ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。


Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
不正改造車の受け入れに関するガイドライン改定のお知らせ
Shibatire presents Attack Tsukuba 2024
【価格改定のお知らせ】ASM スロットルスペーサー
最後の選択、ASM I.S.Designサイレンサーキット
ASM I.S.Designサイレンサーキット
ラップタイム更新のための摩材変更
Entry Archive
Search
Login
2024年1月 富士テスト シェイクダウン 2024/01/17(Wed) 10:16:01
240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_1.jpg


4年前のAttack Tsukuba 2019で『引退』していたASM S2000 1号車でのタイムアタック活動を再開しました。@会社組織に14年ぶりの大変更があったこと、A過去2年で店舗人員が安定しなかったことへの対応に手間取り、当初想定より8か月遅れのシェイクダウンです。戸田レーシング・チャレンジ・サクシードスポーツ・ZF(Sachs)・HYPERCO・ZONE・AP Racingなど、16年前2007年に完成した車両とほぼ同じパッケージが、現代のタイムアタック業界でどこまで通用するのか、楽しみと不安が入り混じっています。


240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_2.jpg
240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_apracing.jpg
240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_3.jpg


エンジン・ハブ・ドライブシャフト・プロペラシャフトのO/HやAP Racingブレーキキット新品交換などのメンテナンスリフレッシュだけではなく、ASM Ball Joint・ASM タイロッドエンド・ASM トーコントロールアームセット採用に伴うアライメントセッティング、Fluidampr Crank pulleyの採用、新型リヤウィングの採用、シャーシハーネスの新規製作やセンターフロアの不要箇所切除による軽量化など、ASM S2000 1号車を再生するのは予想をはるかに超える手間・時間・コストがかかりました。今回の再生作業に伴いEPSユニットが壊れる症状が再発して、シェイクダウンは電動パワステが作動していません。


240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_3.5.jpg
240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_4.jpg



1ヒート目は、走行して熱・振動が加わらないとブレーキキャリパーからエアが抜けなかったり、丁寧に保管していたつもりですがリチウムバッテリーSuper Bが放電してしまったり、シェイクダウンらしいトラブルが多発しましたが、2ヒート目・3ヒート目は筑波を想定した車高調整・リヤウィング角度調整をして、台風のような強風が吹く中で2015年3月富士テストで記録したタイムを大幅に上回る1分50秒1〜3をコンスタントに記録し、まずは順調に滑り出しました。次回は2/16(金)前日テスト→2/17(土)Attack筑波と言うぶっつけ本番予定ですが、雨とか電動パワステ問題とか激変した操縦特性の効果とか、テストで確認する課題は山積しています。



240116_fsw_s2000_attacktsukuba_asmyokohama_hirokikaroh_ginzagarage.jpg


オーストラリアで開催されるワールドタイムアタックのことを良く知るGinza Garageの2人が、ASM Stadium Jacketを着てASM S2000 1号車がシェイクダウンする様子を見学していました。良く言えば少数精鋭、多分想像の1/4規模でこじんまりテストしているにも関わらず、発生するトラブルを淡々と乗り越えてテストメニューを消化する風景は、彼らの目にどんな風に映ったのでしょうか。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4427


[4427] asm

Next >> [ラップタイム更新のための摩材変更]
Back >> [Customer from Korea!!!]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.