S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
日常的に味わえる、非日常
後発モデルほど良くなることの典型例
半端ないウルトラスムーズ
やっと「ASM」を名乗れた。
3台目のS2000
PIT入口鋼板スロープ改修工事
Entry Archive
Search
Login
夏は、まだ終わらない。 2018/07/06(Fri) 13:30:24
180706_R1_.jpg


街乗り100%で走行距離が少ないS2000でも、経年劣化によりラヂエーター上下の樹脂部品に亀裂が入り、クーラント漏れを起こすケースが増えてきました。時々お客様からリフレッシュの相談がありますが、HONDA純正ラヂエーターの価格が市販チューニングラヂエーターに近い税別66,200円にも達しています。そこでASMでは、HONDA純正の樹脂タンクを採用したコア増しラヂエーターをベースにCERAKOTE®(放熱型セラミックコーティング)した製品を発売します。


180706_R2_.jpg


横浜‐大分の移動時に、老朽化した純正ラヂエーターのままK&G C72へのLLC交換のみで水温が3~5度下がったことを確認しているので、次はセラコート加工済みのASMラヂエーターに変更して水温変化を確認します。NAで筑波56秒5を目指すASM S2000タイムアタック号のラヂエーター・オイルクーラーだけではなく、86のラヂエーター・オイルクーラーにも同様の製品をラインナップしますので、リフレッシュをご検討されているS2000オーナー様、真夏の高い水温が気になる86/BRZオーナー様は楽しみにお待ち下さい。


■ASM コア増しラヂエーター(S2000)  71,280円 <税抜価格 66,000円/税額 5,280円>

 * 市販品は若干仕様変更する可能性があります。
 * 2018年8月発売予定。<予約受付中>


<S2000装着例>

ASM コア増しラヂエーター  71,280円
K&G C72(8L)  25,920円
K&G C72ラジエーターキャップ  3,024円 * リフレッシュとして推奨
無限 ローテンプサーモスタッド  7,344円 * リフレッシュとして推奨
無限 ファンスイッチ  4,886円 * リフレッシュとして推奨
工賃 32,400円

合計 144,854円



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3578


15年変わらないのは、根気よく探究する心


真のパフォーマンスはサーキットで磨かれる 2018/07/04(Wed) 16:04:23
180704_86_Fuji2_.jpg


ASMに赤い86が来てもうすぐ4年。フロー性能向上を狙った内部形状と最大ボア径に拘り戸田レーシングが設計した設計したビッグスロットル、SACLAM宇野さんが調律したサイレンサーキット、大恩人・チャレンヂ中村元社長が現役最後に手がけてくれたエアロパーツ、86/BRZ Magazinr誌で山本シンヤ氏が絶賛したサスペンションキットとDREXLER LSDなどASMの基本パッケージが完成して、やっとスタートラインに立ちました。


170703_86_NAG_ASM_.jpg


個々のパーツ製作が終わって車両製作の第一歩として、NAG内圧コントロールバルブを装着しました。いくつかのタイプがある中で、スポーツ走行時のレスポンス・街乗り時のスムーズさ・I.S.Designサイレンサーキットの音質をバランスしたASM仕様を選択です。同条件下での比較ではありませんが一般の減圧バルブ装着車と比較して、動き出しのギクシャク感をさらに緩和しつつ、SACLAM管らしい高周波ペリ音はしっかり出ています。

S2000にこのASM NAG内圧コントロールバルブを装着するとかなり燃料が入る傾向があり、そのメリットに対応してASM G.T WORKS GENROMをV301にバージョンアップしました。86でもASM NAG内圧コントロールバルブに合わせたG.T WORKS GENROM ASM SPL.データを製作すれば、高出力が期待できるかもしれません。


■ASM NAG内圧コントロールバルブ(86/BRZ)  価格調整中


170703_86_SUCCEED_.jpg


86は前期型でも時期によってA、B、C、Dと仕様変更し、後期がE型と呼ばれます。前期最終のD型からボディ後半部の補強が始まり、コーナーリング中の踏ん張りとトラクションのかかりが良くなっています。車とドライバーの一体感が向上したと言われるようになったと評価されているので、その流れに沿ってリヤタワーバーGTの企画をスタートしました。


■ASM リヤタワーバーGT(86/BRZ)  仕様検討中


170703_BRZ_CLEiB.jpg


九州大分OMS 2018に参加していたCLEiB(クレイブ)さんのBRZは、ノーマルエンジン/ノーマルミッションながら鈴鹿サーキット2分22秒927(Sタイヤ)、オートポリス2分05秒597(Sタイヤ)、筑波サーキット 1分2秒5(Sタイヤ)の速いタイムアタックマシンです。真摯でシビアな車両製作と取り組み姿勢に感銘を受けました。ASM 86は保安基準適合/ラジアルタイヤ装着車両として、サーキットタイムアタックに取り組みます。


170703_86_MF_.jpg



赤い86が主人公のMF GUOST 1巻・2巻がASMにありますので、遊びに来たら読んで下さい。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3577


好きになったら飽きるまで


時速60kmでも楽しいスポーツ走行 2018/07/03(Tue) 15:45:07
180701_S2000_GT_F_.jpg


サクシードスポーツ市川さんが設計/製造しているASMフロントタワーバーGTを装着しました。
<本製品の特長>

・円形状ステンレスパイプを1本ずつ火で炙って手曲げ加工。
・ストラットタワー部とは溶接で接続し、ボルト締めの場合発生する逃げを抑制。
・アッパーマウントボルト穴は最小限の大きさにして、ボルト穴の大きさに因る逃げを抑制。
・X字バーでステアリングラックを固定し、シャーシ・サブフレーム・ステアリングラックを一体化。
・左右ストラットタワーとX字バーで連結したステアリングラック取付部で応力分散する。
・意匠登録済み


180701_S2000_GT_R_.jpg


タワーバーは<突っ張り棒>と表現されるチューニングパーツですが、F4のモノコックをゼロから設計できるレースエンジニアが手がけると全く別物です。4箇所の取付点が押し合って応力分散するフロント側に対して、左右ストラットタワーが引っ張り合って応力分散するのがリヤ側です。

ASM フロントタワーバーGT  58,320円 <税抜価格 54,000円/税額 4,320円>
ASM リヤタワーバーGT  54,000円 <税抜価格 50,000円/税額 4,000円>


180703_TCL.jpg


キャンペーン開催中のTCLブレーキフルード交換も施工しました。6月だけで40本お買い上げいただきまもなく受付終了しますので、ご検討中のお客様はお早めに作業予約して下さい。


■TCL ADVANCE Premium DOT5.1  4,860円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3576


Band Copied Products.

未来もS2000に乗り続けるお客様に用意した物 2018/07/01(Sun) 14:42:05
180701_S2000_IS_.jpg


東京都内からご来店になり、無限サイレンサーキットからASMサイレンサーキットに変更していただきました。3年5年が経過しても音量は当然として音質の変化も最小限で、今日の性能を長期間楽しむことができる製品です。車検の時だけノーマル戻しするとかインナーサイレンサーでごまかすのは、公道使用するなら社会的ルールから逸脱した行為です。S2000のように長く乗り続けたい名車を改造するなら、<時間軸>基準を追加して検討するのが正解でしょう。ASMエキゾーストマニホールド装着車なので、いきなり完成された排気音が響きました。

ASM I.S.Designサイレンサーキット  293,760円 <税抜価格 272,000円/税額 21,760円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3575


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。


ASM CAP、2018年の夏は長い。 2018/06/30(Sat) 11:43:56
180629_cap2_.jpg


例年であれば7月中旬〜下旬に梅雨明けするのでそれに合わせてアメリカンキャップを企画していたところ、関東地方は突然梅雨明けしてしまいました。昨日も今日も夏の日差しと暑さが厳しいですが、手元にはこの試作製品しかありません。日射病に注意して、キャップ入荷をお待ち下さい。


ASM CAP  3,996円 <税抜価格 3,700円/税額 296円>

 * 7/24(火)入荷、発売開始
 * 製作数限定 100着


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3574


2009年の夏がやってきた


In store now ! 2018/06/28(Thu) 16:28:19
180628_550_.jpg


ASMステッカーが入荷しました。幅230mm×高さ75mmのアルミヘアラインASMロゴ+赤I.S.Designマーク入り黒長方形ステッカーです。ASMステッカー単品の通信販売はできませんので、通販の場合はASMTシャツなど他のASM製品と一緒にお買い求めいただくか、ステッカー単品だけご希望の場合は、横浜ASMにご来店または日本各地で開催しているASMフェアにご来場下さい。


ASM Sticker  594円 <税抜価格 550円/税額 44円>

 * 本製品のみでの通信販売は行っておりません。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3572


イニシャルA 群馬ステージ vol.2016


エンジン不調の原因 2018/06/27(Wed) 13:10:56
180623_toda1_.jpg



岡山県にあるエンジンコンストラクター・戸田レーシング社を訪問しました。


180623_toda2_.jpg


訪問の目的は、内部点検とオーバーホール作業を依頼したエンジンは分解・点検・洗浄まで終了したので、次の工程に向けた打ち合わせです。ASMでオイルパンを剥がして内部状況を点検したところ腰下には不具合はないと推測できたので、何が原因でF22Cに不調が起きていたのか興味がありました。


180623_toda6_1_.jpg
180623_toda6_2_.jpg


原因はバブルガイドの摩耗によるガタツキです。左が正常/右が不具合の原因となったバルブです。F20C/F22Cは高回転高出力NAエンジンだからポート形状も独特で、バルブの露出部がとても長くなっています。これがかなりの速さで上下動するため、純正バルブガイドが徐々に削れてシャフト部との間にガタツキが発生し、シートリングとの着座不良が発生し圧縮漏れの原因になっていました。不具合バルブはシートとの当たり面が黒くカーボンを噛み込んでる状況です。当然熱引きも悪くなり、バルブ温度が上がり燃焼室側はより白く焼けています。他のバルブにも同様の症状が出始めていましたが、まずはご安心下さい。

問題は、F20C/F22Cなら修理しても同じ症状が発生するかもしれないと言う現実です。そこでTODA RACING強化バルブスプリングに変更してバルブの異常振動(サージング)を防止すると同時に、焼結合金の純正バルブガイドからレースエンジンに使用する高価なベリリウム製のTODA RACING特注バルブガイドに変更します。


180623_toda3_.jpg


今回のO/H作業は、アルミピストンに鉄メッキされているのでピストンスカートが傷付きにくいメリットがあると言われる、HONDA純正ピストンを使用しました。でも外した純正ピストンを見ると、鉄メッキ処理+スズメッキだけされていてモリブデンコーティングされていない縦帯があります。新品ピストン製造時の品質チェック用らしいのですが、今回使用する純正ピストンのスカート部分には、TODA POWER定番メニューとしてモリブデンコーティング処理されていました。


180623_toda3_1__.jpg
180623_toda3_2__.jpg


新品ピストン4個の重量差は最大1gもありましたが、TODA POWERの手磨きで重量合わせしてありました。純正部品でもエンジンコンストラクターが手がけるとひと味違うと思いませんか?ASMが戸田レーシング社にエンジンO/Hを任せるのは、これらのような気遣いを数多く当たり前にしてくれるからです。


180623_toda5_.jpg
180623_toda4_.jpg


クラッチ操作に伴いスラストメタルに大きめの傷がついていました。今回発生したエンジン不調の直接的原因ではありませんが、急激なクラッチ操作やオーバーレブによる疲労は蓄積しますので、少し気にして操作するだけでエンジン寿命が延びるかもしれません。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3571


N/A 4気筒 DOHC VTECエンジン

前の10件 | | < Back |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]