ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
ASM シートベース補強バーGT
SACLAM VAB WRX STI 向けサイレンサーキット
Honda Civic(FK7)純正ボンネット
【ASM新製品情報 Product_Information】 Mobile Armband
価格改定のご案内
ASM リヤ強化サブフレームGT
Entry Archive
Search
Login
【ASM新製品情報 Product_Information】 Dry Mask 2020/06/27(Sat) 10:32:22
200626_masks_asmyokohama.jpg


真夏に向けてマスクを製作しました。速乾性素材ポリエステル100%、UPF20=紫外線カット率90%以上、10回程度洗って繰り返し使用でき、試作段階のロゴなしマスクをお試し着用した時は洗濯乾燥を含めて30回程度洗って再使用しています。口元に触れるものだから日本製(Made In JAPAN.)にこだわりました。


ASM Dry Mask  3,278円 <税抜価格 2,980円>/3枚組 日本国内送料無料


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3980


86 × ASM DREXLER LSD 2020/06/26(Fri) 13:14:34
200626_86_drexler_asmyokohama_kouki.jpg


サーキット走行に向けて86に機械式LSDを装着しました。お薦めした製品はASM DREXLER LSDの、86/BRZレース向けランプ角(アクセルON:60度/OFF:50度)仕様です。『レース用』と書くと強い効き方や異音・振動があるイメージがありますが、86/BRZレースのように改造範囲が限られるワンメイクレースでは駆動抵抗が高くなることは致命的だから、ハイグリップラジアルタイヤで最低限必要な効きにセッティングされています。


200626_86_drexler_asmyokohama.jpg


デフオイルは独DREXLER社がRAVENOL(ラベノール)社製Racing Gear Oilを、組み付け直後は500km程度、その後は5,000km程度走行毎に交換してください。CUSCO製ディスタンスカラーと組み合わせることで、組付け作業はシビアになりますがバッククラッシュ調整が少なく済みます。滑らかに効くから電子制御の介入を遅らせることができるので、街乗りにもサーキットスポーツ走行にも最適な市販品最高のLSDと言えるでしょう。


200626_86_drexler_asmyokohama_2.jpg


ASM DREXLER LSD  427,900円 <税抜価格 389,000円>
CUSCO ディファレンシャルドライブピニオンディスタンスカラー  7,700円 <税抜価格 7,000円>
RAVENOL Racing Gearoil  5,500円 <税抜価格 5,000円>/L


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3979

ASM Stabilizer <Prototype> 2020/06/24(Wed) 13:06:39
200624_s2000_cusco_asmyokohama1.jpg


ASM S2000 リアルチューニング号に使用する調整式スタビライザーの試作品が届きました。設計・製造を担当するのは、ASMフロア補強バーとオイルキャッチタンクと同じCUSCO社です。Attack筑波2020終了後3月初旬、CUSCO長瀬社長にOEM製作を相談しました。スタビライザーは着けたから良い/悪い部品ではありませんが、筑波サーキットのタイムアタックと九州ASMフェアへの往復2,000km移動を両立したセッティングに欠かせないパーツです。


■ASM 調整式スタビライザー  価格未定

<仕様>
・中空Φ32 (AP2標準グレード中空Φ26.5 純正比172%)を基準に2段調整式


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3978


納車準備 2020/06/23(Tue) 16:51:28
200623_s2000_mugen_asmyokohama.jpg


5月・6月の2ヶ月でS2000中古車を5台お買い上げいただきました。その内の1台に、ラジエター通過前のフレッシュエアを取り込むことができる無限エアクリーナーBOXを装着です。アルミ製でファンネル形状の取り込み口と吸気効率が高いエアフィルターとカーボンダクトを組み合わせた定番人気商品です。3,800rpmと言う広域でVTECエンジンのパワーバンドを楽しむことができるASM G.T WORKS GENROMもお買い上げいただきました。


■無限 Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX
ASM ラジエタープレート(Carbon)
ASM G.T WORKS GENROM(AP2)

 ・VTEC切り替え回転数
  <高負荷> 設定:4,200rpm/復帰:4,000rpm
  <低負荷> 設定:5,200rpm/復帰:5,000rpm
 ・REVリミット9,000rpm
 ・速度リミッター変更済み
 ・VSAカット
 ・DBW調整
 ・燃料出力空燃比
 ・ノックセンシティビティ純正ECU同様


200623_s2000_saclam_asmyokohama.jpg


排気管は高回転NAエンジンらしい高周波排気音が特長の、ASMサイレンサーキット(SACLAM製)を選択です。ASMエキゾーストマニホールドと組み合わせることで音の濁りがなくなりますので、Zircotecコーティングまたはセラコート加工した熱対策モデルの追加装着をご検討くださいませ。


ASM I.S.Designサイレンサーキット(AP2)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3977


【ASM新製品情報 Product_Information】 シートベース補強バーGT 2020/06/21(Sun) 14:42:45
200621_gt3_s2000_succeedsports_asmyokohama.jpg


ASM S2000 1号車で使い続けていた『4点ハーネスブラケット』を、ボディ補強パーツとして再販売します。車体の中で最も取付強度が重要なシートレール取付点の後方側左右を連結することで、フロアパネルの剛性を向上しました。付属の短いステンレスパイプをシート後方パネルに追加すれば4点式シートベルトを装着することも可能です。運転席・助手席それぞれに設定していますので、モノコックの経年劣化防止に興味があるお客様はご検討になってはいかがでしょうか。


200621_gt2_.jpg


■ASM シートベース補強バーGT  50,600円 <税抜価格 46,000円>

【装着例】
 ASM シートベース補強バーGT(右席)  50,600円
 ASM シートベース補強バーGT(左席)  50,600円
 取付工賃(16,500円×左右)  33,000円
 合計  134,200円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3976


ATS Carbon Cluch single spec.2 2020/06/20(Sat) 17:45:12
20062-_toyota_86_.jpg


横浜市内からご来店です。通常走行に支障が出る程クラッチ摩耗が進行したため、ATSカーボンクラッチキットをお買い上げいただきました。時間をかけて熟成された良い製品ですが、メーカーが指定する工程での慣らし運転を考慮すると、街乗り100%ユースではやや繊細な面も気になります。気になることがあればお気軽にご相談くださいませ。コカ・コーラ スリムボトル 地域デザイン 横浜ボトルをたくさんいただき、ありがとうございました。


20062-_toyota_86_ATS_.jpg


■ATS カーボンクラッチ シングル spec.2  193,600円


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3975


FK8 CIVIC TYPE Rのチューニング始めました。 2020/06/19(Fri) 13:14:38
200619_civic_fk8_typer_asmyokohama.jpg


6月18日、安倍晋三首相が首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために求めてきた移動自粛の全面解除を表明したことを受け、埼玉県狭山にあるチャレンヂ社を訪問して、自粛していた打ち合わせを実施しました。検討開始したのはFK8 CIVIC TYPE R向けカーボンボンネットです。基準となるTCR車両の放熱ダクトデザインの有効性が確認されていて、無限カーボンボンネットがTokyo Auto Salon 2020で発表になりコピー業者のカーボンボンネットも既に販売されているので、企画するなら今しかありません。

マスターモデルを兼ねて新品純正ボンネットを手配し、放熱・排水・開発/製造コスト(=価格)をバランスしたデザインレイアウトをして、7月中旬から設計開始して2020年秋の発売開始を目指します。


■ASM I.S.Design Aero Bonnet(FK8)  検討中


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3974


< Back   Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]