ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/09(1)
アライメント関連リアルチューニング
S2000タイムアタック車両ボディ製作(ロールケージ溶接取付完了)
ASM16周年 チューニングセール 2021年秋 開催中
童夢とASMの名を冠した製品
ASM is from YOKOHAMA since Sep. 5th 2005.
Entry Archive
Search
Login
REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月 2020/12/22(Tue) 20:49:34
201222_suzuka_7.jpg



REVSPEED鈴鹿サーキット走行会に参加しました。


201222_suzuka_2.jpg
201222_suzuka_3.jpg


筑波スーパーバトルのセットダウンを基本セットにして油水温対策とギヤレシオ変更をした程度で、タイムに直結する可能性がある変更は長いストレート区間と連続するコーナーを考慮したリヤ側トゥ0mmにした以外何も変更していません。


■フリー走行 1回目

2'26.948
2'26.829 Sec1 40.307 Sec2 24.924 Sec3 54.201 Sec4 27.397 最高速度 198.733km/h
2'51.580
2'27.764

走り出しとしてはまずまずのタイムだと思ったのですが、『ロールオーバーが強過ぎて、このままではタイムアップは難しい』とのコメントが出ました。鈴鹿と筑波を走っているRG-O大住さんと『筑波スペシャルセッティングだと合わないでしょう?』と話しましたが、まさにそれです。筑波最終コーナーのような中高速コーナーが連続する鈴鹿では、リアが不安定な回頭性重視の弱オーバーセッティングでは思い切ってコーナーに飛び込めないし、旋回中もアクセルを踏めずに我慢する待ち時間が長くなってしまいます。

弱アンダーステア方向に調整するため、持ち込みセットのリヤ側トゥ0mmから片側+1mm追加・フロント車高上げに加えて、筑波スーパーバトルの中で加藤寛規選手から『今の前後バランスのままレートアップしたスタビが欲しい』と聞いていたので、前後バランスは違うけど試作テスト中のASM 調整式スタビライザーを持ち込んでいたので、フロントは現状維持してリアスタビを試作品に変更しました。


201222_suzuka_5.jpg


■フリー走行 2回目 11:00 気温12℃ 路温16℃ ドライ
後スタビ=ASM試作・弱、リヤトゥ-1mm(トータル-2mm)、前1ターン上げ
2'26.226 Sec1 40.342 Sec2 24.539 Sec3 54.061 Sec4 27.284 最高速度 200.548km/h
4'02.511
6'35.555
2'26.250
2'57.871

セッティング変更が当たって、計測1周目でベストタイムを更新です。フリー走行1回目で気になったロールオーバーがかなり収まり、むしろスタビレートが高い方向に突き抜けた影響でロールオーバーではなくタイヤが外に逃げてしまうようになったため、アクセルONした時少しでも早く加速態勢に移行できるようにリヤ車高下げと、上がって来ない内圧を想定した走り出しタイヤセッティングに変更しました。


201222_suzuka_6.jpg

昼食後、加藤寛規選手と現状の問題点と解決策について話していたところ、試作スタビライザーでは前後共にレートが高過ぎるけれどもバランスは良さそうだし、最終枠はニュータイヤを使用することも想定して、失敗の可能性もあるけど急遽スタビライザー試作品をフロントにも装着です。


201222_suzuka_4.jpg

■フリー走行 3回目 14:00 気温13℃ 路温12℃ ドライ
前スタビ=ASM試作 内圧1.95
2'45.376
2'24.853 Sec1 40.128 Sec2 24.246 Sec3 53.550 Sec4 26.929 最高速度 201.468km/h
3'03.146
2'38.921
5'08.009
2'25.499
3'07.507 荷重かかる。内圧上がる。

この賭けは大当たりでした。ロールオーバーは消えて、Sec1で39.983を記録しています。加藤寛規選手は『(現状のバネレートに対して)スタビレートが高過ぎるため、タイヤグリップの限界を超えてすぐ横に流れたから失敗して、0.2秒程タイムロスした』と悔やんでいました。路面温度が高くなったことに加えて、スタビレートアップによってタイヤ内圧が想定以上に上がってしまい、走り出し内圧セッティングの変更が裏目に出ました。


201222_suzuka_8.jpg


ダウンフォースがある1号車と違って、床下空力パーツどころかGTウィングさえ装着しないASM S2000 R/T号は、徹底的にメカニカルグリップを追求しないと速く走れないから面白いです。次に鈴鹿を走る時はバネレートを前=23.2→17.9kgf/mm・後レート=25.0→19.6kgf/mmに落とし、筑波セットよりリヤ車高を下げて走り出せば、ノーマルエンジン&ノーマルミッション・GTウィングなし・完全保安基準適合S2000で、鈴鹿23秒台に手が届くかもしれません。




■REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月

ドライバー:加藤寛規選手
ADVAN A052 2'24.853 Sec1 40.128 Sec2 24.246 Sec3 53.550 Sec4 26.929 201.468km/h

エンジニア兼メカニック:阿部(ASM)
チーフメカニック:坂上(ASM)

総合プロデュース:金山


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4065


[4065] asm

Next >> [S2000ボディ製作(塗装前)]
Back >> [鈴鹿に向けて明日出発します。]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.