心が10mmずれる代わりにベルトバックルがシートのサイドのへりより下側に来ます。【2013.052.1】に比べるとポジションは高めになりますが、それでも十分に低いと思いますよ。基本のポジション高が高い分上方向への調整範囲は【2013.052.1】のレールに比べて大きいです。


こんな感じですね。

ちなみに最後に、【2013.031】のレールで10mmステアセンターがずれると書いてますが、これもASMお得意のとある方法で解消できたりもします。詳しくはコチラをご覧くださいね。

RS-G/TS-G オフセットアダプター加工取付


今回も特定車種の濃い内容ばかりでスイマセン…。ASMでは僕が出勤の日には毎日ケイマンに乗ってきてますので今回のこの話を踏まえつつ実際の車でポジションも確認していただけたらと思います。
ちなみに来週末10月6日(土)〜9日(月)に大阪のセコハン箕面店で開催されるASM×RECAROフェアにはケイマンで行く予定ですので関西方面の方はその機会にぜひ実車にてぜひポジションをご確認ください。多分前日の金曜から居てますので。



AUTOBACS ASM YOKOHAMA×セコハン箕面店コラボ企画 RECARO ASM LIMITEDフェア!


この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=77

ボクスターレール交換

ケイマンのレールが発売されてからボクスターにすでにレカロを装着されてる方よりのレール交換の依頼がひじょうに多いです。
先日はSP-JCをすでに使用されてた方よりレール交換依頼が。

新型レールを使ってAM19を装着する場合、1点だけ作業時の注意点が。コンソール側のサイドパネルを外します。

before.JPG

これが…

after.JPG

こうなります。
外すパーツはコレ。

kaba-.JPG

実はベルトバックルを固定するのに使うボルトナット。このボルトナットが当たってしまうために外してしまいます。外しても使用上の問題はありませんし、見えるところでもないのでまったくお気になさらずに。このパネルが付いてるとベルトバックルが固定できないんですよ。


この記事のURL
http://autobacs-asm.com/blog/recaro/index.php?mode=res_view&no=43

横浜にあるレカロシート販売店ASMのスタッフが書くレカロに関する日々の出来事。

Recent Entry

Categories

Book Mark

Search

Entry Archive

Login