| ASM TOP |
ASM 筑波最速Project 2004 結果報告
 REVSPEED TSUKUBA SUPER BATTLE 2003で初参戦、クラス優勝、史上初のNA1分切りを達成した我々は、S2000の持つ更なる可能性を信じ、その全てを捨ててまた1からASM TSUKUBA SPECIALを製作した。

テーマは「パワー・トラクション・エアロダイナミクス」

 最高出力305psを誇るTODA 2.4L ASM SPECIAL、そのパワーをがっちり受け止めてトラクションを路面に伝える新しいシャーシ、軽量化と同時に強力なダウンフォースを発生して車体を安定させる数々のエアロパーツ。ドライバーは、GT500ドライバーでF3やルマンなど空力を知り尽くしている加藤寛規選手に依頼し2004年のプロジェクトはスタートした。

 鈴鹿でのシェイクダウンでは2003年のシャーシに新型エンジンを搭載してテストを行ったが、全くトラクションがかからず、また、オイルタンクや燃料系にもトラブルを頻発し熟成不足を露呈する結果に終わった。その後、筑波サーキットにステージを移しテストするにあたりシャーシを一新。ドライバーのコメントから「剛性不足」と言う言葉を消すことに成功。それと同時に2004年夏に販売開始したASMオリジナルブランド「I.S.Design」のエアロパーツを次々と導入。前後ディフューザー、サイドスポイラーなどの相乗効果でテスト毎に0.5秒単位でタイムアップし、最終的には59秒2までタイムアップしてアタック当日を迎えた。

 緊張感漂うアタック当日、気温は事前の想定を大きく超えて手元計測で17度に達し、武器のひとつであるエンジンのアドバンテージが少なくなりスタッフの表情も曇る。つられて路面温度も上昇。用意したタイヤはADVAN A048のSコンパウンド。この路温ではアタック1周もつかどうか微妙なところとなってきていた。しかも今回は同時出走が13台と非常に多く、クリアラップを取ることが困難だったので、1回のアタックでタイムを出せる保証はどこにもなかった。そこで我々は1ヒートでフレッシュタイヤを2セット使用し2回アタックをかける作戦を選択。次々と各社車両がコースインしてタイムアタックに入った頃を見計らってASM TSUKUBA SPECIALもコースイン。タイヤを温存しつつインラップを周回していよいよタイムアタックに入った。

 計測1周目。59秒379を記録。いきなりトップタイムを記録して会場が一気にヒートアップ。そんな中我々は全く喜びを表すことなく作戦通りすぐにピットイン。さらなるタイムアップ、夢の58秒台を目指して同サイズ同コンパウンドのフレッシュタイヤに交換し再度筑波スペシャルをコースへ送り返す。

 そして計測2周目。最終コーナーを今までになかった姿勢で脱出し、暴れる車体を加藤寛規選手がステアリングワークでねじ伏せて立ち上がってきたASMTSUKUBA SPECIAL 2004は、自身の持つFR/NA OPEN CLASSレコードを0.671秒短縮して、この瞬間2年連続クラス優勝を決定的なものにした。

記録した公式タイムは59秒283であった。

 今回のタイムアタックを通じて、改めてセッティングの大切さ、難しさを思い知るところとなった。様々なセッティングとそこから導き出されたドライバーの数々のコメント、タイム、ロガーデータ、これら全ては製品に、今後の様々なユーザー車両のセッティングに生かせる貴重な財産となった。2003年はとにかくガムシャラに走り抜けたタイムアタックだった。結果タイムを引き出すことに成功したが、それはスタートラインにやっと立てた瞬間だった。

 2004年は前年のデータと車両分析を基に全ての部分において車両を作り直す大プロジェクトとなったが、各セクションを担当するエンジニアが意地とプライドをかけてこのプロジェクトに取り組んだ結果が悪いはずがない。このタイムは走る前から十分に予測できたものだった。

 そして2005年。2004年のロガーデータから、タイヤサイズ、ミッションにまだまだ検討の余地があることはすでに明確になっている。また今回のアタックでテーマに掲げたエアロダイナミクスの向上がタイムアップに繋がることがはっきりしたので、その分野でもさらに研究を進めることになるだろう。我々は今年達成できなかった58秒台に挑戦します。

 応援ならびにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

株式会社オートバックスセブン U-PARTS事業部総店長 金山 新一郎

ASM TSUKUBA SPECIAL 2004
■エンジン系
エンジン形式 F20C TODA 2.4L Engine
最大パワー(PS/rpm) 305/8000
最大トルク(kg/rpm) 30.0/6500
ボア(mm)×ストローク(mm) 87×100
総排気量(CC) 2377
圧縮比 13.0:1
エキマニ ASMエキゾーストマニホールド04
マフラー ASMワンオフ
ピストン TODA POWER
コンロッド TODA POWER
クランク TODA POWER
コンロッドメタル STD
クランクメタル STD
オイルポンプ TODA POWER
カムシャフトIN 295度 リフト13mm
カムシャフトEX 290度 リフト12mm
バルブスプリング TODA POWER
オイルクーラー ARC 1段
ラジエター FWIN アルミ3層
プラグ NGK 10番
燃焼室加工 TODA RACING
ポート加工 TODA RACING
インジェクター STD
フューエルポンプ BOSCH
エアクリーナー
その他 TODAスポーツインジェクション(50パイ)TODAドライサンプキット TODA2.4Lキット
■電子パーツ
CPU MOTEC
追加メーター ASMマルチビジョンメーター
その他
■駆動系
ミッション ASMミッションASSY
クラッチ EXEDY
フライホイール TODA POWER
デフ OS技研 2WAY
ファイナル 4.3
プロペラシャフト ASMカーボンプロペラシャフト
■シャーシ
ロールゲージ ワンオフ
その他ボディ補強 ASMリヤ強化サブフレーム
■足回り
スプリング(F/R) SWIFT F:24kg/mm R:24kg/mm
ショック(F/R) SACHS 2WAY ASM筑波スペシャル2004
アッパーマウント CUSCO
その他
■ブレーキ系
キャリパー F:AP RACING(ASMオリジナル)/R:純正
パッド(F/R) F/R フェロードDS3000
ローター(F/R) F:AP RACING(ASMオリジナル)/R:純正
ブレーキホース F:BF GOODRIGE(ASMオリジナル) R:無限
使用フルード AP RACING
■タイヤホイール
タイヤ(銘柄/F/R) ヨコハマ ADVAN A048 F/R 245/40-17
ホイール(銘柄/F/R) Prodrive GC-07C 17-9J ASMオリジナルオフセット
■エクステリアパーツ
フロントバンパー ASM I.S.Designフロントエアロバンパー
フロントスポイラー ASM フロントカーボンリップスポイラー
フロントフェンダー ASM I.S.Designフロントエアロフェンダー
フロントディフューザー ASM I.S.Designフロントディフューザー
ボンネット ASM I.S.Designエアロボンネット
サイドステップ ASM I.S.Designサイドエアロスポイラー
ルーフ 無限
ドア ASM ドライカーボンドア
リヤフェンダー ASM I.S.Designリヤオーバーフェンダー
トランク ASM ドライカーボントランク
リヤバンパー ASM リヤエアロバンパー
リヤウィング ASM I.S.Designリヤウィング
リヤディフューザー ASM I.S.Designリヤディフューザー
フロントウィンドー ASM ポリカーボネートウィンドー
サイドウィンドー ASM アクリルサイドウィンドー
■インテリア
シート RECARO SP-A ASMスペシャル
ベルト TAKATA
その他 ASMカーボンダッシュボード


ASM 筑波最速Project 2004に共感し協力いただいた皆さん

加藤寛規選手

 タイムアタックで勝つ、それだけのためならチューニングカーに乗りなれたドライバーがいいのですが、我々の本当の目的は速い車を造ること。そのためには壊さず速く走る技術、正確に評価分析するセンサーと表現力を持ち合わせたドライバーであることが必須でした。初めてのチューニングカーで初めてのSタイヤ、そんな中で見事に車をまとめてくれたとてもクレバーなドライバーです。

TODA RACING

 2003-2004と2年連続でASM筑波スペシャルにエンジンを供給いただきました。レースで培った最高峰の技術力により産み出された圧倒的パワーとドライバーがミスさえしなければ壊れない信頼感でASM筑波スペシャルを勝利に導いてくれました。筑波2000バックストレートで202km/hを記録し、そのパワーを実証しました。

D-DREAM

 ASM筑波スペシャル2004のシャーシの製作を依頼しました。ドイツ・ニュルブルクリンクをはじめ数多くの耐久レースでの実績を持つレーシングショップです。車両エンジニアにおいても多大な協力をいただきました。タイムに直結しないこだわりや感性よりもセオリーとデータを基本に的確なシャーシ製作をするレーシングショップです。

Yamaco Enterprise

 SACHSサスペンションの開発を依頼しました。調整の幅が非常に広く、特性に関しても細かいオーダーに応えていただきました。またジオメトリー見直しなど、サスペンション全体に関してもアドバイスをいただきました。

NICOLE RACING JAPAN

 ASMオリジナルとして市販予定のAP RACINGキャリパーの様々なデータ提供、テスト期間中のデータ収集と分析で多大な協力をいただきました。

Prodrive Japan

 2003年に引き続きホイールの供給をいただきました。軽量なだけでなく剛性面においてもドライバーの評価が高いホイールでした。

M-TEC

 S耐で性能をいかんなく発揮した無限ハードトップを供給いただきました。もともとインテグラレース用パーツのマルチビジョンメーターも当社とS2000用として共同開発し車両に装着。視認性の良いアナログメーターは極限のアタックでドライバーの負担を軽減しました。

RECARO JAPAN

 オートクレーブ成形のカーボンシェルを採用した究極のシート「SP-A」をHONDA Type-Rイメージの赤に変更して供給いただきました。ポジション、ホールド性でドライバーから高い評価を得ています。


Copyright(C) ASM All rights reserved.