ASM Blog
   S2000・RECARO・86がある自動車生活
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
Recent Entry
『クラッチ滑り対策に異議あり!』
2019年に間に合いました。
<新作入荷> ASM Jacket
あまり知られていない名作
「S2000専用」にバージョンアップ!
Honda Racing THANKS DAY 2018
Entry Archive
Search
Login
ケーブル経由という新発想!ⓒauto sport 2018/12/01(Sat) 13:49:03
181201_SEV_MOTEC_SuperB_ASM_S2000.jpg


11月に発売開始されたSEV新製品・トランスコアを、筑波テストからバッテリーに2個+MOTECに2個=合計4個使用しています。発売開始後わずか1年で完売・生産終了したe-chargeで効果を分かっていたので、1号車に迷わず装着しました。ボディに張り巡らされた電気配線を通じてSEVが隅々まで行き届くアイディアを具現化した製品で、ASM店舗分電盤にも使用しています。

SEV トランスコア  30,240円 <税抜価格 28,000円>


181201_EPS_.jpg


パワステ不具合の原因を検証した結果、EPSC本体でもパルス設定でもMOTEC−EPSC間の配線でもなく、ステアリングラック−ボディハーネス間コネクター部分の接触不良だと断定しました。Bドライバー情報によると、S2000には発生頻度が高いトラブルだそうです。そもそも車体ハーネスは1999年から1回も交換していませんでした。コネクター不具合によりEPS不動になる状態を確認後、以下の対策をしてタイムアタックに臨みます。

1.コネクター部点検と接点保護対策
2.純正EPSユニットを試乗車に移設してリセット
3.電動パワステ不調時に点灯するワーニングランプ設置 * 最終コーナー飛び込み用


181201_CTG_.jpg


走行毎に必ずチェックしていますが、トラブル防止のためカーボンプロペラシャフトにステンレスワイヤーを使用した緩み留めを追加しました。11年ぶりに新調したカーボンミッションステーも問題ありません。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3675


ASM健康プロジェクト


[3675] asm

Next >> [速さ以上に安全性を追求する、その情熱に妥協はない。]
Back >> [「僕のささやかな経験だとね、」]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.