S2000・86・RECAROのある自動車生活−ASM Blog−

   S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
NDロードスター
Book Mark
ASM
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
迫る「2016年タイムアタックシーズン」の始まり
理想のRECARO装着例
REVSPEED誌 取材
ASMを探す地図 2016
リチウムバッテリーと一緒に手に入れたい物
強固なスチールバーに囲まれたコクピット
Entry Archive
Search
Login
迫る「2016年タイムアタックシーズン」の始まり 2016/06/29(Wed) 11:39:27
160629_ASM_DSC_4987.jpg



ASM S2000タイムアタック号2016年7月富士テスト課題は<タイヤサイズ選択>です。最大限の接地面積を考慮して去年実績がある295/30-18か、インナーフェンダー内の干渉軽減と軽量化を狙って285/30-18に変更するか判断します。



160629_TODA2.4_DSC_5005.jpg



今年は<もっと軽く、もっと低く>をテーマにウェットサンプに戻した新エンジンを製作中ですが、7月富士テストはドライサンプのスペアエンジンで走ります。先日戸田レーシング島田さんと電話で話したところ、軽量化した新型クランクシャフトや強化イグニッションコイルにも開発目途が立っていました。



160629_Ruby_DSC_5015.jpg



もう1つの課題は<シート合わせ>です。Pro Racer SP-AからRS-G ASM LIMITED Rubyに変更したところ、理論的には着座位置が下がるはずなのにシェル底面と車体フロアパネルの干渉して下がりません。角度・座面・実際の測定値など客観的データを収集して判断し、加藤寛規選手ワンポジションに合わせます。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3131


シンプルなウェットサンプを、タイムアタックで使いこなしたい。


理想のRECARO装着例 2016/06/28(Tue) 15:13:52
160628_861_DSC_4958.jpg
160628_862_DSC_4958.jpg


今週末開催されるSAサンシャイン神戸SACに向けて、ASM 86のシートを変更しました。

選択したモデルは横浜ASM 1店舗限定販売モデルRubyです。黒アルカンターラ、純正内装と似合う色鮮やかな赤Wステッチ、メタル調塗装の内装パーツとマッチする銀糸のRECARO&ASMロゴ刺繍が特長のこのモデルを企画した2010年夏、想定していた装着人気車種は発売開始前の86/BRZだったから似合わないわけありません。


RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby  164,160円 <税抜価格 152,000円/税額 12,160円>
RECARO SR-7 ASM LIMITED Ruby  164,160円 <税抜価格 152,000円/税額 12,160円>




86から外したRECAROシートをS2000松島2号車に仮取付したところ・・・、



160628_S1_DSC_4961.jpg



・・・ジャストフィットしました・・・。

ヘッドレスト先端部は無限ロールバーと同等の高さなので、純正ロールバーだと少し出るかもしれません。逆に無限ロールバー装着車だと最後方スライド時にロールバーとカーボンシェルが干渉しました。電動リモコンの置き場所に悩むSP-JCや、リクライニングするためにドアを開けてダイヤルを回さないといけないSR-7とは違い、SP-Xはドアを閉めたまま電動リクライニング操作可能で、視点の高さは純正シートと同等です。

S2000松島2号車の助手席はSP-X Avant CL210に決定です。ASMフェア北海道シリーズに遊びに来た彼女が座った瞬間思わず笑顔になった座り心地、アイポイントや操作性が気になるS2000オーナーさんはASMに来て座って確認し、世界で最初に左右セット装着して下さい。


RECARO RS-G SuperStark "NU"  127,440円 <税抜価格 118,000円/税額 9,440円>
RECARO SP-X Avant CL210  799,200円 <税抜価格 740,000円/税額 59,200円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3130


リバウンドスプリングの使い方


REVSPEED誌 取材 2016/06/28(Tue) 11:39:05
160626_REV_DSC_4931.jpg



編集部スタッフがコツコツつくり上げる編集部連載車マーチnismoに、RECAROシートを装着しました。

フルバケットシートRS-Gの中からモータースポーツ志向と車体カラーとのマッチングを考慮しつつ選択したモデルは、横浜ASM 1店舗限定販売モデルRubyです。担当ライター竹内さんとASMメカニック坂上さんは、以前一緒に働いていました。ヒントが紹介されるかもしれないので、2016年9月号の記事を楽しみにして下さい。


RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby  164,160円 <税抜価格 152,000円/税額 12,160円>

・ JAF公式レースにも使用可能なFIA公認モデル。
・ ホールド性、耐久性、質感が高いブラックアルカンターラと赤Wステッチの組み合わせ。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3129


nismoとS2000の不思議な関係


ASMを探す地図 2016 2016/06/26(Sun) 10:44:23
160625_MAP.jpg



3年ぶりに<ASMを探す地図>を書き直しています。

横浜中華街で肉まん食べ歩きもいいし、みなとみらいや元町でショッピングもいいし、港の見える丘公園近くのカフェを楽しむのも気分が出ますが、また横浜に来たくなる<食>をまとめました。時間帯によって5分に1本出ているバスを使えばもっと行動範囲が広がります。作業待ち時間も含めたASMを楽しんで下さい。




Sisiliya(シシリヤ)

横浜に来たら絶対に食べて欲しい老舗ナポリピッツァ専門店です。<フンギスペシャル>と、水牛モッツァレラを使った<マルゲリータDOCビアンカ>が特にお薦め。予約必須、予算3,000円

TEL:045-671-0465
定休日 日曜日
営業時間 17:00〜25:00(生地売り切れ次第終了)



Pancake Ristrante(リストランテ)

パンケーキ専門店。オリジナルホイップクリームのパンケーキがお薦め。併設のリストランテDogはカジュアルな雰囲気でワンちゃんも入店可。ASMから徒歩10分、予算2,000円

TEL:045-663-9044
定休日 不定休(火曜日が多い)
営業時間:平日10:00〜19:30(L.O18:30)土日祝9:00〜19:30(L.O18:30)



Cafe Elliott Avenue(エリオット アベニュー)

山下公園前・人形の家1Fにあるカフェ。日本で唯一、シアトルから直輸入したコーヒー豆・VIVACE(ヴィヴァーチェ)を使ったカフェラテがお薦め。ASMから徒歩10分、予算1,000円

TEL:045-664-5757
定休日 月曜日(祝日の場合は振替)
営業時間 11:00〜19:00



日本茶専門店 茶倉(SAKURA)

元町から代官坂を少し登った所にある、日本茶・豆腐専門店。豆腐ハンバーグ・ほうじ茶パフェ・玉露がお薦め。お茶農家さんとの関係を聞くと、ASMの物作りと似ていました。ASMから徒歩15分、予算1,500円

TEL:045-212-1042
定休日 月曜日(祝日の場合は振替)
営業時間 11:00〜19:00



活魚 千葉屋(Sushi Bar CHIBAYA)

新山下で創業90年以上の魚屋さん。刺身盛り合わせ定食・アジフライ定食が人気メニュー。ランチはご飯なくなり次第終了なので、13:00までに入店して下さい。ASMから徒歩1分、予算 1,500円

TEL:045-622-7266
定休日 日曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
営業時間 11:30〜13:30頃 18:00〜22:00頃



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3128


おいしいピッツァが食べたい


リチウムバッテリーと一緒に手に入れたい物 2016/06/25(Sat) 15:42:30
160625_kuma_DSC_4888.jpg


リチウムバッテリーにお薦めのキルスイッチを装着しました。ALIANT純正カットオフスイッチなら一定放電量に達した時点で自動的にキルスイッチが働いて安心なのですが、価格は10倍するし高さの関係でASMサーキットオイルキャッチタンクとの併用できないので、マイナスターミナルに追加する本製品を選択です。


バッテリーマイナスターミナル キルスイッチ  1,620円 <税抜価格 1,500円/税額 120円>

  * ASMサーキットオイルキャッチタンク2セットに装着する場合、ALIANT純正端子が必要です。
  * G.T WORKS GENROMと併用する場合、ASMまで注意事項を確認して下さい。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3127


「まだ大丈夫」との油断は禁物


強固なスチールバーに囲まれたコクピット 2016/06/24(Fri) 15:31:00
160624_OKUYAMA_DSC_4867.jpg


サーキットスポーツ走行を安心して楽しむため、ダッシュボード貫通タイプのロールケージの中から廃盤になった無限製と同一形状のOKUYAMA製を装着しました。Aピラーカバーができない・ルームランプがなくなる等デメリットもありますが、安全性はかなり高まるし取付精度が良くて無限オプションパーツの内装カバーも流用できるので、サーキット派ユーザーにお勧めしたいロールケージNo.1商品です。

OKUYAMA ロールバー6P (無限同一形状)   149,040円 <税抜価格 138,000円/税額 11,040円>
無限 ロールバーカバー  30,240円 <税抜価格 28,000円/税額 2,240円>

* 参考作業時間 10.5H ロールバー取付・ダッシュボード脱着加工含む。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3126


夢のS2000パーツ、CHALLENGE・TODA・無限を大人買い


北海道では常に仕事、もちろん移動は全てS2000 2016/06/23(Thu) 12:48:37
160623_Adaptronic_DSC_0295.jpg



ASMフェア北海道シリーズ後半戦の主役は86でしたが、S2000向けパーツ開発にも取り組みました。

Adaptronic ECUのGENROM ASM SPL.データ実走セッティングです。当初の松島さんの評価は「ローカム側100点/ハイカム側110点」でしたが一般的なフルコンと比較しての話なので、純正ECUのGENROM ASM SPL.データを基準にASMらしくセッティングし直さないといけません。

早朝から機材準備をして、朝一の完全冷間始動時の状況を確認するため九州大分の源さんを電話で起こして端末同士を通信させ、北海道にある松島号のAdaptronic ECUを遠隔操作してエンジン始動〜街乗り領域を現車セッティングしました。助手席に乗っているだけでも、音と振動が減って純正ECUベースのようなスムーズさになっていく様子が分かります。今回は松島さんから、「100点」ではなく「70点」と言う現実的なコメントを聞けました。7月は「ローカム側90点/ハイカム側110点」を狙って、実走セッティングを継続します。


160623_AdaptronicECU_DSC_0295.jpg


■Adaptronic GENROM ASM SPL.データ+専用ハーネス 378,000円<税抜価格 350,000円/税額 28,000円>

 * 2016年9月5日発売開始予定。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3125


もう一歩S2000に踏み込むための制御パーツ


  Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]