ASM Blog
   S2000・RECARO・86がある自動車生活
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
Recent Entry
『クラッチ滑り対策に異議あり!』
2019年に間に合いました。
<新作入荷> ASM Jacket
あまり知られていない名作
「S2000専用」にバージョンアップ!
Honda Racing THANKS DAY 2018
Entry Archive
Search
Login
TM-SQUARE、田中ミノル式正しいチューニングカーのお手本 2009/04/03(Fri) 16:39:51
403 tm1 DSC_5916.jpg
403 tm2 DSC_5962.jpg
403 tm3 DSC_5982.jpg
403 tm4 DSC_6003.jpg
403 tm5 DSC_5927.jpg
403 tm6 DSC_5935.jpg
403 tm7 DSC_5919.jpg
403 tm8 DSC_5978.jpg
403 tm9 DSC_5946.jpg
403 tm10 DSC_5956.jpg

ミノルインターナショナル田中実社長が愛車のスイフトに乗ってご来店です。とにかく車を軽量化したいと言うことで相談を受けたのですが、どうせなら質感やカラーリングにもこだわって欲しいので、純正赤ステッチインテリアに合わせてASM LIMITEDモデルをお薦めしました。表皮は本皮&アルカンターラの組み合わせです。シートレールはありえない程不自然なローポジションになるレカロスポーツフレームを選択、普通のユーザーさんに販売すると「低過ぎる」と驚かれることが多い製品なのですが、フロアに座りたい勢いのミノルさんには何の問題もなく気に入っていただけました。

せっかくの機会なのでスイフトを色々見せてもらいました。まずはフロントバンパーですが、これは最新のS-GTマシンの空力の要素が盛り込まれた空力パーツです。フロントリップの左右エンド部分の処理にその秘密があります。ボンネットはウェットカーボン製ですが製法を工夫することで結構軽量に仕上がっています。自然なルックスと空力性能をバランスした大人っぽいデザインのサイドスポイラー、ウィング本体よりステーの存在感が際立つリヤウィングなど、エアロに関しては全く隙がありません。エンジンはNAチューンの王道である排気量アップをフォーミュラエンジン屋さんの手でしっかりと行いつつ排気管にはスペシャリストSACLAM製を採用して心地よさとレーシーさをバランスしたサクラムらしい音を実現していました。サスペンションも抜かりなく、ジオメトリーまで見直した上でHYPERCO中心にセットアップされたフラットな足回りに仕上げてあり、見れば見るほど正統派チューニングカーだと実感しました。

5/23-24の土日、このデモカーをお借りしてTM-SQUAREフェアを開催する予定です。ここ数ヶ月、オプションやレブスピードなど多くのチューニング雑誌で注目を集めているTM-SQUAREスイフトですが、1つ言えることは普通のユーザーさんが思っている数倍この車には手間とノウハウと情熱がこめられていると言うことです。TM-SQUARE Webサイトをご覧になってみてください。


TM-SUARE, Tanaka Minoru ways of tuning a car

The president of Minoru International Tanaka Minoru-San came to ASM with his SWIFT. His request was he wanted to make the car lighter, and I wanted to match the original red stitches of the interior, coloring and texture of the car. I suggested our ASM models, RS-G ASM LIMITED CL which is half lather and half Alcantara. For the seat rail, he chose the very very low position REACARO sports frame. Which is very and too low for normal users. But for him who wanted to sit on floor should be no problem.

It was a chance for me also to take a good look of the car. About the front bumper, uses the latest technology of S-GT machines and many aerodynamic elements has put in to it. Like the front lip, on both sides on the edge has a little secret. The hood uses wet carbon fiber but the way they make it has made it lighter then expected. A natural look, balanced of aero dynamics and a matured design of the side spoiler, rear wing, and the wing stay which out stands more then the wing it self, the body kit they have has no doubt about it. For the engine as king of NA tune, has been done by formula engine shop for more capacity. And for the exhaust, they have chosen the SACLAM pipes for comfort, pleasant and racy welled balanced like SACLAM always does. For the dampers is also on the spot. They re-did the geometry and based on HYPERCO springs for set up, they manage to make it a flat ride. The more you look at it makes you feel it’s a tuner straight ahead.

On May 23rd and 24th we are planning to borrow this car and we are going to have a TM-SQUARE fair. These last few months this TM-SQUARE SWIFT has been on OPTION and REV SPEED and many more other magazines and has lot of attention. And I can say one thing for sure is they have spent lots of time, effort and passion to this car more then you can imagine. If you are interested, I recommend checking their web site out.


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=1053#myu1053

2008年8月、1号車筑波テスト
[1053] asm

Next >> [横浜元町公園近辺、鎌倉段葛の桜が満開を迎えます]
Back >> [開幕間近]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.