ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
1号車セットアップ 190820
1号車セットアップ 190817
ラジエター関連リフレッシュ
prodrive GC-05R
1号車セットアップ 190814
シャープなターンイン、コーナーで軋まないボディ、お薦めリフレッシュメニュー
Entry Archive
Search
Login
1号車セットアップ 190820 2019/08/20(Tue) 13:52:04
190820_s2000_asmyokohama_.jpg


ASM S2000 1号車の燃料コレクタータンクを移設しました。2007年以来キャニスターがある写真左下に設置していましたが、サブフレームを降ろす度にコレクタータンクが宙に浮いて気を遣ったので、サブフレーム上部に移設してメンテナンス性と信頼性を向上しました。


190820_s2000_asmyokohama_2.jpg



左右両側共に、小窓付ポリカーボネートウィンドウに変更しています。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3821


S2000 1号車、岡山国際のテストに向けて準備中


1号車セットアップ 190814 2019/08/14(Wed) 16:14:32
190814_asm_s2000_1_.jpg


純正シャーシハーネスを選定・整理して引き直した結果、キーON/OFF・ABS・テールランプ関係以外は不要なので、ここまですっきりしました。でも、エンジン始動するのか全員不安です(笑)。キー関係配線を見直すついでにシャーシハーネスを製作すればもっとシンプルになるし、ついでに室内側ステアリングシャフトを製作すれば5kg軽量化できますが、時間切れのため見送っています。


190814_asm_s2000_3_.jpg
190814_asm_s2000_4_.jpg


ヒューズBOXをエンジンルーム内から室内助手席側に移設しています。ハーネスを新規製作すれば室内とエンジンルームを行ったり来たりしていた配線量を減らすこともできましたが、場所変更しただけでもエンジンルーム内がすっきりして重量配分が良くなりました。下画像は、切削軽量化した加藤寛規選手ワンポジションベースフレームとアルミエンジンマウントです。


190814_asm_s2000_2_.jpg



タワーバーGT SPL.位置出し用に搭載していた、ダミーエンジンを降ろしました。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3817


F20Cが作られた場所で。


1号車セットアップ 190813 2019/08/13(Tue) 12:36:04
190813_asm_s2000_asmyokohama.jpg


ASM S2000 1号車の本籍はストリート、1999年6月に購入してから日常移動・旅行・ドライブ・毎日の通勤に使用した元・愛車です。2007年から鈴鹿や岡山や筑波まで自走移動しながらサーキット走行を開始し、2009年からASMタイムアタック号になりました。2011年にMOTEC仕様エンジンハーネスに変更していますが、車体ハーネスは20年以上使用し続けた純正部品です。

シェイクダウンまでの時間を考慮するとそのまま戻して仕上げるつもりでした。でも、時々の状況下で色々な人が関与した配線処理の甘さが気になって仕方ない阿部少年は、『いつか誰かがやらないとダメだった』言いながら、不要な配線を抜き取りや処理など過去20年誰もできなかったシャーシハーネス整理に着手しました。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3815


プロフェッショナルの仕事。


1号車セットアップ 190812 2019/08/12(Mon) 16:08:34
190812_asm_s2000_1_.jpg


富士スピードウェイでの1号車&リアルチューニング号ダブルシェイクダウンに向けて、夏季休業なく通常営業をしながら車両再製作に着手しました。サクシードスポーツ市川さんによる軽量ロールケージ部は、分かりやすいようにクリア塗装しています。小窓なしポリカーボネートサイドウィンドウのまま走るとドライバーが死んでしまうので、小窓付に戻さなければいけません。


190812_asm_s2000_3_.jpg


【軽量化項目】 -0.1kg

ポリカーボネートウィンドウ 小窓なし(2,000g×左右)⇒ 小窓付(1,950g×左右)


190812_asm_s2000_2_.jpg



・・・8/26(月)まで2週間・・・間に合うのでしょうか・・・。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3814


新山下550、なつかしの箱根に行ってきました。

Type-S純正リアウィングの素晴らしさと、流用の危険性 2019/07/13(Sat) 11:34:56
190711_types_s2000_asmyokohama_.jpg
190711_types_s2000_asmyokohama_honda_.jpg


ASM S2000 リアルチューニング号に装着する、HONDA S2000 Type-S純正リヤウィングと必要な純正部品が入荷しました。ボディ側面〜リアウィング下を流れる空気を逃がさないための翼端板形状と、屋根上に沿って流れる空気をリアウィング下に導くお迎え形状など、空力デザインをしたHONDA純正部品です。

ASM S2000 リアルチューニング号はAP2-110ノーマルグレードだから、Type-Sと異なり純正トランクのステー取付部鋼板が薄いです。Type-S純正リアウィングは一式重量6kg近くあるので、トランクを開閉する度に締結ボルト6本に負荷がかかりトランク表面に歪みが生じ、一度歪むと加速度的に症状悪化します。重量6kgもあり空力的に優れた形状のType-S純正リアウィングだからこそ、剥がれて後方車両を重大事故に巻き込む可能性を考えなければいけません。開発中のASMドライカーボントランクType-Sなら面剛性が高いので大丈夫です。


■ASM ドライカーボントランク Type-S  価格調整中  * 2019年9月5日発売開始

<旧製品との違い>
・純正トランクのキーシリンダー移設可能
・Type-S対応(外板:純正リヤウィング取付穴設定・裏骨:純正補強ブッシュ取付穴設定)
・外板ゆがみ修正


190701_s2000_20th_Fes.png


S2000開発チームOBの方がS2000 20th Festivalに参加するASMを紹介する動画を製作して下さいました。NAチューニングカー史上初の筑波1分切りを達成したREVSPEED筑波スーパーバトル2003から、Attack筑波2019でライバル達とのS2000 NA最速をかけたイコールコンディション直接対決までを振り返る内容です。




ご厚意でコストをかけて動画制作を外部委託することも打診されましたが、丁重にお断りしました。S2000開発チームOBの方が16年に及ぶASM S2000のタイムアタックを振り返り画像選択し、手作りで編集して下さった事実にこそ価値があると考えたからです。冒頭いきなりトークから入る点は恥ずかしいですがご覧いただき、S2000 20周年祭に申し込んで下さい。そして9/7(土)、ツインリンクもてぎで会いましょう!


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3797


ASM S2000 Real Tuning Concept


ASM S2000 リアルチューニング号と1号車 2019/07/09(Tue) 10:25:11
190705_asmyokohama_s2000_.jpg


ASM S2000 リアルチューニング号のフロントガラスを、AGCクールベールに交換しました。夏本番に向けて、太陽光(熱線)を軽減して室内の温度上昇を最小限に抑えつつ、紫外線を大幅カットしてダッシュボードやステアリング等の経年劣化を軽減するでしょう。顔や腕にジリジリ感じる日差しが柔らかく感じるぐらい違いますので、補修用としてだけではなく積極的な交換をお薦めします。


■AGC(旭硝子) クールベール装着関連  97,236円

<内訳>
・AGC(旭硝子) クールベール  61,128円
・ガラス入れ替え工賃  19,390円
・ラバー、モール、接着剤等  16,718円






Attack 公式YouTube チャンネルに、ASM S2000 1号車最後のタイムアタック動画が掲載されました。



190709_recaro_sr7f_asmlimited_ruby_asmyokohama_ktech2_.jpg190709_recaro_sr7f_asmlimited_ruby_asmyokohama_ktech4_.jpg
190709_recaro_sr7f_asmlimited_ruby_asmyokohama_ktech3_.jpg190709_recaro_sr7f_asmlimited_ruby_asmyokohama_ktech_.jpg


K-TECH engine service河島さんがS2000でご来店です。

着座位置・品質・デザイン・保安基準を考慮してお薦めしたレカロシートは ...read more(続きを読む)...



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3793


GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019


S2000 20th Festivalに向けて。 2019/07/06(Sat) 13:57:42
190706_s2000_carbon_asmyokohama_.jpg
* 旧モデル画像です。
REVSPEED筑波スーパーバトルストリートクラス・Attackリアルチューニングクラスにエントリーする新タイムアタック号に使用するため、ASMらしいこだわりをこめて廃盤したドライカーボントランクをリメイクします。現在成形型の仕上げ最終段階だから、ASM 14周年の9月5日にUVカットクリア塗装が間に合えば、9/7(土)S2000 20th FestivalASMブースでType-S純正リヤウィングを装着して展示します。


■ASM ドライカーボントランク Type-S  価格調整中  * 2019年9月5日発売開始

<旧製品との違い>
・純正トランクのキーシリンダー移設可能
・Type-S対応(外板:純正リヤウィング取付穴設定・裏骨:純正補強ブッシュ取付穴設定)
・外板ゆがみ修正





先日S2000 20th Festival船橋さんのガレージで撮影した動画が公開されました。

【写真右】 乙部 豊さん (おとべ ゆたか)   ENG開発PL
・F1エンジン開発担当 V10/V6ターボ マクラーレンホンダチーム
・S2000 ENG開発PL
・DC5インテグラ Type-R 開発責任者LPL

【写真中】 上原 繁さん (うえはら しげる)  開発責任者LPL
・初代NSX開発責任者LPL
・初代インテグラType-R開発責任者RAD
・S2000 開発責任者LPL

【写真左】 鈴木 博さん (すずき ひろし) ボディ開発PL
・S2000 開発責任者A-LPL
・初代北米MDX 開発責任者LPL


S2000の神様が勢揃いです。S2000 20th Festivalはそんな皆様が企画し、有志が運営するアットホームな手作りイベントです。撮影中にもハプニングが次々発生して、笑ってしまいそうでした。『チケットペイ+Famiパス会員登録が面倒だ』と言う心の声が聞こえますが、イベント業者ではない有志の運営チームが、大切なS2000オーナーさん数百人の数百万円を管理する対策と聞いて納得です。ASM S2000 1号車 2020 SPECは、この日ツインリンクもてぎで、S2000開発チームの皆さんの面前で、シェイクダウン=ラストランします。


190401_asmyokohama_s2000_tsukuba_timeattack_.jpg

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3792


S2000を作った男 〜 THE MAN who made the ... 〜


前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]