ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
リフレッシュとトラブル再発防止メニュー
HYPERCOスプリングレート変更
製品を選ぶだけではなく、その目的を考える。
Type-S純正リアウィングの素晴らしさと、流用の危険性
S2000専門店の継続車検
ASM 2.4Lエンジン搭載車の継続車検にかかる費用
Entry Archive
Search
Login
Carbon+A7075 2009/11/12(Thu) 12:03:12
1112 carbon1 DSC_8226.jpg
1112 carbon2 DSC_8214.jpg
1112 carbon3 DSC_8219.jpg



財布・小銭入れ・カード&キーホルダーに続き、こだわりの身の周りアイテムをご用意しました。ビジネスマン必携の名刺入れです。基本素材はカーボンプリプレグで、ASMのエアロパーツと同様にオートクレーブ成形されている本格的な製品です。表面処理は軽量化とカーボンの素材感を大切にするためにクリア塗装は施さず、徹底して磨くことでカーボン独特の艶を出しました。両端の金属部分は超々ジュラルミンA7075材削り出しで、軽量化のため肉抜きしてあります。内側にはカーボン板厚と同じ幅で溝を切り、差し込みと接着でカーボン部分を固定するこだわりの構造を採用しました。


紙のように薄いのに、「カシッ」と乾いた音を発しつつ剛性感で開閉するのは、まさにドライカーボン製ならではの新鮮な感覚です。航空機素材の複合体の名刺入れは、複雑な製造方法と合わせて見る人が見ればうなるクオリティの製品となりました。SACLAM宇野社長は手に入れて1週間後に凄さに気付いたらしく、興奮気味にわざわざお電話下さいました。加藤寛規選手は手にした瞬間から笑ってしまい、すっかりお気に入りの様子です。戦闘機に乗りのお客様は「私のために作ってくれてありがとう」とその素材感と品質を楽しんでくれています。


初期ロット30個の内、ASM Blogに掲載する前に15個が売れてしまいました。普通の人には何の変哲もないただの名刺入れですが、モノ作り屋さんが見ると思わず手にしたくなる存在感を持つ製品です。一生モノのアイテムのひとつとしてぜひ手に入れて下さい。



■ASM CONCEPT カーボン名刺ケース  63,000円



After making the wallet, coin wallet, card and key holder, the next item is also another product which you will need to carry all the time. Business card holder. The main material is carbon, it’s been shaped and produced the same way as our ASM body kits. On the surface to make light as much as possible and to give out the carbon material look, we did not paint any clear coat on the surface but just buff up the surface. On both ends uses the duralumin A7075 material for light weight as well. Inner part of the duralumin has a trench shape which the thin carbon will fit perfectly.

It’s thin as a paper but whenever you open and close it, it gives out this dry sound due to the carbon rigitbility. With its complicated production way, for hose seeing it will be surprised with its quality. Uno-san from SACLAM gave me a call a week after purchased saying how he was impressed with its quality. Our Driver Kato Hiroki-San just started smiling as soon as he held it in his hand. One of our customer who flies fighter jet plains also thank us for making such product for him and enjoying every time he takes his business card out.

The first lot we produced 30pcs but before even putting it up on the ASM Blog 15pcs was sold. For some it just looks like a business card holder but for those who makes or produces products, it’s a item you would like to have just with its existence. Think of it as a life time item.

■ASM Carbon Business Card Holder  63,000 Yen



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=1302#myu1302


AERO CONCEPT


[1302] asm

Next >> [FIAT 500×SACLAM]
Back >> [Sと一緒に鎌倉で過ごす休日]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.