ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
2019年11月筑波テスト Attack筑波基準タイムクリア
サクシードスポーツ、RECARO JAPAN 訪問
SAサンシャイン神戸 ASMフェア 2019
タイヤ交換
ブッシュ関係リフレッシュ
2019年10月富士テスト いきなり2分フラット!
Entry Archive
Search
Login
2015年2月筑波テスト 2015/02/13(Fri) 17:39:17
150213 Pit1 DSC_0714.jpg


レブスピード筑波スーパーバトル2014で大失速した原因と思われる要素を2点に絞って仮説を立て、それを検証するために筑波サーキットに行きました。


150213 S2000 DSC_2512.jpg
150213 2.4 DSC_0705.jpg
150213 VBOX DSC_0774.jpg


1本目は12月と同じ部品Aを使って走り出し、計測3周目に59秒62を記録しました。セッション中に部品Bに変更したところ、計測3周目で59秒22、その後59秒37、59秒12と連続周回し、2014年11月富士テストに使ったADVAN A050 Mコンパウンド中古タイヤで、2014年12月GSコンパウンドNEWタイヤで記録した公式タイム59秒234をあっさり更新です。

散々苦労してやっと解消できたと思っていたのに、今回の原因はまたしても電気でした。電気トラブルに因るパワーロスが30ps(推定)、本番時以外は使用しない虫カゴ形状のダストカバーに交換すればトップエンドでさらに10ps以上アップするので、14q/hも落ちた最高速度とのつじつまがほぼ合います。今回の原因を事前に言い当てたのはG.T WORKS寺崎源さんでした。(知っているけど)ただの不良ではありません。


150213 FL DSC_0782.jpg
150213 ue DSC_0760.jpg


最高速度対策として用意した球は部品Bだけでしたが、それがポコッと当たって加藤選手・坂上さん・金山の3人はご機嫌です。2本目はもうひとつの課題であるサスペンションセットの方向性確認をしました。オイルで荒れた路面、タイムレンジが全く違う他車、中古タイヤを履いて59秒前半で連続周回して記録した59秒05は、数字以上の可能性を感じさせてくれました。


【次回テストメニュー】

・前ダンパー20o(以上?)ショートストローク化
・前車高20oダウンを基準に、2号車重量バランスを参考にリヤ車高セット
・Reboundではなく、Bump Lowをフルハード近くにセット



150214 start DSC_2568.jpg


今回はASM店舗営業との兼ね合いで、坂上さん1人だったから十分なデータが採れたとは言えませんが、現状を分析して立てた仮説と対策が大当たりしました。最高速度問題は解消してサスペンションセッティングの方向性も見え、やっとスタートラインに立てた気がします。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=2814


筑波スーパーバトル2014 〜 失敗しても謙虚になり、また挑戦しよう 〜

[2814] asm

Next >> [高周波音と使い勝手を調和させた排気管]
Back >> [古き良き伝統の継承]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.