ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
駆け込み需要
CFRPフロントバンパー修理
S2000にSACLAM管(ASMサイレンサーキット)、FK8にASM KAROマット
S2000 20th Festivalを終えて。
Honda UK CIVIC TYPE R 2.0 VTEC Turbo Manual
S2000 20th Festival
Entry Archive
Search
Login
200km/h超の領域で、クルージングではなく攻めるための空力を手に入れる 2019/08/30(Fri) 12:48:11
190830_s2000_types_wing_asmyokohama_4.jpg



ASM S2000リアルチューニング号に、Type-S純正リアウィングを装着した費用の紹介です。


190830_s2000_types_wing_asmyokohama_2.jpg


Type-S純正リアウィング本体はネジ6本で固定されていますが、以前のASM Blog記事” Type-S純正リアウィングの素晴らしさと、流用の危険性 ”では、重量6kgもある空力パーツを安易に流用する危険性を指摘しました。ASM Dry Carbon Trunk(Type-S)ならウィングステー取付部剛性が高く、これらHONDA純正補強ブッシュも正しい位置に取付できます。


190830_s2000_types_wing_asmyokohama_1.jpg


ASM Dry Carbon Trunk(Type-S)以外の製品への装着をご希望される場合は、作業をお断りまたは別途穴開け加工代が必要です。R/T号に装着したType-S純正リアウィングは白塗装済品でしたが、色によっては別途塗装代がかかりますのでご了承下さい。


■HONDA Type-Sリアスポイラー 111,218円 <税抜価格 102,980円> * 1.0H(その他トランク 2.0H〜)

<内訳>
プリテクターリヤーコンビネーション 2個
プリテクターリヤーコンビネーション 2個
スプリング 1個 * STD車の場合
スプリング 1個 * STD車の場合
スポイラートランクリッドNH565 1個
フットRトランクスポイラーアウター 1個
フットRトランクスポイラーインナー 1個
スチフナーCOMP Rスポイラーフット 1個
フットLトランクスポイラーアウター 1個
フットLトランクスポイラーインナー 1個
スチフナーCOMP Lスポイラーフット 1個
ストッパーRトランクサイド 1個
プロテクタートランクサイド 2個
ストッパーLトランクサイド 1個
ストッパートランクリッドロアー 2個
ボルトワッシャー6×16 4個
ナットワッシャー6MM 2個
スクリュータッピング4×14 6個
ナットフランジ6MM 8個
ボルトフランジ6×12 2個
ナットキャップ6MM 4個



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3828


スマートがASMの絶対ルール


【New Product Infomation】ASM Dry Carbon Trunk(Type-S/STD) 2019/08/24(Sat) 17:10:40
190824_asm_s2000_trunk_6.jpg


新型ASMドライカーボントランクが入荷しました。旧製品の表面に発生していた歪みを解消するため、新品Type-S純正トランクを使用して改修したマスターモデルをベースに、成形型から新規製作しています。ASM S2000 リアルチューニング号に一切調整せず取り付けただけで、各部の隙間(チリ)はピッタリ合いました。


190824_asm_s2000_trunk_3.jpg
190824_asm_s2000_trunk_5.jpg


新型ASMドライカーボントランクには、標準車用とType-S用を設定します。どちらの品番もキーシリンダーを移設可能で、さらにType-S用はOUTER:6箇所・INNER:8箇所に穴開け加工済みだから、Type-S純正リアウィングと純正トランクブッシュ類をボルトON装着できます。9/7(土)ツインリンクもてぎS2000 20th Festival ASMブースに本製品を装着したリアルチューニング号も展示するので、ぜひお越し下さい。


ASM Dry Carbon Trunk(Type-S)  325,600円 <税抜価格 296,000円>
ASM Dry Carbon Trunk(STD)  319,000円 <税抜価格 290,000円>

 * 2019年10月発売開始、予約受付中。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3825


現地・現場・現物・現実、四現主義で空力デザインをやり直す。


1号車製作 190822 2019/08/22(Thu) 11:40:24
190821_s2000_asmyokohama_eng_.jpg


1号車のTOYOTAプリウス純正電動ウォーターポンプを作動させて、LLCを充填しました。油圧・燃料ポンプ関係を確認し、無事エンジン始動です。懸念していた電動パワーステアリングも作動したので、今日で車両製作を完了して、明日最終セットアップする目途が立ちました。


190821_s2000_asmyokohama_in_.jpg



真夏のASM PIT内でこの音・この匂いがすると、季節感が変な感じです。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3823


大切なことは富士で学んだ


1号車製作 190821 2019/08/21(Wed) 16:30:38
190821_asmyokohama_s2000_2.jpg



8/26(月)FSWダブルシェイクダウンに向けて、2台のセットアップを進めています。


190821_asmyokohama_s2000_drexler_2.jpg


ASM S2000 1号車のデフファイナルを3.9に変更しました。大型デフケースにして蓄熱容量を増やすと重量も経費も増えるので、WPC処理することで発熱量を抑えつつ耐熱性能が高いBILLION OILS FR-780に純正デフカバーを組み合わせて走行します。熱害の最大原因になるセンターフロア(トンネル部アンダーパネル)を外して走行するので、リヤディフューザー装着+真夏サーキット走行程度であれば問題ありません。電気配線関係は完結し、リヤロアアームバーGT・マフラー・カーボンプロペラシャフトを再装着しました。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3822


2016年7月富士テスト


1号車製作 190817 2019/08/17(Sat) 12:33:13
190817_s2000_asm_todapower.jpg


8/26(月)富士スピードウェイダブルシェイクダウンと、9/7(土)S2000 20th Festivalラストランに向けた車両製作を急いでいます。タイムアタック用エンジンを搭載して、大まかに補機類・配管を装着しました。エンジン横に設置していたヒューズBOXを室内助手席側に移設したのですっきりしています。


190817_s2000_asm_abe1.jpg
190817_s2000_asm_abe2.jpg


シャーシハーネス整理をした結果、4.79kgも軽量化しています。この機会に毎年の試行錯誤があったEPS/ABS関連の不要配線の選定もしました。S2000筑波NA最速タイム56秒875を記録したAttack筑波2019のセットダウン重量1,004.5kgをベースに、ロールケージ見直しによる12.73kgとハーネス整理の4.79kgを合計すると17.52kg軽量化だから、サイドウィンドウ交換と合わせて予想重量986.88kgになりました。


<予想重量> 986.88s

  * 完全GAS OUT 982.88kg
  * ADVAN A050GS
  * サイドウィンドウ小窓付


190817_s2000_asm_drexler.jpg



リアサブフレームを降ろして、3.9ファイナル変更と安全タンク関連を作業します。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3820


GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019


ラジエター関連リフレッシュ 2019/08/16(Fri) 13:45:13
190816_s2000_.jpg


S2000 20回目の夏、ラジエター関連をリフレッシュしました。経年劣化が原因で、ある日突然ひび割れてLLC漏れトラブルを予防するためのラジエター交換の他、普通に動いているから見過ごしがちなファンモーターやラジエターブッシュ・クッション等、お薦めリフレッシュを同時施工しています。ファン作動音が静かになり、お客様は『え?これで動いているの??』と驚いていました。


ラジエター関連リフレッシュ  178,167円  * 3.0H

ASM コア増しラジエター  71,280円 <税抜価格 66,000円>
・HONDA ラジエターブッシュ、クッション  3,477円 <税抜価格 3,220円>
・HONDA ファンモーター2個  36,180円 <税抜価格 33,500円>
・HONDA サーモスタッド  2,883円 <税抜価格 2,670円>
・HONDA ラジエターキャップ  1,166円 <税抜価格 1,080円>
・無限 ファンスイッチ  4,860円 <税抜価格 4,500円>
・K&G C72(LLC)2本  25,920円 <税抜価格 24,000円>

N Tec Japan エアコンコンプレッサーオイル添加剤  3,240円 <税抜価格 3,000円>  * 0.2H


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3819


時間と言う観念を意識する


prodrive GC-05R 2019/08/15(Thu) 14:30:36
190815_prodrive.jpg


3ヶ月前ご注文いただいたホイール、prodrive GC-05Rが入荷しました。サイズは前後ワイドフェンダー+社外アームの組み合わせを前提にして、色はボディ色に合わせてGBR(グロスブロンズ)を選択です。ブレーキダストを付着しにくく落としやすくするため、早野ぴっかり工房さんでクオーツコーティングを施工しました。


prodrive GC-05R  349,920円/4本 <税抜価格 324,000円/4本>  * 18×10.5J 114.3 +52
早野ぴっかり工房 ホイールコーティング   43,200円 <税抜価格 40,000円>



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3818


キーワードは「合法」


前の10件 | | < Back |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]