GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019 セットアップデータ
190221_s2000_asm_supernow_2_.jpg


セットアップ過程でトラクションに直結するベアリングのガタつきを発見→すぐ手配したSUPER NOWリアトーコンリンクが届いたので、交換して再度アライメント調整しています。S2000 NA最速を競う2台との直接対決に向けてAttack鈴鹿セットアップから27kg軽量化し、ついに車重1トンを切りました。REVSPEED筑波スーパーバトル2009から10年、1号車最後の筑波になるかもしれないので後悔したくありません。


【軽量化項目】 2.87kg 

@ 後ブレーキダクト 撤去 -0.27kg
A 前エアジャッキ 撤去 -2.6kg



190221_ASM_S2000_tsukuba_weather_.jpg


2/21(木)16:00現在の筑波サーキット周辺の天気予報によると2/22(金)は晴れ、午前中は北寄りの風ですがASMが前日テストする午後になると南寄りの強風が吹いて気温も上がり、夜から2/23(土)の明け方まで小雨予報になりました。


【セットアップシート】 2019年2月 Attack筑波2019

<ダンパー> ASM ZFダンパー3WAY

Fr. Rebound +15min.
Fr. Bump Hi +13ノッチ
Fr. Bump Low -5ノッチ

Rr. Rebound +3min
Rr. Bump Hi +15ノッチ
Rr. Bump Low -5ノッチ


<スプリング> HYPERCO

前:レート=1,100ポンド(19.6kgf/mm)レングス=7インチ(177.8mm)
後:レート=1,100ポンド(19.6kgf/mm)レングス=6インチ(152.4mm)


<スタビライザー>
前:T/A用 Full Hard
後:ASM(現行)→ ASM(旧型) Soft側 * スタビレート20%アップ


<車高>

(左前)57mm (右前)58mm
(左後)66mm (右後)65mm


<コーナーウェイト> ADVAN A050GS * D-DREAMコーナーウェイトゲージで計測 

Dr. OUT 995s
(左前)264.0kg (右前)256.0kg
(左後)225.5kg (右後)249.5kg

◇ Dr. ON 1,057.5s
(左前)269.5kg (右前)274.5kg
(左後)236.5kg (右後)277.0kg


<ブレーキパッド>

前:ZONE 10F
後:ZONE 12D 


<ファイナルギヤ> 4.3


<オイル>

(エンジン)BILLION OILS 10W-40 オイル量4.3L(筑波)
(ミッション)BILLION OILS MT520 2.0L
(デフ)BILLION OILS FR780  1.0L
(ブレーキフルード)ZONE ZF-031
(クラッチフルード)TCL ADVANCE Premium 


<アライメント>

190220_s2000_asm_setup_.jpg


Attack鈴鹿2019のテスト結果を反映して、大幅変更しました。
#セットアップ



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3713


REVSPEED筑波スーパーバトル2018 -リマッチ-

2019/02/21(Thu) 18:51:14
冬は、まだ終わらない。
190219_S2000_1_.jpg



今週末2/23(土)GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019に向けて、最後の軽量化をしました。


190219_S2000_ASM_rear1_.jpg
190219_S2000_ASM_rear2_.jpg
190219_S2000_ASM_rear3_.jpg
190219_S2000_ASM_5_.jpg
190219_S2000_ASM_7_.jpg
190220_asm_s2000_.jpg


リヤバンパー内部パネルやトランク底面やテールランプ取付ボディパネルを肉抜き加工をしたり、テールランプ下部に装着されたリヤバンパーを嵌め込むステーやランプ本体の裏側樹脂部分を切除するなど、細部にこだわり徹底的に軽量化しています。S2000 NA筑波最速を競うARVOU☆TIT 黄緑号・ふら♪オレンジ号は速く、2台の詳細は分かりませんが中古タイヤでさえ56秒台に入ると考えているので、ASMに手を抜く余裕はありません。


190219_S2000_ASM_GOODRIDGE_.jpg
190219_S2000_ASM_GOODRIDGE3_.jpg


ガスアウト用ホースを耐久性が高いテフロンチューブを軽量なケブラーで覆ったGOODRIDGE製に変更した他、長年使用していた車内消火器も小型ガス式に変更しました。2/22(金)午後テストでニュータイヤを使用して56秒台に挑むか当日まで温存するか、2/22(金)午前に抜け駆けしたふら♪オレンジ号のタイム・筑波サーキット周辺の天気予報・当日コンディションを見ながら判断します。


【軽量化項目】 3.25kg以上

@ 後バンパー・トランク内部肉抜き -0.25kg
A テールランプ下部ステー切除 -0.36kg
B テールランプユニット 裏面切除 -0.24kg
C パワステユニット冷却ダクト 撤去 -0.25kg
D ガスアウト用ホース EARL'S 0.73kg ⇒ GOODRIDGE 0.34kg -0.39kg
E 消火器小型化 2.09kg → 0.47kg -1.62kg
F 左リヤマフラーフック 切除 -0.14kg
G 鉄ボルトナット 1kg → Pro-Bolt アルミ・チタンボルトナット 未計測kg



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3717


Attack -2018- Tsukuba Championship

2019/02/19(Tue) 12:17:46
徹底したS2000限定主義でASMブランドを確立
190217_ASM_S2000_BBS_1.jpg



S2000(AP1/AP2専用)にバージョンアップした、ASM CLEAR WAYS BBSが入荷しました。


190217_ASM_S2000_BBS_2.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_3.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_4.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_5.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_6.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_7.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_8.jpg


保安基準の一部『回転部分の突出禁止規定の見直し』に伴い、BBSジャパン担当役員の方と相談して、販売開始直後だったオリジナルホイール・ASM CLRAR WAYS BBSを仕様変更しました。スポーク形状が立体的になりスポーク強度を向上しています。この仕様から車種専用JWL規格品になったので、表:S2000/裏:AP1 AP2と刻印しました。S2000以外の車両に装着しても、公道走行できません。


要望に応えて下さったBBSジャパンの皆様と田中ミノルさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

ASM CLEAR WAYS BBS 518,400円/4本 <税抜価格 480,000円>

 * 品番 TM007DB
 * バルブスロープ部刻印 CLEAR WAYS、ASM、FORGED、JWL、S2000
 * ビードシート部 アンチスリップペイント
 * ナットホール部 スチールブッシュ仕様
 * 設計仕様 BBS設計基準に基づきJWL基準の中で最軽量化 重量8s
 * カラー  BBS純正色 DB(ダイヤモンドブラック)
 * 付属品  BBSアルミバルブ、ハブリング(FrΦ70・RrΦ64)
 * サイズ 18inch×9.5J +45 5H/114.3 ASM ワイドフェンダー装着車適合
 * ホイールキャップレス
 * on sale now


<関連情報> 田中ミノルさん公式Blog

なぜ BBSの 鍛造 ホイールは、強いのか?
鍛造にも種類があるんです。
ホイールの剛性が、重要な理由(1)
ホイールの剛性が、重要な理由(2)
リム部の製造方法
設計力と、試験規格



190217_ASM_S2000_BBS_9.jpg
190217_ASM_S2000_BBS_14.jpg



HONDA純正ホイールキャップが装着可能です。

■HONDA NSX S-Zero純正ホイールキャップ 19,472円/4個


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3716


Sabelt ASM CINTURE Harness

2019/02/17(Sun) 12:43:16
Go Beyond the Limit.
190215_ASM_S2000_.jpg



2/23(土)GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019に向けて、軽量化に取り組んでいます。


190210_s2000_ikeya_.jpg


Attack鈴鹿2019でリヤアッパーアームを純正からIKEYA FOMULA製に変更したところ、純正アームの調整範囲まで使い切っても4°以上ついていたキャンバーを、2°30′まで補正できました。調整範囲に余裕が残っているフロントは軽量な純正アームのままで問題ありません。リヤスタビライザーはHard側への調整範囲を超えたので、Hard側での調整が可能な旧製品に変更しました。


190210_s2000_floor_2.jpg
190210_s2000_GAS_cover.jpg
190210_s2000_GAScover.jpg
190210_s2000_GAS.jpg
190210_s2000_GAScover_U_.jpg


Attack筑波に目的を絞り軽量化による運動性能と失う空力性能を比較して、空気が流れるセンタートンネル部分のワンオフフロアを残し、前後タイヤ間の乱流を軽減するセンターディフューザーは軽量化のため撤去しました。外した部材を使用して安全タンクカバーをアルミ製からカーボン製に変更し、アルミボルトで固定しています。安全タンク固定用ステーも、スチール製から軽量なアルミ製にしました。


190210_s2000_suzuka_side_.jpg
190210_s2000__fender_in_.jpg
190210_s2000_stabi_.jpg



鈴鹿で部品を外したりフェンダー内部を肉抜きしたり、直前にエアジャッキも撤去する予定です。


190210_s2000_Titan.jpg


安全タンク隔壁に使用したアルミネジはPro-Bolt製です。色がチグハグなことは諦めて手持ちの数百本にできるだけ変更してでも、筑波スーパーバトル・リマッチ時の1,022kgから18kg以上軽量化することが目標です。


190210_s2000_bonnet_.jpg
190210_s2000_Titan_fender_.jpg
190210_s2000_Titan_fender_in_.jpg
190210_s2000_Titan_fender_in2_.jpg
190210_s2000_Titan_side_.jpg
190210_s2000_wing_1.jpg
190210_s2000_Rad_.jpg
190210_s2000_Carbondoor_.jpg
190210_s2000_IN_.jpg



Attack筑波は56秒台での戦いだから、もっと速くないと勝負の土俵にさえ立てません。


【軽量化項目】 15.85kg

@ ブレーキローターdba→AP RACING -4.4kg
A サイドスポイラーフィン三枚刃の1枚 撤去 -0.25kg
B 後床バーティカルフィン2枚 撤去 -0.33kg
C ステンレス溶接網・上記ネジ類 撤去 -0.4kg
D カナード(小)2枚 撤去 -0.19kg
E IKEYA FORMULA リヤアッパーアーム(R/L) +0.84kg <重量増>
F センターディフューザー 撤去 -5.58kg
G 後ホイールスペーサー2枚 撤去 -0.38kg
H 安全タンクカバー(隔壁) アルミ ⇒ CFRP -0.59kg
I 安全タンク下ステー スチール ⇒ アルミ -0.86kg  
J 前バンパー取付部ステー スチール ⇒ アルミ 0.41kg
K 前フェンダー内 肉抜き -0.54kg
L ガソリンタンク下カバー カー スチール ⇒ CFRP -0.22kg
M 後エアジャッキ+取付ステー+GOODRIDGEホース 撤去 -2.54kg

 *  @〜EはAttack鈴鹿で実施済み


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3715


Suzuka de I heart Honda.

2019/02/15(Fri) 13:05:43
サーキットから日常使用まで。
190210_S2000_dba_BBS_asmyokohama_.jpg


ブレーキローターを純正からdbaに変更しました。S2000に限らず純正ブレーキローターは、価格だけではなく材料品質面でも優れているので、ASMでも取り寄せ販売することがあります。でもdbsなら問題ありません。良質な素材とカンガルーポウと呼ばれる構造に因り放熱性・ブレーキタッチに優れておりブレーキローターとパッドの当たり面の状態も良くなるので、リフレッシュからスポーツ走行派まで幅広くお薦めします。


■dba T3 CLUB SPEC フロントブレーキローター(Front) 32,400円
■dba 4000 T3 slot design リヤブレーキローター(Rear)  30,240円


190210_S2000_GENROM_gtworks_asmyokohama_.jpg


沖電気製フラッシュタイプMPUを使用したAP1向けECUを装着しました。

60個入手してから3年、残数はそれ程多くありません。


ASM G.T WORKS GENROM(AP1)  199,800円<税抜価格 185,000円/税額 14,800円>

 ・VTEC切り替え回転数
   <高負荷> 設定:5,300rpm/復帰:5,100rpm
   <低負荷> 設定:6,050rpm/復帰:5,850rpm
 ・REVリミット9,300rpm
 ・速度リミッター変更済み


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3714


伝説のあいつが復活

2019/02/14(Thu) 14:04:41
S2000 20th Festival
190213_S2000_20th_.jpg


今年S2000は、上市20周年を迎えます。既に定年退職された方が殆どですがLPLの上原さん始めS2000開発を担った元本田技術研究所チームOBが主催する20周年イベントS2000 20th Festivalが、2019年9月7日(土)にツインリンクもてぎで開催されます。F1全盛期に無限ホンダF1エンジンの設計をしていたホンダカーズ野崎の松本さんを中心に、SACLAM・M-TECと並んでASMにも声がかかりました。


190213_asm_s2000_suzuka_.jpg


ASMはS2000 1号車(タイムアタック号)を持ち込み、ツインリンクもてぎをデモランします。担当ドライバーは加藤寛規選手ではなく、元D1ドライバーのG.T WORKS寺崎源さんに依頼しました。パドックに入れるのは先着800台のみで、随時情報更新されますが2月末から申し込み受付開始と聞いています。元本田技術研究所S2000開発チームOBと一緒に、ツインリンクもてぎで20周年をお祝いしましょう。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3713


オートバックスD1グランプリ2007 エビスRd.

2019/02/13(Wed) 11:02:05
THE ASM CARD会員様へ、感謝を込めて。
190210_S2000_floor_asmyokohama_.jpg
190210_S2000_NAG_asmyokohama_.jpg


THE ASM CARD会員様限定・ASMチューニングセール早期購入特典をご利用いただき、オープンスポーツボディの剛性アップに効果的な床下補強パーツを装着しました。軽量なアルミ製フロア補強バーと、装着済みのフロントロアアームバーGTを同時装着するためのレダーバーGTです。アクセル操作に対する追従性の高さやNAエンジンらしい排気音など、F型エンジンの魅力を引き出すチューニングが特長の内圧コントロールバルブキットも追加しています。神経質だと考えていたアクセル操作に対する印象が変わります。


ASM フロア補強バー  39,960円 <税抜価格 37,000円>
ASM レダーバーGT  28,080円 <税抜価格 26,000円>
ASM NAG内圧コントロールバルブキット  48,600円 <税抜価格 45,000円>


190210_S2000_Rear_GT_asmyokohama_.jpg


リヤロアアームバーGTの魅力を引き出すため、サブフレームの弱点を補強しました。

ASM リヤクロスバーGT  37,800円 <税抜価格 35,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3712


静かな価値

2019/02/11(Mon) 16:23:13

Next >
Copyright(C)ASM All rights reserved.