ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
2019 第30回 REVSPEED筑波 スーパーバトル 参加表明!
ASM S2000 Xmasセール 2019
REVSPEED筑波スーパーバトル2019 セットアップデータ
値上げ前最終ロット
塗装前の仮装着確認
田中へ 〜Dear Tanaka-san,〜
Entry Archive
Search
Login
SEV移設、Sabelt追加、RECAROシート変更 2019/11/27(Wed) 12:49:27
191126_asmyokohama_s2000_rt_.jpg



ASM S2000 R/T号に1号車のSEVを移設し、助手席レカロシートを変更です。


191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_E_.jpg191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_ECU_.jpg
191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_W_.jpg191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_F_.jpg
191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_4_.jpg191126_asmyokohama_s2000_rt_SEV_R_.jpg


アルミやチタンボルトナットまで採用するなど、徹底的な軽量化をした1号車に装着してAttack筑波2019に臨んだ、高速走行時の安定性・エンジンの吹け上がりとトルク感とパワー感に効果的なSEV製品です。空気抵抗など走行時に一番のストレスがかかるフロントバンパー最先端部内側、多数の部品で構成されており各パーツのほんの少しの劣化やロスがパフォーマンスの低下へと繋がるエンジン関連、写真を撮っていませんがホイール、バッテリー、オルタネーターに装着しました。電気的に複雑な車両だから、体感効果は大きいかもしれません。


SEV PREMIUM エンジンチューナー
SEV PREMIUM ボルテージ
SEV ヘッドバランサーF
SEV トランスコア
SEV PREMIUM ラジエター
SEV PREMIUM フォービーム
SEV PREMIUM ランズS
SEV ホイール typeR
SEV PREMIUM トランスコア


191126_asmyokohama_s2000_rt_Sabelt_.jpg
191126_asmyokohama_s2000_rt_recaro_sr7f_asmlimited_2020_.jpg


サーキット走行車に必須のフロント牽引フックはSabelt製を、助手席にはRECARO SR-7F ASM LIMITED 2020を装着です。サーキットタイムには全く関係ないですが、SAサンシャイン神戸ASMフェア時の移動でオープンカーに最適なレカロ純正シートヒーターの快適性を手放せなくなりました。


RECARO SR-7F ASM LIMITED 2020


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3862


Go Beyond the Limit.


MUGEN Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX 2019/11/24(Sun) 18:28:14
191124_mugen_s2000_asmyokohama.jpg


長野県からご来店です。S2000の定番吸気チューニングメニュー・無限エアクリーナーBOXを装着しました。ラジエター通過前の冷えた外気を取り込むことができるので、吸気温度が上がりにくくなりECUの補正を最小限に抑えます。実際の吸気温度は下がっても、吸気温度センサー位置が純正のままだと熱くなったインマニの影響を受けているので、リフレッシュを兼ねてASM SAMCOインテークホースキット装着をご検討下さい。


■無限 Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX  145,200円 <税抜価格 132,000円>  3.0H


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3861


冷えた空気を、思う存分。


その時最良の製品を、即座に採用 2019/11/23(Sat) 13:27:25
191123_s2000_.jpg


ASM S2000 チューニング号に、K-TECH EASY&SAFE 強化クラッチキットを装着しました。ASM Cluch Kit Assyと共通のカバー/ディスクに、商品コンセプト通り運転の気難しさを助長しない範囲で軽量化したフライホイールを組み合わせた製品です。


191123_s2000_ktech_.jpg
191123_s2000_todaracing_.jpg


試乗したところ、シフト操作時のアクセルレスポンスが明確に改善していました。サーキットでの速さにどの程度の影響が出るか不明ですが、反応は良くなったし軽量化は裏切らないからメリットしかないでしょう。REVSPEED筑波スーパーバトルとAttack筑波を走るASM S2000 リアルチューニング号に採用する事実が、残り2セットしか存在しない本製品をお薦めする証です。ご希望のお客様はASMまでお問い合わせ下さい。

K-TECH EASY&SAFE 強化クラッチキット  176,000円 <税抜価格 160,000円>


191123_s2000_asmyokohama_cusco.jpg


ASM S2000 リアルチューニング号にオイルキャッチタンクを装着しました。本来はラジエターサブタンク固定用ステーと共締めするのですが、ホース配管レイアウトを優先して右席前方に設置しています。オイル偏りに起因する白煙軽減のため、PCVバルブ部をキャップしました。ASM NAG内圧コントロールバルブと組み合わせれば、このシンプルな配管レイアウトでもクランク室圧力が高くなりません。

ASM ストリートオイルキャッチタンク  13,640円 <税抜価格 12,400円>
ASM NAG内圧コントロールバルブキット  49,500円 <税抜価格 45,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3860


踏力を気にせずドライブできます


K-TECH EASY&SAFE Cluch Kit 2019/11/22(Fri) 14:11:23
191122_ktech_todaraxing_asmyokohama_.jpg


千葉県からご来店になり、>K-TECH EASY&SAFE 強化クラッチキットをお買い上げいただきました。基本的にASM Cluch Kit Assyと同じですが、慣性マスを考慮した重量配分はそのままに0.28kg軽量化したフライホイールを採用したことが特長のクラッチキットで、街乗り時の扱いやすさとスポーツ走行時の反応の良さをさらに高いレベルで両立しており、S2000向けクラッチキットの決定版と言えるかもしれません。

9/5に入荷した5セットはASMがデモカーに使用する1セットを含めると完売したため、昨夜K-TECH河島さんが所有する最後の2セットをASMに売って欲しいと相談したところご承諾いただき、来週最後その2セットが入荷することが決まりました。ASM S2000 リアルチューニング号に採用する事実は最大の自信の証です。


K-TECH EASY&SAFE 強化クラッチキット  176,000円 <税抜価格 160,000円>
ASM ベアリングガイド   8,030円 <税抜価格 7,300円>
ASM レリーズベアリング   18,700円 <税抜価格 17,000円>
ASM クラッチスレーブシリンダー  13,200円 <税抜価格 12,000円>
ASM レリーズフォーク  16,500円 <税抜価格 15,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3859


ASM S2000 リアルチューニング号と1号車


ASM I.S.Design front aero bumper 04 2019/11/21(Thu) 16:38:20
191120_s2000_.jpg


CFRP製ASM I.S.Desgnフロントエアロバンパー04を装着しました。以前はFRP製を装着されていたお客様の買い替えで、リップスポイラーは流用しています。塗装工場での作業がかなり立て込んでいる関係でご注文に即時対応できないため、ご依頼から3ヶ月以上もお待たせして申し訳ありません。それにしても本製品は、数あるASM製品の中でも最も思い入れがあることを、この車を見て再認識しました。来シーズンのASM S2000 R/T号のフロントバンパーは、Type-Sからこれに変更決定です。


ASM I.S.Designフロントエアロバンパー04(CFRP)  269,500円 <税抜価格 245,000円>


191120_s2000_2.jpg


全てのAP1用ビッグスロットルの中で最高の出来だと自信を持っているASMビッグスロットルと、その性能をさらに引き出すスロットルスペーサーと、ベルト&ベアリングのリフレッシュを兼ねたプーリー5点セットを交換しています。2019-2020タイムアタックシーズンに間に合いました。


ASM ビッグスロットル(F20C)  85,800円 <税抜価格 78,000円>
ASM スロットルスペーサー  12,100円 <税抜価格 11,000円>
TODA RACING 軽量フロントプーリーKIT  64,900円 <税抜価格 59,000円>
ASM オートテンショナー&アイドルプーリーキット  36,300円 <税抜価格 33,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3858


タイムを狙って作ってきたら、その先にマスがあった。


2019年11月筑波テスト 基準タイムクリア 2019/11/19(Tue) 15:29:22
191114_tsukuba_asm_s2000_1.jpg


筑波サーキットで、ASM S2000 R/T号のテストをしました。今回からSARDスポーツ触媒に変更しています。タイムアタック向けに(騒音値的に厳しい方向に)内部構造を変更したフルTitan仕様と組み合わせて、最高出力回転数の75%=5,850rpmで計測した近接排気騒音値は94dbでした。


【セットアップシート】 2019年11月 筑波テスト

<デフ> ASM DREXLER LSD 標準ランプ角 ON:50°/OFF:40°

<ダンパー> ASM ZFダンパー3WAY
Fr. Rebound センター
Fr. Bump Hi +1
Fr. Bump Low 全閉-7ノッチ

Rr. Rebound センター
Rr. Bump Hi センター
Rr. Bump Low 全閉-7ノッチ


<スプリング> HYPERCO(パーチェ前後共1個ずつ使用)
前:レート=900ポンド(16.1kgf/mm)レングス=7インチ(177.8mm)
後:レート=900ポンド(16.1kgf/mm)レングス=6インチ(152.4mm)


<スタビライザー>
前:TypeS 純正
後:AP1-100 純正


<車高> * ジャッキアップポイント計測
(左前)98.5mm (右前)100mm
(左後)110mm (右後)111mm


<コーナーウェイト> * トラベル用タイヤホイール、GAS Full
◇ Dr. OUT 1,243.0s(前 50.02:後 49.98)
(左前)305.5kg (右前)316.0kg
(左後)316.5kg (右後)305.0kg

◇ Dr. ON 1,300.0s(前 50:後 50)
(左前)309.0kg (右前)334.5kg
(左後)327.5kg (右後)329.0kg


<ブレーキパッド>
前:ZONE 10F
後:ZONE 10F 


<ファイナルギヤ> 4.3


<オイル>
(エンジン)BILLION OILS 10W-40
(ミッション)BILLION OILS MT520
(デフ)BILLION OILS FR-780
(ブレーキフルード)ZONE ZF-031
(クラッチフルード)ZONE ZF-031


<タイヤ>
ADVAN A052 245/40-17(中古)


<ホイール>
ADVAN RS2  17インチ 9J+63


<アライメント>
191119_setup_.jpg
#セットアップ

----------


気温が上がり渋滞気味で、良くないコースコンディションでした。

191114_tsukuba_asm_s2000_2.jpg
#ラップチャート

<11/14(木) 10:55〜> 晴 気温17℃ 路温 17℃ 湿度--% 気圧--hPa

1 ‐ A052(中古) GENROM 210-Mode11-Pos03_vsa GAS 3/4
2 1’12”48
3 P-@
4 - 
5 1’05”73
6 1’09”92
7 1’05”36
8 P-A リア落ち着かない
9 -
10 1’05”02
11 1’20”10
12 1’10”38
13 1’04”98
14 FIN ブレーキローターペイント400℃変色 GAS 1/2


<11/14(木) 13:40〜> 晴 気温25℃ 路温 26℃ 湿度--% 気圧--hPa

1 ‐ A052(中古)リアバネ1,000ポンド17.9kgf/mm6インチに変更 GAS Full
2 1’05”28 
3 P-@ リアバネこれが良い タイヤ熱ダレ気味(路温29℃) 回頭性を上げたい
4 - 
5 1’06”14
6 1’05”71
7  P-A
8 1’05”92
9 1’06”16
10 FIN ブレーキローターペイント500℃変色 GAS 3/4


<11/14(木) 15:05〜> 晴 気温23℃ 路温 28℃ 湿度--% 気圧--hPa

1 ‐ A052(中古)前2ターン下げ GAS 3/4
2 1’04”55
3 P-@ 1ヘア2ヘア立ち上がりでエンジンのツキを良くしたい
4 -
5 1’04”--
6 FIN





■2019年11月筑波テスト 1分04秒55

ドライバー:加藤寛規選手
エンジニア兼メカニック:阿部(ASM)
メカニック兼コーチ:坂上(ASM)
カメラマン:田中ミノルさん(BILLION OILS・HYPERCO・ZONE)


<12月筑波テスト準備メモ>
・セットダウンしたキャンバーを、ASM基準車高まで上げて再現


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3857


ASM S2000 Real Tuning Concept


サクシードスポーツ、RECARO JAPAN 訪問 2019/11/10(Sun) 13:31:35
191109_succeedsports_.jpg



滋賀県サクシードスポーツ市川さんを訪問しました。


191109_succeedsports_tunk_1_.jpg
191109_succeedsports_tunk_2_.jpg
191109_succeedsports_cluch_.jpg


製作室では、ラジエタータンクがすっきりタンクとクラッチペダルBOXを製造中でした。アルミ板を曲げて製作した2部位を、1mm/1mmの均等な当たり面になるように溶接するのが綺麗に仕上げるポイントです。ラジエター関連やクラッチ関連のリフレッシュをするお客様は、これら隠れた名品の装着をご検討下さい。


ASM クラッチ用強化ペダルBOX  27,500円 <税抜価格 25,000円>
ASM ラジエタータンクがすっきりタンク  24,200円 <税抜価格 22,000円>


191109_succeedsports_sard_asmyokohama_attacktsukuba_.jpg


ASM S2000 R/T号のために改造したSARD SPORTS CATALYZERを受け取りました。本製品の触媒セルは高品質・高性能ですが、REVSPEED筑波スーパーバトル・ストリートクラスとAttack筑波・リアルチューニングクラスの車両規則を考慮した修正を加え、次回テストから使用します。


191109_recaro_.jpg



RS-G ASM LIMITED Ruby次期モデル打ち合わせのため、RECARO JAPANを訪問です。

2010年12月に発売開始した現行モデルは不動のASM人気No.1モデルですが、品質・性能向上を目的にモデルチェンジを検討してきました。土壇場でお客様にモデルチェンジを受け入れてもらえるのか迷い相談したのですが、完成度70%試作品を見て、現行モデル同様に次期モデルもお薦めできると確信しました。現行モデルは12月に最終36脚が入荷し、次期モデルは12/21(土)に販売開始します。


191109_recaro_rsg_asmlimited_ruby.jpg


■RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby <NEW>  159,500円 <税抜価格 145,000円>

 * 横浜ASM限定モデル
 * 2019年12月23日発売開始、予約受付中

<次期モデル仕様>
・黒ウルトラスエード表皮:ヘッドレスト、サイドサポート、ベルトホール内側
・パンチング黒ウルトラスエード+赤基布:ショルダーサポート
・グラスメッシュ表皮:座面、背もたれ
・赤Wステッチ:赤5番糸、縫製ピッチ=ASM LIMITED 2020仕様に変更
・RECAROロゴ ヘッドレスト:色=シルバー、大きさ=現行Rubyと共通
・RECAROロゴ 前左座面クッション:色=シルバー
・ASMロゴ 背もたれ:色=黒、サイズ=現行Rubyと共通
・FIA認証:なし

 

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3856


僕らしく、伝えたい。


< Back   Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]