ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。


Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
ご来店されるお客様へのお願い
<ASM with SA浜松> RZ34プロジェクト −Challengeエアロパーツ編 (2)−
最新のSACLAM TURBOサウンド体験
ASM MOMO TUNER 次回ロット価格改定のお知らせ
HONDA 幌クロス交換
<ASM with SA浜松> RZ34プロジェクト −Challengeエアロパーツ編 (1)−
Entry Archive
Search
Login
ご来店されるお客様へのお願い 2023/01/01(Sat) 19:46:06
201001_translation_asmyokohama.jpg



コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止への取り組みを行っています。


(1)必ずマスクのご用意と着用をして下さい。

(2)正面入口からご入店いただき、手指消毒をお願いします。

(3)展示レカロシートに手を触れないで下さい。

(4)PITには立ち入りできません。



【マスク着用なし】でのご入店を、お断りしています。

(1)(2)は大切なことなので、今後も変わらずお願いします。(3)はビニールカバーをかけて展示していますが、ご購入されるお客様の気持ちを配慮してのお願いです。全てのお客様とスタッフの安心・安全のため、何卒ご協力くださいませ。


All customers must wear masks upon entering the store.

Please use hand sanitizer.


<ASM with SA浜松> RZ34プロジェクト −Challengeエアロパーツ編 (2)− 2022/11/22(Tue) 13:15:45
221122_sah_fairladyz_asmyokohama_challenge_11.jpg


新型フェアレディZ(RZ34)が納車になったので、スーパーオートバックス浜松:鈴木さんと埼玉県狭山市にある日本有数のカーボンコンポジット工場・チャレンヂ社を訪問しました。辰巳社長・白井工場長・ASMエアロパーツのデザイン担当者さんを交えて、実車確認しながら各パーツデザインの可能性と問題点を検証します。


221122_sah_fairladyz_asmyokohama_challenge_22.jpg


東日本大震災クラスの大地震が起きても水平を維持する定盤と、各部寸法・位置を製作に計測する三次元測定機があるモデリング室に入庫しました。フロントリップスポイラーは、最近アフターマーケットで流行しているド派手なデザインではなく、純正フロントバンパーの基本フォルムを活かした純正オプションパーツのような高い完成度のデザインを目指します。サイドスポイラーも基本的にはS2000向け製品と基本仕様は共通ですが、フロントリップからの繋がりを重視したデザインに進化させます。リヤウィングは純正ダックテールを土台として使用しますが、実車と検討中のデザイン案との整合性を確認しました。


■ASM with SAH RZ34 Front Lip Spoiler(WET-CF) 価格未定/2023年4月発売開始予定
■ASM with SAH RZ34 Side Spoiler(WET-CF)  価格未定/2023年4月発売開始予定
■ASM with SAH RZ34 Rear Wibg(WET-CF) 価格未定/2023年4月発売開始予定


221122_sah_fairladyz_asmyokohama_challenge_33.jpg


ボンネットは、V6エンジンで実績があるASM Z33向けボンネットとターボエンジンの冷却性能や両距離移動時の快適性を考慮したASM FK8向け製品の要素も取り入れて、エンジンルーム内の排熱性能と裏骨を雨どいとして機能させることで雨天時でも安心して屋外駐車できる全天候対応を両立した製品を目指します。


■ASM with SAH Aero Bonnet(CFRP) 価格未定/2023年4月発売開始予定 


221122_s2000_lhd1.jpg


ASM Carbon Dashboard for LHDの成形型と最終仕上げ前の試作製品の現物確認も行いました。成形型の表面を磨いている関係で製品表面もツルツルでフロントガラスへの映り込みも強いので、最低でもUVカット艶消しクリア塗装塗装または艶消し黒塗装を推奨します。最終仕上げ後艶消しクリア塗装を済ませ、12月末頃米国Go Tuning社の輸送会社に商品を発送します。


221122_s2000_lhd2.jpg



なお本製品はASM海外正規ディーラー専売品のため、日本国内では販売しません。

ASM Carbon Dashboard for LHD <Overseas Authorized Dealars Exclusive Product> 


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4313


最新のSACLAM TURBOサウンド体験 2022/11/19(Sat) 11:38:16
221117_saclam_fk8.jpg



2年ぶり?に深谷SACLAM社を訪問して、最新のSACLAM TURBOサウンドを体験しました。

4気筒VTECターボエンジンのFK8 CIVIC TYPE R向けサイレンサーキットは、SACLAMらしい甲高い排気音が4,000rpm以上からレッドゾーンまで連続し、ターボエンジンを連想させない音質に仕上がっていました。これなら従来のホンダVTECエンジンが好きな人でも十分納得できるのではないでしょうか。早速問い合わせがあったため1セットを持ち帰り、デモカー装着用として12月完成予定の1セットを追加注文しました。興味があるお客様はASMまでお問い合わせくださいませ。


SACLAM FK8 CIVIC-R SILENCER KIT   396,000円 <税抜価格 360,000円>



221117_saclam_yaris.jpg



GR YARIS向け排気管には、会社設立18年目SACLAM社の『ものづくりの進化』を感じました。

3気筒ターボとか小排気量とかトヨタエンジンとか、全ての言葉から想像できない幅広い回転域で、明確で分かりやすい高周波音が連続します。タービンで圧縮されてしまった排気音を活かし切り音を調律しているから、現在の排気音規制に対応しつつ過去のSACLAM製品以上に高周波音を連続して奏でる排気管に仕上がっていました。とても残念ですが、この排気音音を言葉や動画で正しく伝えることはできません。購入をご検討されているヤリスオーナー様はSACLAM宇野さんに相談して、助手席試聴されることをお薦めします。


SACLAM GR-YARIS SILERNCER KIT   352,000円 <税抜価格 320,000円>



221117_saclam_Copen.jpg


最後にL800Kコペン向けリメイク排気管を試聴しました。宇野さんは『ターボエンジン向け排気管開発で得たノウハウがある今作り直せばもっと狙った音が出せる』と考え、今後名車になると思われるL800K湖面向け排気管をリメイクしたそうです。旧製品はトンネル内の連続走行やコペンの排気音を熟知したオーナーさんが分かる音質の違いでしたが、今回トンネルまで行かず周辺街乗り試聴で十分体感できて驚きました。


SACLAM L880K COPEN SILENCER KIT   198,000円 <税抜価格 180,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4312


ASM MOMO TUNER 次回ロット価格改定のお知らせ 2022/11/16(Wed) 16:28:43
220508_asm_momo_tuner_steering.jpg


MOMO JAPANからASM MOMO TUNER次回ロットの価格改定のお知らせがありました。現行価格から5,000円の値上げですが、原材料(アルミニウム等)と輸送費の高騰・為替変動を考慮するとギリギリ想定の範囲に収まっています。でもこの先どうなるかはは分かりません。一般的には今後一層値上がりが進むことが考えられますので、ステアリング交換をご検討されているお客様は現行価格の在庫品がある内にぜひお買い求めくださいませ。


ASM MOMO TUNER

現行価格 34,100円 <税抜価格 31,000円> ⇒ 新価格 39,600円 <税抜価格 36,000円>

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4311


HONDA 幌クロス交換 2022/11/13(Sun) 11:14:53
221113_st.jpg


S2000リフレッシュの定番メニュー・ソフトトップ幌クロス交換を施工しました。いつも通りホンダサービスマニュアルに記載された5.5時間を大幅短縮して施工完了しています。10月以降でソフトトップ交換作業依頼が3台続きました。問題がない車両であれば日帰り施工も十分可能なので、ご希望のお客様はASMまでお問い合わせくださいませ。


HONDA 幌クロス・ウェザーストリップ交換


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4310


<ASM with SA浜松> RZ34プロジェクト −Challengeエアロパーツ編 (1)− 2022/11/10(Thu) 11:58:29
221108_z34sah_asmyokohama_challenge.jpg


半年前、2007年に知り合って15年のお付き合いになるスーパーオートバックス浜松:鈴木さんから新型フェアレディZ(RZ34)プロジェクトへの参画相談がありました。S2000・Z33向けエアロパーツを取り扱い製品クオリティの高さを目の当たりにして、いつかASMとコラボ企画を実現したいとお考えだったそうで、優先順位順に以下の4点を検討していました。

 @ フロントリップ WET-CF製
 A リアウィング WET-CF製
 B サイドステップ WET-CF製
 C ボンネット CFRP製

デザイン・設計・製造は、2002年以来20年の取引関係が続く日本有数のカーボンコンポジット工場・株式会社チャレンヂに依頼しました。11月下旬にSA浜松:鈴木さんを含めた3社合同ミーティングで方向性を確認後、商品化に向けマスターモデル製作に着手します。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4309


2022-2023年タイムアタックについて 2022/11/09(Wed) 11:08:12
221108_HirokiKatoh_02.jpg


先週末のS-GT最終戦が終わって加藤寛規選手がご来店になり、今シーズンのタイムアタックについて打ち合わせをしました。当初ASM S2000 1号車での走行を予定していましたが、2003年以来エントリーし続けてきた12月のレブスピード筑波スーパーバトルへの申し込みを中止して、2022-2023年タイムアタックシーズンは車両製作とテストに集中します。


【中止判断の要因】
・ASM店舗営業面で、お客様の入庫日程確保が非常に難しくなりご迷惑をおかけしている。
・1号車のシャーシメンテナンスに予想以上の作業時間がかかることが判明した。
・保安基準適合S2000での筑波1分切りを目指す大湯都史樹選手をサポートする人員確保。


2022年は半年で様々な状況の変化があり今回の中止判断になりましたが、ASM S2000 1号車再生プロジェクトは2003年以来ASMが取り組んできたタイムアタック活動の集大成だから、加藤寛規選手と共に目標を達成できるように車両製作と走行テストに取り組みます。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4308


  Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]