S2000・86・RECAROのある自動車生活−ASM Blog−

   S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
NDロードスター
Book Mark
ASM
ASM公式facebook
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
決まったルールがないホイールデザイン
日本のスポーツカーを、さらなる高みに。
S2000のデフを知ることで、86/BRZのことが見えてくる
東京オートサロン2017
空力性能がもたらすリスクにも括目
REVSPEED取材
Entry Archive
Search
Login
決まったルールがないホイールデザイン 2017/01/18(Wed) 15:05:16
170118_BBS2_DSC_9991.jpg



筑波SUPER LAP 2016で、ラジアルNA最速タイムを記録した時のASM S2000です。

ASM S2000と言えば、TODA RACINGエンジン・SACHSダンパーと並んでProdriveホイールのイメージですが、今回のタイムアタック本番ホイールはBBS、その中でも田中ミノルさんがタイムアタックのためにプロデュースしたCLEAR WAYS BBSをテストしました。2003年以来ずっとProdriveだったから、皆さんが考える以上にASM金山にとっては重大な変更と言えるかもしれません。

加藤寛規選手が初めてASM S2000筑波スペシャルを見た2004年、TODA RACING・D-DREAM・SACHS・AP RACING・CHALLENGEなどS-GTレース現場で見知ったチーム体制に驚いた時、「あれ?ホイールはBBSじゃないんですね?」と不思議そうだったことを今も覚えています。この時からずっと頭の片隅に存在していたBBS社のレーシングラインで、ASMオリジナルホイールを企画することになりました。



170118_BBS_DSC_9991.jpg



「スポークがここまで伸びていたら格好いい」とか「やっぱりディープリムだよね」とか、プロデザイナーでも全員の要求は満たせないから、絶対的基準がないデザイン要素は一切考えません。追い求めるのは数値、田中ミノルさん監修の元、要求する剛性/強度要件を満たした上で、物理的最軽量を目指します。


ASM CLEARWAYS BBS  予定価格 518,400円/4本 <税抜価格 480,000円/税額 38,400円>

 * サイズ:18inch×9.5J +50 5H/114.3
 * カラー:DBK(ダイヤモンドブラッククリア)
 * ASM I.S.Design前後ワイドフェンダー装着車向け
 * ASM AP RACINGブレーキキット適合
 * 2017年9月発売希望
 * 写真は18inch×10.5J +20です。新製品とは形状が異なります。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3259


元祖筑波SUPER LAP 2016


日本のスポーツカーを、さらなる高みに。 2017/01/16(Mon) 11:44:41
170115_Z33_SACLAM_DSC_9963.jpg



週末のASMは、去年以上に東京オートサロンついでに立ち寄ってくれた外国人のお客様で大混雑でした。大人気だったのは6脚も持ち帰りで売れたRECARO RS-G ASM LIMITED Ruby、S2000・インテグラ・NSX用のASM KAROマット Rubyなど横浜ASM限定商品の他、HONDA OEM SHIFT NOBコーナー・ASMジャン・ASM T-シャツ・ZOOMモナコミラーなど、他店では品揃えでお迎えしたので、日本に来て、わざわざ横浜に立ち寄ったことを楽しんでもらえたのではないでしょうか。


また先週は、年末から引き続きSACLAM週間でもありました。千葉県からコペンで来てくれた若いオーナーさんに続いて、都内からZ33オーナーさんがご来店になり、3ヶ月じっくり検討した結果「買って後悔しない最良の製品を手に入れたい」との結論が出て、SACLAMサイレンサーキットを選択です。ぜひSACLAM宇野さん推奨のエキゾーストマニホールドを装着して下さい。作り手が目指した音と性能を手に入れるために。


■SACLAM Z33 SILENCER KIT  228,960円 <税抜価格 212,000円/税額 16,960円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3258


オートサロン時期の横浜と海外


S2000のデフを知ることで、86/BRZのことが見えてくる 2017/01/15(Sun) 10:03:30
170112_BRZ_DREXLER_DSC_3744.jpg



世界で初めて、ASM DREXLER LSDをご成約/装着しました。

オーナー様はとてもこだわって取付パーツを選定されており、RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby・Syms ZFダンパーキット・MAXIM WORKSエキゾーストマニホールドに加えて、ASMが実走テストしたDREXLER LSDと、WPC処理したファイナルギヤ・DREXLER指定のRAVENOLギヤオイル・歯当たりを維持するディスタンスカラーの組み合わせです。



170112_86_DREXLER_DSC_3744.jpg



DREXLER LSD標準品はON:70/OFF:60−ON:60/OFF:50の切替式ですが、ASM仕様はON:60/OFF:50を基本セットとしてON:50/OFF:40と効きが強い方向に調整幅を持たせています。機械式デフのランプ角と効き具合の関係はランプ角のタンジェントの逆数に比例ですので、数字で表すと以下の様になりました。


<S2000>

ランプ角  効き具合
40     1.19
50     0.84
60     0.58


<86/BRZ> フリクションディスクの枚数がS2000の1.5倍

ランプ角  効き具合
40     1.79
50     1.26
60     0.87
70     0.55




数字が大きい方がよく効きますが、効き具合を比べるとS2000 50/40≒86/BRZ 60/50と言えます。

NAにこだわるなら基本セット60/50、過給機パワーに対応するなら50/40がベストかもしれません。


ASM DREXLER LSD(86/BRZ)  420,120円 <税抜価格 389,000円/税額 31,120円>
■ASM ファイナルギヤセット  81,000円 <税抜価格 75,000円/税額 6,000円>
CUSCO ディスタンスカラー  7,560円/L <税抜価格 7,000円/税額 560円>
RAVENOL Racing Gearoil  5,400円/L <税抜価格 5,000円/税額 400円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3257


ASMフェア北海道シリーズで得た教訓 −スピードよりコントロール!−


東京オートサロン2017 2017/01/14(Sat) 11:38:31
160114_TAS_RECARO_DSC_1081.jpg




東京オートサロンRECAROブースを訪問しました。



160114_LASSIC_7_DSC_1040.jpg
160114_LASSIC_7F_DSC_1040.jpg



2017年4月発売予定の新製品 SR-7 LASSIC 2/SR-7F LASSIC 2です。4色の本革+座面と背もたれのグラスメッシュを基本に、シート後方には黒合皮を組み合わせてあり、赤と黒の赤Wステッチ、アクアブルーっぽい新色青とアイドリーのシルバーWステッチには8番糸を採用して、とても色鮮やかでした。

新モデルとして、SR-7FとLX-Fに待望のアームレストも設定されます。アームレストの大きさや位置だけではなく、アームレストを起こした時の後部座席からの見え方やアームレストを動かした時の表皮の摩擦音まで考慮した構造でした。SR-7F/LX-Fのアームレスト対応モデルは3,240円アップです。


■RECARO SR-7/SR-7F LASSIC 2  146,880円 <税抜価格 136,000円/税額 10,880円>
■RECARO アームレスト  10,800円 <税抜価格 10,000円/税額 800円>



160114_GReen_SS_DSC_1024.jpg
160114_GReen_LASSIC_DSC_1028.jpg



2017年春の限定色・緑(GREEN)がSportsterとLASSICに設定されます。特にLASSICは限定数がSR-7/7F合計200脚とわずかで、お客様以上にASMが何脚確保できるかが問題です。もしかしたら「黄緑なら何でもいい」森田KINGが、仕事用ハイエースにSR-7F LASSIC GREENを左右セットで装着するかもしれません。



160114_TAS_RECARO_2_DSC_1081.jpg



東京オートサロン2017は明日17:00まで開催されています。年々来場者数が増えてRECAROブースが休憩室になる風景が目に浮かびますが、新色に興味があるお客様は、1日でも早く決断するために実物を見ておくことをお薦めします。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3256


秋冬でもグリーン


空力性能がもたらすリスクにも括目 2017/01/12(Thu) 11:53:20
170112_Rear_DSC_9908.jpg



I.S.Designサイレンサーキット2専用形状のリヤディフューザーを装着しました。

価格と性能のバランスを考慮するとWET-CFやFRPモデルが有利ですが、ASMでは安全性を最優先してCFRP製だけを設定しています。床下空力パーツが体感できる程の性能を発揮している場合、ダウンフォースで下方向にディフューザーが引っ張られます。縁石にぶつけて取付点が脆くなると、設計通りの取付強度は維持できません。


万が一高速走行中に落下すると、後続車両のAピラーを切断する重大事故に繋がる可能性もあります。ASM床下空力パーツは残念ながら体感できますので、CFRP製に限定した意味をご理解の上装着して下さい。


ASM I.S.Designリヤディフューザー(CFRP)  324,000円 <税抜価格 300,000円/税額 24,000円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3255


空力パーツの可能性


REVSPEED取材 2017/01/11(Wed) 10:54:06
170110_REVSPEED_DSC_9859.jpg


昨日はREVSPEED誌の取材でした。筑波SUPER LAP 2016でラジアルNAレコード58秒927を記録できたポイントは17.5kgの軽量化と低重心化でしたが、特に大きかったのは、出力数値だけではなく13kg以上軽量化することで運動性能を向上してタイム短縮を実現した、戸田レーシング島田さんのエンジンデザインです。軽量化と引き替えに失ったレスポンスを補完するため採用した部品や、軽量化に貢献したASM新製品群も紹介しました。

開店早々から始まり終わったのは夕刻、ASMに入庫していたお客様車両を撮影したり、ASM 86に装着したI.S.Designサイレンサーキット86の排気音を聴いてもらいながら86/BRZオーナーさん達に魅力を伝える方法を相談したり、とても充実した時間を過ごせました。取材があるとピットが綺麗になります。今週末開催される東京オートサロンの帰り道、首都高湾岸線新山下ランプを降りてすぐのASMにもお立ち寄り下さい。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3254


取材でした


進取の気性に富んだ世代 2017/01/07(Sat) 16:06:56
160107_Liberte_IS.ME_DSC_9801.jpg


* 進取(シンシュ)とは  みずから進んで物事に取り組むこと。「進取の気性に富んだ人」


ASM S2000の本革内装を手掛けてくれた、東京渋谷IS.MEの泉社長がご来店です。

「手掛けてくれた」と過去形なのは、今までIS.ME社が受注してきた本革内装パーツ製作を2016年12月末納品分で終了したからです。新しいIS.MEは、これまでと違う形で継続するとのことでした。こんな事情で去年秋頃ASM original Partsページから本革内装パーツを削除していましたが、本革張替え・デザイン38年の名門IS.MEによるS2000内装パーツ最後の数点を、後日ASM Blogに掲載します。事前の在庫確認/予約は受け付けません。


■ASM 本革ドアグリップ   77,760円 <税抜価格 72,000円/税額 5,760円>
■ASM 本革シフトブーツ  27,000円 <税抜価格 25,000円/税額 2,000円>
■ASM 本革ハンドブレーキグリップ  34,560円 <税抜価格 32,000円/税額 2,560円>
■ASM 本革センターアームレスト  32,400円 <税抜価格 30,000円/税額 2,400円>



160107_Liberte_F11_DSC_9801.jpg


過去のASM Blogでおなじみ横濱反町リベルテは、2016年12月末で閉店しました。本牧MOONEYES菅沼社長と知り合ったお店です。車好きのマスター神谷さんから、『車好きが集まるASMに飾って欲しい』とHONDA F1の新聞広告・BUGATTIラジエター・OPEN看板などを譲り受け、ASM店内各所に展示しています。



160107_Liberte_F12_DSC_9801.jpg



38年続いたIS.ME泉社長と37年続いたリベルテ神谷マスターは同世代で、2016年がひとつの区切りになりました。40年自分らしくあり続けるのは簡単ではないけど、2人が『新しい形で再スタートするから』とプレゼントしてくれた型紙やパネルは、ASMが受け継ぎます。何かあったら、これからも相談させて下さい。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3253


12年目の挑戦


  Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]