ASM Blog
   S2000・RECARO・86がある自動車生活
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
データ・実績を誇るパートナーと作り上げたサスペンションキット
プロフェッショナルの仕事。
1号車メンテナンス
オープンカーにもサーキットでも
ASM ZFダンパーキットなら、どれを買っても後悔しない
ASMで手に入れる上質な排気音
Entry Archive
Search
Login
プロフェッショナルの仕事。 2019/01/15(Tue) 17:37:08
190115_Suzuka_KATOH_.jpg



今シーズン、ASM S2000 1号車のEPS(電動パワステ)に不動トラブルが発生しています。

@ 2015年にタイヤの回転信号をアナログから疑似デジタル化して正常に動作したので、2017年からデジタル速度パルス発生端末を使用して安定性を向上しました。ところがデジタル速度パルス発生端末をベースに製作したEPSC(任意車速パルス発生器)に変更した2018年、Aシェイクダウンの11月富士テストでEPS不動、対策した11月筑波テストでもEPS不動、EPSCを2個準備した雨の12月筑波でもEPS不動、12月鈴鹿テストでは@に戻してもEPS不動で、加藤寛規選手は今シーズン1回もタイムアタックできていません。

筑波スーパーバトル・リマッチは1/24(木)に迫っています。解決のヒントは、A今シーズンに入ってから症状が再発していること、新規製作したEPSCは問題なく機能していることを確認したこと、12月鈴鹿テストで@の状態に戻しても改善しなかったこととクーリングラップは問題ないのにタイムアタックすると特定箇所でEPS不動になることです。原因を電源関係に絞り配線図やテスト結果と照合して、ついに根本原因を特定しました。



190115_ddream_.jpg


コーナーウェイトを測定しようとしたら、2018年末に校正に出したコーナーウエイトゲージが機能せず測定できません。最悪の場合ダンパーケース寸法だけ合わせて臨むことも考えつつ、数年ぶりに筑波スーパーバトル2004筑波スーパーバトル2005のエンジニアリングと現在の1号車シャーシ製作を担当したD-DREAM渡邉さんに電話相談したところ、コーナーウェイトゲージを貸して下さいました。心から感謝します!



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3702


D-DREAM訪問


オープンカーにもサーキットでも 2019/01/13(Sun) 11:55:13
190113_ASM_s2000_saclam_.jpg


東京都内からご入庫中のS2000(AP1-100)に、ASMサイレンサーキットを装着しました。ASMエキゾーストマニホールドと組み合わせることで、高回転域ではF20Cエンジンらしさ溢れる甲高い高周波音が連続します。純正や他社製エキゾーストマニホールドとの組み合わせでは、魅力の半分も手に入れることができません。


ASM I.S.Designサイレンサーキット(AP1)  293,760円 <税抜価格 272,000円>


190113_ASM_s2000_succeedsports_.jpg


リア側サブフレームも強化品に変更しました。サブフレームの左右・アーム取付点・アーム取付点同士をパッチ補強しつつ、補強した各点にかかる負荷を応力分散することを考慮した補強レイアウトが特長です。また、サブフレーム取付ボルト部分の径を拡大しつつテーパー形状のステンレススペーサーを追加することで、サブフレームとメインシャーシを遊びなくあるべき位置に固定できました。仕上げにシャーシとサブフレームを連結するASMリヤロアアームバーGT装着をご検討下さい。


ASM リヤ強化サブフレームGT  334,800円 <税抜価格 310,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3700


一流を極めるか、我流を貫くか。


ASM ZFダンパーキットなら、どれを買っても後悔しない 2019/01/12(Sat) 15:38:54
180112_asm_s2000_ZF_.jpg



ASM ZFダンパーキット1WAYフルスペックを装着しました。


190108_ZFvsOther_.jpg


先日計測した、某有名オリフィス式ダンパーとASM ZFダンパー3WAYの減衰グラフです。一般的な調整方法(青線)では速度2乗に比例する放物線を描くのに対して、ZF式(赤線)では低速から速度に比例した減衰力を出すことが特長です。これは構造に因る特性の違いだから、セッティングでどうこうできるものではありません。ゆらゆらフワフワした乗り心地ではなくフラットな乗り味をお求めなら、ASM ZFダンパーキットを選択して下さい。


ASM ZFダンパーキット1WAY フルスペック  850,176円 <税抜価格 787,200円>

ASM ZFダンパーキット1WAY  648,000円 <税抜価格 600,000円>
HYPERCO パーチェ  129,600円 <税抜価格 120,000円/4個>
ニードルローラーベアリング  27,216円 <税抜価格 25,200円/4個>
ASM PERCH60アダプター  25,920円 <税抜価格 24,000円/4個>
ZF減衰調整ダイヤル  19,440円 <税抜価格 18,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3699


技術が生み出す乗り心地


ASMで手に入れる上質な排気音 2019/01/11(Fri) 10:10:40
180111_asm_s2000_.jpg


神奈川県からご来店です。ASMエキゾーストマニホールドとI.S.Designサイレンサーキットを組み合わせたS2000向け排気管の決定版を装着しました。篭り音なく響きながら広がる調律された高周波音が特長で、ノーマルや他社製エキマニとの組み合わせでは実現しない音質です。


ASM I.S.Designサイレンサーキット  293,760円 <税抜価格 272,000円>
ASM エキゾーストマニホールド  162,000円 <税抜価格 150,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3698


Tokyo Auto Salon 2018


Z34の運転は、ラクに楽しく 2019/01/10(Thu) 10:40:39
190109_z34_nag_asm_.jpg


日産フェアレディZ(Z34)に、NAG内圧コントロールバルブを装着しました。V型でツインエアクリーナーでも1個装着が基本設定ですが、スカイラインクロスオーバーに装着する仙人 Blogをご覧になったお客様のご要望で、左右バンクに各1個ずつ装着しています。ASMも?押し売りしていません。


■NAG 内圧コントロールバルブ Superb Force  73,440円/2個 <税抜価格 68,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3697


ギクシャク解消グッズ


素材を活かした効くパーツ 2019/01/08(Tue) 13:13:54
190108_S2000_ap1_front_ASM_3_.jpg


東京都内からご入庫中のS2000(AP1-100)にフロント強化サブフレームを装着しました。サブフレーム全周を共付け溶接+2枚のパッチ補強することでサブフレーム単体の歪みを抑え、固定ボルト差し込み部をわずかに拡大しつつテーパー形状によりセンター出しするステンレスカラーを追加して、取付位置を最適化しています。


190108_S2000_ap1_front_ASM_.jpg


2018年12月に入荷したZircotecコーティング済エキゾーストマニホールドを装着しました。今回は6本製作しましたが既に4本売約済のため、販売可能なのは残り2本です。安くなることはありえませんが2019年価格は未定なので、ご希望のお客様がいらっしゃいましたらASMまでお問い合わせ下さい。


ASM フロント強化サブフレームGT  210,600円 <税抜価格 195,000円>
■ASM エキゾーストマニホールド Zircotec  376,380円 <税抜価格 348,500円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3696


スポーツカーだからこそ、快適性にこだわりました


出力と感覚。どちらも大満足のアイテムでリフレッシュ 2019/01/07(Mon) 13:41:14
190105_ASM_S2000_.jpg


愛知県からご来店いただき、S2000のチューニング&リフレッシュにお薦めのメニューを施工しました。クランク室の内圧を低く保つことでピストン上下動をスムーズにし、車のギクシャクした動きを軽減する内圧コントロールバルブ、洗浄するだけではなく4気筒の燃料噴射量を整えたインジェクター、燃焼に必要な火花を発生させるイグニッションコイルとプラグです。燃焼の三要素<空気・燃料・火花>全てに関わるメニューだから、帰り道で存分に違いを体感できたのではないでyそうか。2019年早々にありがとうございました。


ASM NAG内圧コントロールバルブキット  48,600円 <税抜価格 45,000円> 作業時間: 0.5 H
■G.T WORKS Rebuilt&Tuneインジェクター  30,240円 作業時間: 1.0 H
■NGK イグニッションコイル  32,400円/4個 作業時間: 0.8H
■NGK レーシングプラグ 8番  13,824円/4本 作業時間: 0.3H


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3695


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。


前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]