ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
プーリー比と重量の関係
S2000向け CFRP製品について
ASM with G.T WORKS, TODA RACING and SACLAM
ASM I.S.Designエアロボンネット(S2000)
CIVIC TYPE R(FK8)ボンネット 進捗状況
Zircotecコーティング 2021年価格改定されます。
Entry Archive
Search
Login
ASM筑波スペシャル2008 −トラクション&エアロダイナミクス− 2008/12/11(Thu) 18:03:08
1210 sre DSC_0751.jpg
1210 advan DSC_0724.jpg


サスペンション関連では、ダンパーをザックス2WAYからザックス3WAYに変更しました。空力を生かすために余計な姿勢変化は極力抑えたいのですが、ハイスピード側の調整では対応しきれない領域をカバーしてくれたので、投入したメリットが大きかったです。時計に確実に繋がる速さには直結しませんが、安定したタイムを刻む上で大きな武器になりました。今年採用した調整式フロントスタビライザーは、バネでは大きく変わり過ぎる場面でのアジャストに力を発揮してくれました。SRE 3WAY・DREXLER LSDの投入とエンジントルクの向上でより細かなアクセルワークに対応できるようになった2008仕様には有効な武器になりました。

タイヤはADVAN A050を装着しました。開発段階からテストに関与してきましたがA048と比較してトラクション性能が格段に優れているので、エンジンパワーとサスペンション・駆動系のリファインがより効果的に表れます。また、今回は朝1本目のアタックに最適な走行枠が30分だったので、ニュータイヤを3セット投入して3アタックする予定でした。それに合わせて3セット同時に温めることができるタイヤウォーマーを用意して万全の体制だったのですが、天気にはさすがに勝てません。

空力面ではそれ程大きな変更点はなかったです。リヤインナーフェンダー内の整流をするなど小規模の変更に止めましたが、エンジンパワー・トラクション・ブレーキを含め過去最高のレベルに全ての要素をバランスさせることができました。各部を細かく見ていくとやれる要素はありますが、2004年を実質のスタートとするとわずか5年でこのレベルに到達できたことは自分自身でも驚きです。協力してくれた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。


We changed the suspension from SACHS 2-WAY to SACHS 3-WAY. We didn’t want to change the position due to the aerodynamics. There was a huge advantage especially in high speed range. It didn’t help with the time directly but, it helped with the time constantly.
The adjustable front stabilizer that we started to use this year helped adjust in situations where the springs starts to move big. More delicate control with the accelerator due to the SRE 3WAY, DREXLER LSD and the improve torque from the engine. This was our most effective weapon for 2008.

For the tires we are using the ADVAN A050. from the beginning of production we where using the A048 and to comparing the two, the A050 performance has improved. It shows even more with the refine of the engine power, suspensions and with the drive train.
For this mornings first attack, we only had one slot of good run which only had thirty-minutes so we brought in three brand new tires and three sets of attack. We brought in the tire wormers to prepare but the weather wasn’t good.

We didn’t change that much with the exterior. Just one small changes with the rear inner fender to help with the aerodynamics. The engine power, traction and the brakes have each reached at td the highest level ever and well balanced.
There is more details to look into but since 2004 and only five years since then I my self could not imagine where we are today with the car. I would like to thank everybody who corporate with this.



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=937#myu937


KING教授、三重大学風洞実験室でKYぶりを発揮しました


[937] asm

Next >> [ASMカレンダー2009]
Back >> [ASM筑波スペシャル2008 −BRAKING MEISTER ZONE−]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.