ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
ASM カーボンダッシュボード
【価格改定のお知らせ】ASM ストリートオイルキャッチタンク
軽量化は裏切らない
FRP製品 および CFRP製品 納期について
公道走行の絶対的レギュレーション『保安基準』
【千葉県:E様】 S2000ボディ製作(塗装完了)
Entry Archive
Search
Login
【under consideration】ASM Carbon Dashboard for LHD 2022/06/21(Tue) 14:04:41
220621_s2000_LH_Carbon_dashboad_3.jpg


ASM Instagram/Facebookにカーボンダッシュボードの写真を掲載すると、『左ハンドル用プリーズ!』『左ハンドル用ハウマッチ?』と、アメリカのS2000オーナーさん達が大騒ぎしてくれます。以前「17年前の製品だから今更左ハンドル用を作らない」と言ったので油断して『左ハンドル用がないから買わない』と気軽にコメントくださったのかもしれませんが、商品化に向けて2021年9月に製造元:(株)チャレンヂの担当者さん打ち合わせを開始していました。


220621_s2000_LH_Carbon_dashboad.jpg


実は2006年頃からASMは左ハンドル用ホンダ純正ダッシュボードを在庫していたので、これに直接パテもったり粘土つめて穴塞いでマスター型とし、現在販売中の右ハンドル向けと同等品質でカーボンダッシュボードを発売予定です。『左ハンドル用プリーズ』と希望していたのにご購入いただけなかったS2000オーナー様は、ブロックしてコメントできないようにするかもしれません lol


220621_s2000_LH_Carbon_dashboad_2.jpg


■ASM Carbon Dashboard for LHD  Launched in December 2022

 ・別途UVカット艶消しクリア塗装が必要です。
 ・低温硬化タイプの材料使用のため、紫外線とは関係なく樹脂が黄色く変色します。
 ・本品はサーキットタイムアタック専用ですが、エアコンダクト加工済みなので頑張ってください。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4271


ASMのカーボン製品 2022/06/19(Sun) 12:59:10
220618_dashboad_s2000_asmyokohama.jpg


静岡県からご来店です。純正同様にエアコンも機能するS2000の運動性能向上に効果的なASMカーボンダッシュボードを装着しました。モニターやメーター類など追加メニューがなかったので、作業時間は10:00-17:30(うち休憩1時間)ASM基本工数通りの6.5時間で完了しました。どんな製品でも作業品質により効果・満足度・耐久性は大きく変わりますので、製品によって買い物方法を変えた方が良いかもしれません。


ASM カーボンダッシュボード  326,700円 <税抜価格 297,000円> 6.5H


220616_trunk1.jpg


東京都内からご来店です。リヤの重心が高い位置を大幅に軽量化するカーボンパーツを装着しました。本製品はASMがREVSPEED筑波スーパーバトルのストリートクラスとAttack筑波のリアルチューニングクラスでType-Sリヤウィングの空力性能を最大限引き出すために企画した製品です。裏骨に取付穴加工済みだから純正補強ブッシュを装着することで、高速走行時のトランク全体の沈み込みを防止して設計通りの空力性能を発揮します。


220616_trubk2.jpg


また、Type-Sリアウィングは一式重量6kg近くあるので、トランクを開閉する度に締結ボルト6本に負荷がかかりトランク表面に歪みが生じ、一度歪むと加速度的に症状悪化します。重量6kgもあり空力的に優れた形状のType-Sリアウィングだからこそ、剥がれて後方車両を重大事故に巻き込む可能性を考慮すると標準グレード向けトランクへのType-Sリアウィング流用はお薦めできません。


ASM ドライカーボントランク(Type-S)  354,200円 <税抜価格 322,000円> 3.0H

 ・純正トランクのキーシリンダー移設可能
 ・Type-S対応(外板:純正リヤウィング取付穴設定・裏骨:純正補強ブッシュ取付穴設定)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4270


大湯都史樹選手2000 二郎君のレカロシート 2022/06/18(Sat) 11:07:13
220618_oyu_s2000_asmyokohama_recaro.jpg


2022年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手2000 二郎君のレカロシートを、PRO RACER RMSからRS-G ASM LIMITED Rubyに変更しました。1年前にRubyをお薦めした時はタイムアタックのことだけを考えてRMSを選んだのですが、サーキットタイムアタック・ドリフト・S-GTでの鈴鹿や富士への移動を経験して、先日行われたカープライム&大湯チャンネルのコラボロケで街乗り時の快適性とホールド性を体感して、1年前は選ばなかった加藤寛規選手がASM S2000 R/T 2020に装着していたRS-G ASM LIMITED Rubyと納得の交換です。


RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby * ASM限定モデル


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4269


20年の挑戦 2022/06/15(Wed) 17:04:43
190228_Attack_.jpg



S2000筑波NA最速をかけたGOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019


190223_attacktsukuba_asm_s2000_team_.jpg


当日の天候は晴、気温7.7℃ 路温 8.5℃ 湿度58% 気圧1,012.2hPa、NA2.4Lエンジン・シーケンシャルミッション・ADVAN A050GS NEWタイヤ、完全イコールコンディションの中NA最速を争うS2000 3台で計測2周のスーパーラップを行い、筑波サーキット56秒台に1番乗りした、ASM S2000 1号車の最終戦です。


190907_s2k20th_.jpg
190907_s2k20th_asmyokohama_300.jpg190907_s2k20th_asmyokohama_final300.jpg
190907_s2k20th_asmyokohama_final2300.jpg190907_s2k20th_asmyokohama_final302.jpg


Attack Tsukuba 2019の後、半年かけて18.5kg軽量化(1,004.5kg ⇒ 986kg)して、本田技研工業株式会社 S2000開発チーム主催S2000 20th Festivalでのラストランを最後に、1号車はASM店内保管していました。


220615_asm_s2000_succeedsports_.jpg
220616_s2000_asm_succeedsports_6.jpg220616_s2000_asm_abe1.jpg


3年前のあの時、『今更どうして?』と言われながら最後までチューニングを止めなかったのは、史上初のNAチューニングカー1分切りしたREVSPEED筑波スーパーバトル2003から20年目となる2022-2023年タイムアタックシーズンに、ASM S2000 1号車でもう一度筑波をタイムアタックする予感がしていたのかもしれません。


220615_s2000_asm_todapower.jpg
220615_GT2_DSC_7436.jpg220615_fruidamper.jpg


パワー関連では、現在すでに戸田レーシングさんでO/H・仕様変更に着手しています。『もっと軽く、もっと低く』をテーマに車両製作した2016年、2004年から12年使い続けたドライサンプを外してウェットサンプに戻しつつオイルパンスペーサー・電動ウォーターポンプ・小型オルタネーターを新採用して、エンジン出力だけではなく軽量化を含めたエンジンデザインに変更して速さを手に入れました。

2022年仕様では、タイムアタック車両としてはデメリットと言えるエンジン先端部が0.64kg重量増するフルーダンパーを採用しますが、オルタネータープーリーを新規製作してプーリー比を調整してオルタネーター回転数を適正化し、エンジン振動の低減をしてパワーロスを低減します。

Fluidampr Crank pulley  112,750円 <税抜価格 102,500円>


220615_supernow_s2000_asmyokohama.jpg220615_s2000_supernow_asmyokohama_1.jpg
220615_Plate.jpg220615_ntech_s2000_asmyokohama.jpg


トラクション関連では、ASM S2000 R/T号と大湯都史樹選手S2000 二郎君の2台体制で開発したアライメント補正パーツ•スーパーナウ社製ASMタイロッドエンド・コントロールアームセットを使用します。高品質で安心・安全のミネベアミツミ(NMB)製ピロボールを採用し、下回りに使用するアルミパーツだからコストではなく当然耐久性を考慮して、硬質アルマイト仕上げを採用した製品です。ASMコントロールアームセットについては、サブフレームへの取付部を偏芯プレートにして固定式に変更しつつ、S2000専用のメリットを活かして角度固定式のベースモデルからスペーサー位置変更によるアーム角度調整式に変更していることも大きな違いです。アライメントをよりシビアに調整・機能させるためのASM強化プレートカムも使用します。


ASM タイロッドエンド  53,900円 <税抜価格 49,000円>
ASM トーコントロールアームセット  93,500円 <税抜価格 85,000円>
ASM 強化プレートカム(Front)  3,960円 <税抜価格 3,600円>
ASM 強化プレートカム(Rear)  3,960円 <税抜価格 3,600円>


ASMボールジョイント企画のために新規製作したボールジョイント部は量産部品製造工場らしい完成度の高さで、ブーツをS2000純正形状にしているのでグリス容量を確保できる上に純正部品を使用できるから、ユーザーにとっては購入後のメンテナンス性に安心感があるでしょう。キャンバージョイント部をアルミ製にすると柔らかいから切削時間が短い=加工コストが安くバネ下軽量化になりますが、サスペンション関連だからこそ価格・スペックより安心・安全・信頼性を優先して、切削時間がかかる=加工コストが高くアルミ製より重い炭素鋼(S45C)製をあえて採用しました。


■ASM ボールジョイント(Front)  検討中
■ASM ボールジョイント(Rear)  検討中


220615_asm_s2000_wing.jpg


エアロダイナミクス関連では、2006年に製作したリヤウィングをトップカテゴリーレースで実績があるアップデートした新世代ウィングに交換します。リヤオーバーハング部の高い位置にあるウィング本体を1kg以上軽量化できますが、直接ボディから生えているステーBOXの新規製作と取付部の改造または新規製作が必要なので、トータル重量は変わらないかもしれません。7月サクシードスポーツ市川さんに委ねます。


220616_20.jpg


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4268


ASM MOMO TUNER+Racing Steering Wheel Boss+Shift Boot 2022/06/12(Sun) 16:35:27
220612_momo_s2000_asmyokohama.jpg


横浜市内からご来店になり、ASM MOMO TUNER・ASMレーシングステアリングボス(保安基準適合品)・NSX-R純正ホーンボタンと、生産終了して在庫限りの黒ウルトラスエード+赤Wステッチ+ASM織ネームを組み合わせたRuby仕様のシフトブーツを装着です。シフトノブ交換もご検討されていらっしゃったので、ASM DOME Shift Knobをご覧になってからの判断を提案しました。Hパターンのフォント・サイズ・色、シフトノブの形状・アルマイト色が決定し、七宝焼童夢ロゴの埋め込み方法・ASMロゴのレーザー刻印位置・サイズを検討中なので、完成までもうしばらくお待ちください。


ASM MOMO TUNER  34,100円
ASM Racing Steering Wheel Boss  新価格 44,000円 <税抜価格 40,000円>
■HONDA ホーンボタン(NSX-R純正品)  17,490円
ASM Shift Boot  19,800円 <税抜価格 18,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4267


MOMO TUNERからASM MOMO TUNERへ 2022/06/04(Sat) 15:38:57
220604_momo_asmyokohama_s2000_1.jpg


東京都からご来店です。ほとんど使っていなかったMOMO TUNERカタログモデルから、ASM MOMO TUNERに買い替えていただきました。ホーンリング装着なしをご希望されていたので、黄色MOMOロゴ/赤TUNER文字から黒MOMO刻印ロゴ/白ASMロゴになっただけのシンプルな変更です。2023年以降は素材価格高騰のため大幅価格改定が見込まれますので、現行価格での購入ご希望のお客様はASMまでお問い合わせくださいませ。


ASM MOMO TUNER  34,100円


220604_shiftboot.jpg


東京都内からご来店です。既に生産終了して在庫品が完売すると廃番になる、Rubyと同日の東レ黒ウルトラスエードとエースクラウン赤5番糸を組み合わせたシフトブーツを装着しました。機能上何の変化もない部品ですが、『内装のリフレッシュ感が予想以上ですね!』と、S2000 Youtuber Alboさんからも聞いた万国共通の満足コメントをいただきました。


ASM Shift Boot  19,800円 <税抜価格 18,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4266


RZ34プロジェクト −ZFダンパーキット編 (1)− 2022/06/01(Wed) 15:19:18
220601_z_sah_asmyokohama2.jpg

引用:日産ウェブサイト:フェアレディZ
2022年4月、SA浜松 鈴木マネージャーから『新型フェアレディZを購入したので、日本有数のカーボンコンポジット工場 チャレンヂ社、独ZF社の日本/アジア テクニカルサービスパートナーのアネブル社、ECUコンストラクターのG.T WORKS寺崎源さんなど各分野のスペシャリストと長い取引関係があるASMさんと、ぜひコラボした物作りをしたい』との電話相談があり、5月にASMで打ち合わせしました。『RZ34プロジェクト』全体の流れは決まったので、S2000・Z33・86・FK8の経験を活かして走りながら考えないといけません。


220531_Z-1.jpg
220531_Z-2.jpg


まず、先日開催したASM ZFダンパー日帰りO/Hイベント時に、アネブル担当者さんとRZ34向けZFダンパーキットの打ち合わせをしました。アッパーマウント取付部をパッチ補強しているレース車両はS2000向けと同様にコイルオーバー式ですが、市販車装着が前提だからASM ZFダンパーキット(Z34)をベースに、SA浜松 鈴木マネージャーと木下みつひろ選手とのテスト結果をフィードバックすることになるでしょう。現在レースシーズン開幕直後でダンパー構成部品の在庫がないので、独ZF社から入荷次第テスト用ダンパーキット製作に着手します。


■ASM ZF Damper Kit <SAH Version>  TBC


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4265


< Back   Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]