ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
大湯都史樹選手S2000 リフレッシュメンテナンス 2021/09(1)
アライメント関連リアルチューニング
S2000タイムアタック車両ボディ製作(ロールケージ溶接取付完了)
ASM16周年 チューニングセール 2021年秋 開催中
童夢とASMの名を冠した製品
ASM is from YOKOHAMA since Sep. 5th 2005.
Entry Archive
Search
Login
S2000タイムアタック車両ボディ製作(シーラー・アンダーコート剥がし) 2021/05/29(Sat) 11:02:30


SUCCEEDSPORTS市川さんから、S2000タイムアタック車両ボディ製作の近況写真が届きました。

車両製作テーマ:『20年後も楽しめる、保安基準の中で軽量化したタイムアタック専用S2000』  

<基本仕様>
 ・ソフトトップ撤去済。
 ・軽量化のため、無限ハードトップ専用形状ロールケージをワンオフ製作。
 ・軽量化のため、オーディオ、スピーカー、関連配線を全て外す。
 ・軽量化のため、アンダーコートなし。(下周り点検は日常的にお客様自身で行う)
 ・軽量化のため、最低限のシーラー処理で済ませる。(雨天走行で水漏れの可能性あり)
 ・軽量化のため、ASMカーボンダッシュボード装着。
 ・軽量化のため、CFRP製ASMリヤオーバーフェンダーとリヤワイドバンパー装着。
 ・軽量化のため、追加エアロパーツは塗装せず白カッティングシート施工する。
 ・軽量化は忘れて、エアコンを残す。<NEW>


暑くなってきたので、臨機応変にオーナー様の基本方針が変わったそうです。


210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_01.jpg210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_02.jpg
210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_04.jpg210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_05.jpg
210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_06.jpg210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_07.jpg
210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_08.jpg210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_09.jpg


前オーナーさん時代に施工されていた制震処理がリヤトランク部周辺を中心にたっぷり施工されており、それを剥がす処理が絶望的に大変でした。S2000の純正シーラーの中には溶接に効果的だから残すべきものもあり、かと言って除去が不十分だと不完全な溶接になるので、時間がかかっても丁寧に下準備しないといけません。


210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_10.jpg210528_s2000_succeedsports_asmyokohama_11.jpg



剥がしたシーラー・アンダーコートの重量は、10.3kgに達しました。


210522_fujichan.jpg


オーナー様は『ボディ製作をしている間、NDロードスター1.5Lモデルで富士チャンピオンレースシリーズのロードスターカップ(RSC)にエントリーして、冬のタイムアタックシーズンに向けて腕を磨きます』とご希望されていたので、AttackサポートショップとしてASMがセットアップ/セットダウンを担当することになりました。


210522_fujichan_Result.jpg


デビュー戦だった第1戦は初参戦初優勝、予選〜決勝までポール トゥ ウィン、先週の第2戦はハーフウェットの予選はポールポジションでしたが、決勝はドライ路面でパワー勝負になった上トラコンがトラブルでONのままになりOFFできなかったため、さすがに2.0L相手ではどうにもならなかったようです。


>>> 富士チャンRSC 第2戦レポート <<<

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4127


[4127] asm

Next >> [6月発売 ASM I.S.Design Horn button 初期ロット400個]
Back >> [Fluidampr Crank pulley+ASM Pully Kits(TODA RACING製)]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.