ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
S2000の魅力を引き出すASM DREXLER LSD
ASM Exhaust Manifold Cerakote
MUGEN Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX
HKS GT S/Cプロキット仕様変更
REVSPEED筑波スーパーバトル 2020年1月 セットアップデータ
Tokyo Auto Salon 2020
Entry Archive
Search
Login
S2000の魅力を引き出すASM DREXLER LSD 2020/01/19(Sun) 11:37:50
200118_s2000_asmyokohama.jpg



最もお勧めのトラクション関連パーツ・ASM DREXLER LSDを装着しました。

DREXLER LSD最大の特長は、エンジン出力を無駄に浪費しないため内圧ゼロになっていることと特殊な摩材プレートを採用していることで、車庫入れレベルの極低速〜街乗りではマイルドに、高速ツーリング〜サーキット走行ではリニアに効いて、トラクション・直進安定性が向上します。その他、リングギヤの歯当たりを長期間維持するディスタンスカラーを追加し、ブレーキ関連をリフレッシュし、タイヤホイールをインチアップして新品タイヤをご購入いただきました。TODA RACING製 ASM 2.4Lエンジンの印象がどう変わるのか、楽しみで仕方ありません。


200118_s2000_asmyokohama_drexler.jpg


ASM DREXLER LSD  506,000円 <税抜価格 460,000円>
RAVENOL Racing Gearoil  5,500円/L <税抜価格 5,000円> * DREXLER 指定オイル
ASM ディスタンスカラー  11,000円 <税抜価格 10,000円>
ASM ファイナルギヤセット(4.3)  113,300円 <税抜価格 103,000円>
■ブレーキマスター交換・ブレーキキャリパーO/H関連  87,450円
■POTENZA RE-71R F:215/45-17 R:245/40-17  182,380円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3891


ASM Exhaust Manifold Cerakote 2020/01/18(Sat) 13:40:56
200118_s2---_asmyokohama_CERAKOTE.jpg


断熱セラミックコーティングCerakoteを施工したASMエキゾーストマニホールドが入荷しました。ASM S2000 R/T号に使用しているジルコテックコーティングの普及仕様と言えば分かりやすいかもしれません。Zircotec社が『通常の耐熱セラミック塗料に対して約10倍の厚さ(=0.3mm)の皮膜をコーティングする』と説明する中で“通常の”と言っているコーティングがCerakoteと考えられます。

物理的にあるこの違いに因り、現場での断熱性能にどの程度違いがあるかは不明です。航空宇宙産業でも採用されているジルコテックコーティングは英国Zircotec社でしか施工できませんが、セラコートコーティングは塗料を手に入れて日本国内塗装業者で施工する手軽さから自動車・バイク・ホビー分野で人気があり、海外往復送料や通関コストがないので販売価格を安くできました。クラッチマスター周辺などの熱害軽減をお考えのお客様は、ASMまでお問合せ下さい。


■ASM エキゾーストマニホールド Cerakote  236,500円 <税抜価格 215,000円> New


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3890


MUGEN Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX 2020/01/17(Fri) 10:20:10
200117_s2000_mugen_asmyokohama.jpg


東京都内からご来店です。TODA RACING製 ASM 2.4Lエンジンを搭載したS2000に、ラジエター通過前の冷えた外気を取り込む無限エアクリーナーBOXを装着しました。ASM SAMCOインテークホースキットを装着済みだから吸気温度センサーが移設されており、無限エアクリーナーBOXの効果をさらに引き出すことが可能です。今現在ASMに在庫がある1セットは売約済みですが、1月末に2セット入荷予定があります。


■無限 Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX  145,200円 <税抜価格 132,000円>  3.0H
ASM ラジエタープレート  13,200円 <税抜価格 12,000円>


200117_billionoils_s2000_asmyokohama.jpg


群馬県からご来店です。12月の筑波サーキットでは、加藤寛規選手と寺崎源さんがドライバー交代しながら計測75周を周回しましたが、横浜ー筑波の行き帰りでシフトフィールに大きな変化は見られませんでした。セットダウン時のデフオイルの汚れも最小限に収まっています。「街乗りだけなら不要」とか「サーキット走行や耐久レースしないから」と考えるのはナンセンスかもしれません。2020 メンテナンスキャンペーン特典を利用して、ASM S2000 R/T号からのフィードバックを体感して下さい。


BILLION OILS MT-520
RAVENOL Racing Gearoil
■frixion ハイパールーブ112


200117_ravenol_s2000_asmyokohama.jpg


横浜市内からご来店です。2020 メンテナンスキャンペーン特典を利用してエンジンオイル・デフオイルを交換しました。共にASM S2000 R/T号での実績がある仕様で、今まで以上のエンジンの静かさ・スムーズさに驚いていただけるでしょう。デフオイル用添加剤ハイパールーブ112は間違いなく効果的ですが、ミッションオイルに使用した方が体感度は高いです。花粉シーズン到来に備えて、純正エアコンフィルターを新調しました。


BILLION OILS 10W-40
■frixion ハイパールーブ165 ASM特注容量 80g
RAVENOL Racing Gearoil
■frixion ハイパールーブ112
■HONDA エアコンフィルター


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3889


HKS GT S/Cプロキット仕様変更 2020/01/16(Thu) 12:47:20
200116_honda_s2000.jpg


HKS S/Cの過給圧を高くするクルマドー製小径プーリーを装着し、経年劣化してベアリングにガタが出ていたテンショナー&アイドラープーリーを交換しました。納車後、大阪のTRACY SPORTSまで自走して現車セッティングするので、同時にASM内圧コントロールバルブキット追加を検討するそうです。


■クルマドー パワーアッププーリーキット  23,980円
■HONDA テンショナープーリー  4,851円
■HONDA アイドラープーリー  3,305円
■HKS トラクションフルード2  29,700円
ASM NAG内圧コントロールバルブキット  49,500円 <税抜価格 45,000円>


200116_honda_s2000_succeedsports.jpg
200116_asm_.jpg


SACLAM社近郊からご来店です。ASMサイレンサーキットはSACLAM社で装着いただきました。ありがとうございます。ステアリングラックの無駄な動きを減らしてステアフィールを改善するASMフロントタワーバーGTと、レーシーな質感と保安基準適合を両立したASMステアリングボスと、車庫入れ時の視界を確保するASM広角ドアミラーを装着しました。


ASM フロントタワーバーGT  59,400円 <税抜価格 54,000円>
ASM レーシングステアリングボス(車検対応)  38,500円 <税抜価格 35,000円>
ASM 広角ドアミラー  17,600円 <税抜価格 16,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3888


REVSPEED筑波スーパーバトル 2020年1月 セットアップデータ 2020/01/12(Sun) 15:42:28
200112_s2000_asmyokohama.jpg



1/23(木)のREVSPEED筑波スーパーバトルに向けて、セットアップが完了です。


200112_s2000_asmyokohama_topfuel_.jpg
200112_s2000_asmyokohama_ar_.jpg
200112_recaro_rsg_.jpg


12月の筑波サーキット計測75周ではブレーキ関連に消耗と大ダメージがあったので、純正ブレーキキャリパー・dbaブレーキローター・ZONEブレーキパッドを全て新品交換し、ブレーキダクトに加えてTOPFUEL製ブレーキ導風板を追加しました。また、リヤスタビライザーブッシュが経年劣化で痩せたことと大きなストローク量に因りスタビライザーに動いた(=レート変化した)形跡があったため、ワッシャーを追加溶接して解消します。その他ではエンジンオイルを10W-40に戻し、ファイナルギヤを4.3→4.4に」ショート化して1ヘア2ヘアでの回転落ちを軽減し、助手席を軽量化のためSR-7FからRS-Gに変更しました。


200112_katoh_gen_.jpg


【セットアップシート】 REVSPEED筑波スーパーバトル 2020年1月

<デフ> ASM DREXLER LSD 標準ランプ角 ON:50°/OFF:40°

<ダンパー> ASM ZFダンパー3WAY
Fr. Rebound センター
Fr. Bump Hi +1
Fr. Bump Low 全閉-7ノッチ

Rr. Rebound センター
Rr. Bump Hi センター
Rr. Bump Low 全閉-7ノッチ


<スプリング> HYPERCO(パーチェ前後共1個ずつ使用)
前:レート=900ポンド(16.1kgf/mm)レングス=7インチ(177.8mm)
後:レート=1,000ポンド(17.9kgf/mm)レングス=6インチ(152.4mm)


<スタビライザー>
前:TypeS 純正
後:ASM


<車高> ジャッキアップポイント計測値
(左前)96.0mm (右前)98.0mm
(左後)114.0mm (右後)116.0mm


<コーナーウェイト> ADVAN RS2+ADVAN A052 245/40-17 GAS Full
◇ Dr. OUT 1,243.0s
(左前)315.0kg (右前)313.0kg
(左後)306.0kg (右後)309.5kg

◇ Dr. ON 1,300.5s(前 50.06:後 49.94)
(左前)319.0kg (右前)332.0kg
(左後)317.0kg (右後)332.5kg


<ブレーキパッド> dbaブレーキローター(新品)純正ブレーキキャリパー(新品)
前:ZONE 10F TT仕様 (新品)
後:ZONE 10F (新品) 


<ファイナルギヤ> 4.4


<オイル>
(エンジン)BILLION OILS 10W-40 * frixion ハイパールーブ165 80g添加
(ミッション)BILLION OILS MT520 * frixion ハイパールーブ112 50g添加
(デフ)BILLION OILS FR-780 * frixion ハイパールーブ112 25g添加
(ブレーキフルード)ZONE ZF-031
(クラッチフルード)ZONE ZF-031


<タイヤ>
ADVAN A052 245/40-17(新品)


<ホイール>
ADVAN RS2  17インチ 9J+63


<アライメント>

200112_setup_.jpg

#セットアップ

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3887


Tokyo Auto Salon 2020 2020/01/11(Sat) 12:46:45
200110_tas_.jpg



東京オートサロン2020に行ってきました。


200110_tas_honda_.jpg
200110_tas_mugen_.jpg
200110_tas_mugen_fk8_titan.jpg


多くの時間を過ごしたのは、FK8 CIVIC TYPE R向けMUGEN製品が展示されていたホンダ/無限ブースです。2019年末に発表・発売開始した無限スポーツエキゾーストシステムはフルTitan製で、価格は税別59万円でした。ターボ車とは言え加速騒音を考慮すると出力的なメリットは少ないと予測しますが、テールエンド部での大幅軽量化はシビックの運動性能向上に間違いなく寄与しています。


MUGEN Sports Exhaust System(FK8)  649,000円<税抜価格 590,000円> * on sale now


200110_tas_mugen_fk8_rearwing_.jpg


ステー部までCFRP製のリアウィングは、UVカットクリア塗装込で税別90万円でした。CFRP仕様ではない廉価版も設定されるようです。ASM S2000向け製品のフルTitanサイレンサーキット70万円、CFRP製のリアウィングはUVカットクリア塗装込で税別47.5万円ですが、現物を見ると価格相応の価値があると感じました。


■MUGEN Carbon Wing Spoiler  990,000円 <税抜価格 900,000円> * scheduled to be available


200110_tas_mugen_fk8_1.jpg
200110_tas_tcr_.jpg
200110_tas_mugen_fk8_2.jpg


今回の訪問最大の目的、発表された無限カーボンボンネットです。熱の影響を考慮してCFRP製を選択するのは当然で、上面側部にはの排熱口が設けられており、S2000向けと同じく裏骨が排水溝になっていました。UVカットクリア塗装の品質も良さそうです。純正ボンネットデザインを基本にTCR車両で実績のある排熱ダクトが追加された最高の製品ですが、100万円超えの価格に驚きました。


200110_tas_mugen_fk8_3.jpg



ASMのカーボンボンネット企画では、製造コスト削減方法を検討しないといけません。

■MUGEN Carbon Aero Bonnet  1,100,000円 <税抜価格 1,000,000円> * scheduled to be available



200110_tas_recaro_.jpg
200110_tas_lotus_.jpg


その後レカロ社ブースを訪問して、社長以下皆さんと今後予定されている新製品について意見交換し、LOTUSブースでは加藤寛規選手が乗るS-GT300ロータス・エヴォーラのCars Tokai Dream28 2020年体制発表を見学しました。ホンダアクセス社ブースにはS2000 20th Anniversary Prototypeが展示されるなどS2000オーナー様には魅力溢れる内容なので、各社からの続報を楽しみにお待ち下さい。


200110_tas_YH_.jpg


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3886


店舗外装リフレッシュ工事 2020/01/09(Thu) 15:49:07
200109_asmyokohama_.jpg



15年目で初のASM店舗外装リフレッシュ工事が始まりました。


200109_asmyokohama_2.jpg


外壁モルタル部分を剥がして塗り直し、外壁および足元煉瓦部分は高圧洗浄し、シャッターBOX・サインポール・自動ドア・屋根部分等コゲ茶部分全てを再塗装します。約3週間の工期で、1月末には2005年9月5日のASMが復活します。2ヶ月前メイン看板照明をLED化しましたが、気付いたお客様はいらっしゃるのでしょうか。


200109_asmyokohama_s2000_.jpg



東京オートサロンweekに合わせて、1/20(月)まで休まず営業しています。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3885



  Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]