S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
にじみ出るレースエンジニアの凄み
Type-S+ASMドライカーボントランク
見た目で分からない大進化
ギクシャク解消グッズ
感動忠実再現へ。
Entry Archive
Search
Login
ASMの強みを生かしたチューニング 2018/01/17(Wed) 15:56:47
180117_RD1_.jpg


2/24(土)のAttack -2018- Tsukuba Championshipに向けて、床下空力パーツを改良します。筑波スーパーバトル2004から14年間製品版リヤディフューザーを装着していましたが、2005年以降片側75mmワイド化に対応したホイールオフセットと少なくなったリバウンドストロークにより、アルミパネル分のディフューザー面積を拡大できると考えました。


180117_RD2_.jpg
180117_RD3_.jpg
180120_RD_.jpg


手持ち道具を使い、アルミパネルに樹脂を染み込ませたドライカーボンシートを5枚積層&真空引きして、ディフューザー延長パーツを製作します。良くても悪くても0.1秒変わるチューニングではないので事前テストなしで採用しますが、確実にサスペンションアーム周辺の整流に効果があるでしょう。こんな小さな空力対策をもっと積み重ねます。



180116_F00_.jpg180116_F2_.jpg


超々ジュラルミン牽引フックの撤去に伴い、純正牽引フック取付部を撤去して1,030g軽量化しました。牽引フックは軽量でシンプルなトーストラップタイプに変更し、新山下Home'sで購入したL字材からトーストラップ牽引フック固定パーツを製作したところ、わずか280gになっています。


フロントも超々ジュラルミン牽引フックを撤去に伴い、シャーシの基本性能に関係ない重量1.4kgのレインホースGTをそのまま使うか外して軽量化するか意見が分かれ、金山・阿部は外したいしチーフエンジニア坂上さんは残したいと考えました。目標タイムも大切ですが、筑波スーパーバトル本番を見越したテストにしなければいけません。2号車のエンジニアリングを担当した市川さんの見解も聞いて決めました。解決した電動W/Pトラブルの原因と同じく、ASM Blogに理由は書きません。Attack筑波でバンパー開口部を見て確認して下さい。


<判断背景まとめ>

 ・Sタイヤ2号車とラジアル1号車は基本的に同じボディ補強をしている。
 ・ラジアル1号車にSタイヤを履くのは実質的に初めて。
 ・295/30-18へのタイヤサイズ変更に伴い車高が上がってダウンフォースが低下する。
 ・装着すると、最先端部を連結してねじり抑制の効果はある。
 ・取り外すと、最先端部で1.4s軽量化できる。
 ・Sタイヤ2号車にはレインホースを装着していなかった。
 ・Attack筑波は56秒台が目標だけど、貴重なテスト機会として無駄にできない。



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3471


真実に物差しを当てる力


[3471] asm

Next >> [トーストラップでやる気満々]
Back >> [dbaをいち早く導入]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.