ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
高回転型NAエンジンF20Cの魅力を味わえる理由
大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/10 (2)
S2000を楽しみ尽くすための排気管
大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/10 (1)
2021-2022年タイムアタックシーズン開幕に向けて
PIT照明工事
Entry Archive
Search
Login
大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/10 (2) 2021/10/18(Mon) 09:15:35
211018_oyu_s2000_asmyokohama_.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手の2000に、ASM KAROマットを装着しました。元レーシングドライバーのKARO高橋社長も愛用している、KRONE(クローネ)素材の(Red Bullっぽい?)赤を選択です。


211018_oyu_s2000_asmyokohama_karo.jpg


今まで初期型S2000の純正フロアマットをお使いでしたが、@マットが正方形に近いこと と A足元に落ちているロールケージ に因り、常にフロアマットが斜めになりペダル操作に悪影響がありました。今回製作したフロアマットは、ASM KAROマットをベースにすることで動かずしっかり固定しつつ、ロールケージ固定部分を逃がしてABCペダル下部分の長さを純正フロアマット同等にしています。


ASM KAROマット KRONE  47,300円 * OYU SPL.


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4178


大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/10 (1) 2021/10/16(Sat) 11:50:16
211016_s2000_oyu_asmyokohama_succeedsports.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手の2000が、マイカーで袖ヶ浦フォレストレースウェイ対決を終えて再入庫しました。気になる結果はお湯TUBE・carprimeと、11月26日発売のレブスピード2022年1月号付録DVD収録&誌面にも掲載予定だそうです。

これまでの走行で気になった初期型S2000の持病と言える『リヤの落ち着きのなさ』を軽減するため、SUCCEEDSPORTS市川さんが後期型S2000純正サブフレームをベースに応力分散しつつ最小限の重量増でパッチ補強した強化サブフレームGTを装着しました。本製品にはサブフレームを設計本来の位置に固定するステンレス製カラーが付属しており、ASMリヤタワーバーGTと組み合わせることでボディ歪み確認治具になり、問題点を確認しています。アライメント調整で補正できる範囲なので重大ではありません。


ASM リヤ強化サブフレームGT  390,500円
ASM 強化ドライブシャフト  231,000円



211016_s2000_oyu_asmyokohama_nag.jpg
211016_s2000_oyu_asmyokohama_wpc.jpg


アクセル動作に対する追従性向上のため、アイドルコントロールバルブはリフレッシュのため新品交換し、ロングストロークのF20C/F22Cには特に有効なチューニングとして、クランク室の内圧を下げてピストンの上下動時のフリクションを低減する内圧コントロールバルブを追加装着しました。シフト操作時の引っ掛かりが気になっていたので、先端部にWPCハイパー加工+ASMオリジナル処理してフッ素グリスを使用したシフトレバーに変更しています。


ASM NAG内圧コントロールバルブキット  49,500円
ASM シフトレバー  39,600円



211016_s2000_oyu_asmyokohama_todapower2.jpg


そして、戸田レーシングから新発売されたエンジン(シリアルNo.1)が入荷しました。

211016_s2000_oyu_asmyokohama_todapower1.jpg


TODA RACING 2350仕様コンプリートエンジン(新品組み立てベース)  2,530,000円



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4176


【秘蔵車】今こだわりを詰め込んでいるNEWマイカーを紹介します! 2021/10/05(Tue) 15:26:38



2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手の公式Youtubeチャンネルに、先日納車したS2000の話が公開されました。納車した土曜日の夜・定休日だった月曜日昼間・袖ヶ浦でイベントに向けて移動していた今朝、連絡があるたびにドキッとしましたが無事出走できて良かったです。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4171



大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/09(1) 2021/10/01(Fri) 17:45:58
211001_mugen_s2000_asmyokohama.jpg



2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手2000のセットアップが完了です。


211001_todaracing_s2000_asmyokohama.jpg


まずASM推奨吸排気パーツを装着しました。吸気温度センサーを輻射熱の影響がない場所に移設したASM SAMCOインテークホースキットに変更し、出入口の大口径化だけではなく戸田レーシング島田さん考案・吸気効率を向上するため壁面を逆R形状に切削したASMビッグスロットルと、その変更に伴いスロットル出口−インマニ入口間に生じた段差を解消する戸田レーシング矢野さん提案・ASMスロットルスペーサー(実用新案登録済み)を装着し、ASM G.T WORKS GENROMでエンジンマネジメントを行い最大限に効果を引き出しています。

ASM SAMCOインテークホースキット  36,300円
ASM ビッグスロットル(AP1)  85,800円
ASM スロットルスペーサー(AP1)  12,100円


211001_gtworks_genrom__s2000_asmyokohama.jpg

ASM G.T WORKS GENROM(AP1)  203,500円
 ・VTEC切り替え回転数
   <高負荷> 設定:5,300rpm/復帰:5,100rpm
   <低負荷> 設定:6,050rpm/復帰:5,850rpm
 ・REVリミット9,300rpm
 ・速度リミッター変更済み


211001_todaracing_succeedsports_s2000_asmyokohama.jpg


先日装着したASMフロントタワーバーGTと組み合わせることで、ステアリングラックを固定してハンドル操作に対する追従性を向上させるASMフロントタワーバーGTと、大湯都史樹選手がF3ドライバー時代とてもお世話になった戸田レーシング製ASMエキゾーストマニホールドを装着しました。先日試乗して一目惚れした黄色号の排気音に近づけるためも必要な部品です。

ASM フロントロアアームバーGT  60,500円
ASM エキゾーストマニホールド  165,000円


211001_saclam_s2000_asmyokohama.jpg


排気管は先日黄色号を試乗した時に音質確認済の、無限から独立したSACLAM社製・ASM I.S.Designサイレンサーキットを選択しました。近日中に排気量アップしたTODA RACING 2350仕様コンプリートエンジン(新品組み立てベース)を搭載予定ですが、この排気管なら排気騒音値も問題ありません。

ASM I.S.Designサイレンサーキット(AP1)  326,700円


【セットアップシート】 2021年10月1日

<デフ> OS技研 デュアルコアLSD(強化スタッドボルト)

<ダンパー> ASM ZFダンパー2WAY
Fr. Rebound センター
Fr. Bump Hi +1

Rr. Rebound センター
Rr. Bump  センター


<スプリング> HYPERCO
前:レート=800ポンド レングス=8インチ
後:レート=1,000ポンド レングス=7インチ


<車高> ジャッキアップポイント計測値 GAS FULL時参考値
(左前)96mm (右前)87mm *変形
(左後)105mm (右後)98mm


<コーナーウェイト> GAS 半分
◇ Dr. OUT 1,229.0s
(左前)312.5kg (右前)310.5kg
(左後)302.5kg (右後)303.5kg

◇ Dr. ON 1,285.5s 前=644.5kg:後=641.0kg
(左前)316.5kg (右前)328.0kg
(左後)313.5kg (右後)327.5kg


<ブレーキパッド> 無限ブレーキローター・純正ブレーキキャリパー
前:無限 Type-C
後:無限 Type-C


<ファイナルギヤ> 4.1


<オイル>
(エンジン)無限
(ミッション)BILLION OILS MT520
(デフ)BILLION OILS FR-780
(ブレーキフルード)無限
(クラッチフルード)無限


<タイヤ>
DL DIREZZA ZV 245/40-17(新品)


<ホイール>
YH ADVAN RG-D2  17インチ 9J+62


<アライメント>

211001_oyu_s2000_asmyokohama.jpg


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4170


大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/09(1) 2021/09/25(Sat) 17:58:56
210909_s2000_asmyohokohama_setlab.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手のS2000が、袖ヶ浦でのシェイクダウン&タイムアタック練習走行と日光サーキットでのドリフト走行後、セットダウンとメンテナンスのためASMに再入庫しました。まずは油温対策として、ASM S2000 R/T号で使用していたSetlabオイルクーラーを移設装着しています。


210909_s2000_asmyohokohama_succeedsports.jpg


秘かにASM富士テストに乱入して『打倒・加藤寛規監督』を狙っている大湯都史樹選手のご希望で、ステアリングラックの動きを抑えることで正確な運転操作とセッティングが可能になるSUCCEEDSPORTS製ASMフロントタワーバーGTに変更しました。


ASM フロントタワーバーGT  60,500円


210909_s2000_asmyohokohama_shiftboots.jpg
210909_s2000_asmyohokohama_sabelt.jpg


8月の納車時ですが、黒ウルトラスエード+赤WステッチのシフトブーツによりインテリアをASMで統一しつつ、スポーツ走行に向けて4点式シートベルトを装着しました。2016年当時F1で使用していた軽量バックル+アルミアジャスターを基本として、便利なワンタッチ取付ではなくF1と同じくボルトでしっかり固定しつつ腰ベルト長のワンタッチ調整機構をなくした(長さ調節は可能)、おそらく現時点でも世界最軽量の市販4点ハーネスを選択しています。『GT500やスーパーフォーミュラのハーネスバックルより軽い!』と驚いた大湯都史樹選手のコメントは、あながち間違いではありません。


ASM Shift Boots  19,800円
ASM Sabelt 4点ハーネス  242,000円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4168


大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/08(4) 2021/09/04(Sat) 12:27:30
210904_oyu_mugen_s2000_asmyokohama.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手 S2000のご希望により、シートポジションに合わせてステアリング関連を変更しました。RECARO PRO RACER RMSは加藤寛規選手がASM S2000 R/T号で座る時のポジション設定+薄型クッションパッドになっており、ASM MOMO TUNER・ASM Racing Steering Wheel Bossと組み合わせることで着座位置を再現しています。ホンダ系ワークスドライバーだから、ホーンボタンは強制的に交換しました。無限アシストメーターを装着予定でしたが納品がサーキット走行に間に合わなかったため、今までのメーターを暫定で移設しています。


ASM MOMO TUNER  34,100円
ASM Racing Steering Wheel Boss  39,600円
■HONDA ホーンボタン(NA2 NSX-R純正品)  17,490円


今日9/4(土)15:00に納車して明日9/5(日)はASM 16周年、9/6(月)〜8(水)は店舗休業です。

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4162


大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/08(3) 2021/08/24(Tue) 12:08:12
210822_s2000_oyu_asmyokohama_mugen.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手 S2000に、無限エアクリーナーBOXを装着しました。ラジエター通過前の外気を取り込むことでF20C/F22Cの魅力を引き出す、S2000吸気チューニングの定番メニューです。ワークスドライバーだから当然ですが、付属ステッカーを貼りました。


■無限 Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX  145,200円


210822_s2000_oyu_asmyokohama_CFRP.jpg


あれこれ加工痕があるダッシュボード交換をご希望されたので、前回ご来店時にASM S2000 R/T号と加藤寛規監督を見ながらキラキラ少年の目をしていたことを思い出し、ASM カーボンダッシュボードを提案したところご選択いただきました。引き続き無限アシストメーター・ASM MOMO TUNER・ASMシフトブーツを装着します。


ASM カーボンダッシュボード  326,700円

 * UVカット艶消しクリア塗装  110,000円


210822_s2000_oyu_asmyokohama_recaro.jpg


大湯都史樹選手が名指しで選んだシートはRECARO PRO RACER RMSを装着しました。ASM S2000 R/T号と同じく太もも下の当たりを軽減する薄型サイサポートに変更し、加藤寛規選手と共通ポジションに設置します。入庫時からシートの相談がなかったのでスポンサーの関係かと考えてASM側からは提案しなかったのですが、剛性不足が相当不満なことを伝え忘れただけとのことでした。


RECARO PRO RACER RMS 2700G  166,100円
RECARO RMS サイサポートパッド薄型  13,200円
■RECARO ウルトラローポジションベースフレーム  24,200円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4158


前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]