S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
さらに魅力を放ち蘇るAP RACING
オイルレベル出しに見るタイムアタックの本質
heat management
トーストラップでやる気満々
ASMの強みを生かしたチューニング
dbaをいち早く導入
Entry Archive
Search
Login
Suzuka de I heart Honda. 2010/02/20(Sat) 20:24:02
100220 suzuka1 IMG_8095.jpg



鈴鹿サーキットで開催されたI Heart Hondaに参加してきました。半年振りの2号車、2年ぶりの鈴鹿と言うことでぶっつけ本番の走行ですが、DVDホットバージョンの収録が主な目的なので問題なし。ドライバーはいつもの加藤寛規選手です。



100220 suzuka2 IMG_8363.jpg
100220 suzuka3 IMG_8785.jpg
100220 suzuka4 IMG_8340.jpg


・・・と思ったのもつかの間、すごいタイムスケジュールに驚きました。朝1本目の走行枠、時間にして13分でいきなり全開タイムアタックです。加藤選手はこの3日間GT合同テストで紫電で鈴鹿を走りまくっていたし、この1年間、1号車で富士と筑波を走りこんでいるので、2号車がどんな車かすっかり忘れてしまっています。その条件下でアウトラップ後計測3〜4周目に全開タイムアタックしなければなりません。結局タイムは2分15秒でベストの4秒落ちでした。それでも最後まで感覚を思い出すことができていなかったそうです。

その後の走行枠の中で数ラップ確認走行をして、あちこちで車に詰まりながらも2分14秒台、クリアなら2分12秒台には確実に入るようになった状態で3LAPバトルに入りました。エントリーしているのは全部で4台。Sタイヤ装着でV6ターボエンジンを縦置き搭載したエスプリNSX、スリックタイヤを履いた5ZIGEN S耐NSX、同じくスリックタイヤを履いたTRACY SPORTS S耐NSX、Sタイヤ装着のASM筑波スペシャル2008です。



100220 suzuka5 IMG_8391.jpg


ところがこの3LAPバトルがグダグダで・・・ガス欠、エンジントラブルでバトルになりません。ファイナルラップは加藤寛規選手の一人旅だったのですが、誰もついてこないので不安になって?アクセルオフ(汗)。のんびりゆっくりゴールしました・・・。完全に貸切状態だったので、どうせだったら全開アタックして2分11秒753を塗り替えれば良かった。ドライバー無線を装備していなかったことをすごく残念に思いました。そんなわけで今回の3LAPバトルはボツ企画になる可能性大、残念無念です。



100220 suzuka6 IMG_8298.jpg



ただひとつ嬉しかったのは、ドリキン土屋圭一さんが「加藤のS2000、やっぱりメチャクチャ速いな。S字でこっちが曲がれずにいる時でも簡単に向きを変えて全開で走れている。」と驚いてくれたことです。前回春の筑波ではあっという間に前に出られてコーナーでの速さを知ってもらえなかったけど、今回は鈴鹿の前半セクションで倍のパワーがある車を引き離していくコーナーリングスピードを見せることができました。パワーのある車を軽量化とダウンフォースが産み出すコーナーリング&ブレーキング性能で追い詰めるNAチューニングカー、それが僕が理想に掲げるS2000なのですが、それが十分に達成できていることに満足できました。



ドライバー:加藤寛規選手
チーフエンジニア:市川さん(SUCCEED SPORTS)
チーフメカニック:八田さん
メカニック:柴田さん(PROKIDAI)・大木(ASM)
エンジン:矢野さん(TODA RACING)
写真:楜沢アラタさん



We went to Suzuka to enter I Heart Honda. It’s been half a year with car no.2 and it’s been two years when we last drove car no.2 at Suzuka. The main thing for us was the DVD shoot for Hot Version. The driver is our usual Katoh Hiroki. Even thought its going to be without any rehearsal, there shouldn’t be any problem.

That is what I thought at the beginning. I was surprise after I check the time schedule. We only had one session in the morning for test run which only had 13min. Katoh was already at Suzuka doing the GT joint test for the past three days with Shiden, this past one year we mostly did the test with car no.1 at Fuji and Tsukuba so Katoh needed time to get used to the car. Under these circumstances, after the out lap we had to do a time attack on the third or fourth lap which the time was 2min15sec, 4sec slow then our best. He couldn’t get the feeling of the car back in time.

Within that few laps we could only do the test check run, getting stuck behind many other cars. If we had a clear lap, I am sure the car will run at 2min12sec. And so the 3lap battle started. 4cars in total entered the battle. ESPRIT NSX which has a V6 turbo charged longitudinal engine with an S-tire, the 5ZIGEN S-Tai NSX which has the slick tires, TRACY SPORTS S-Tai NSX which also wears an slick tire and our ASM Tsukuba Special 2008 with s-tire.

But this three lap battle was a total mess… one car ran out of gas, one had engine trouble, the gap was too much that it wasn’t really a battle. In the final lap it was our car with Katoh Hiroki just cruising back by him self. He was a bit worried that no body was behind him that he slow downed but ended finishing by him self. We had the opportunity having the whole track to our selves and could at least try a full time attack. Next time maybe we will have a transmitter on the car. We could have gone faster then our time record of 2min11, 753 sec. So, the 3LAP battle might go to the bin, unfortunately.

One thing I was happy to hear was Tsuchiya mad a comment about our S2000 and was surprise with how fast the car was and how the car turns at full speed. At the last battle at Tsukuba we couldn’t really show our cars performance against these high powered cars but at Suzuka this time we manage to pull away from these cars which has more than doubled the power then ours at the first section with the corners. Chasing these high powered cars with a light weight, massive down force, high speed cornering and by braking performance. These is what the ultimate S2000 should be and I manage to show this today and so I am very satisfied.


Driver: Katoh Hiroki
Chief Engineer: Ichikawa-san (SUCCEED SPORTS)
Chief Mechanic: Hata-san
Mechanic: Shibata-san(PROKIDAI) Ooki(ASM)
Engine: Yano-san (TODA RACING)
Photos: Kurumisawa Arata-san



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=1403#myu1403


I heart Honda!!2009薫風


[1403] asm

Next >> [日曜日夜、横浜中華街にて]
Back >> [リフレッシュメンテナンス]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.