ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
KARO40周年記念カラー
IRP SPORT SHIFTER
【再販予定のお知らせ】ASM 045車載バッグ
日帰りASM K-TECHクラッチキット装着
S2000リフレッシュメニュー
日帰りサスペンションブッシュ関連リフレッシュ
Entry Archive
Search
Login
REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月 2020/12/22(Tue) 20:49:34
201222_suzuka_7.jpg



REVSPEED鈴鹿サーキット走行会に参加しました。


201222_suzuka_2.jpg
201222_suzuka_3.jpg


筑波スーパーバトルのセットダウンを基本セットにして油水温対策とギヤレシオ変更をした程度で、タイムに直結する可能性がある変更は長いストレート区間と連続するコーナーを考慮したリヤ側トゥ0mmにした以外何も変更していません。


■フリー走行 1回目

2'26.948
2'26.829 Sec1 40.307 Sec2 24.924 Sec3 54.201 Sec4 27.397 最高速度 198.733km/h
2'51.580
2'27.764

走り出しとしてはまずまずのタイムだと思ったのですが、『ロールオーバーが強過ぎて、このままではタイムアップは難しい』とのコメントが出ました。鈴鹿と筑波を走っているRG-O大住さんと『筑波スペシャルセッティングだと合わないでしょう?』と話しましたが、まさにそれです。筑波最終コーナーのような中高速コーナーが連続する鈴鹿では、リアが不安定な回頭性重視の弱オーバーセッティングでは思い切ってコーナーに飛び込めないし、旋回中もアクセルを踏めずに我慢する待ち時間が長くなってしまいます。

弱アンダーステア方向に調整するため、持ち込みセットのリヤ側トゥ0mmから片側+1mm追加・フロント車高上げに加えて、筑波スーパーバトルの中で加藤寛規選手から『今の前後バランスのままレートアップしたスタビが欲しい』と聞いていたので、前後バランスは違うけど試作テスト中のASM 調整式スタビライザーを持ち込んでいたので、フロントは現状維持してリアスタビを試作品に変更しました。


201222_suzuka_5.jpg


■フリー走行 2回目 11:00 気温12℃ 路温16℃ ドライ
後スタビ=ASM試作・弱、リヤトゥ-1mm(トータル-2mm)、前1ターン上げ
2'26.226 Sec1 40.342 Sec2 24.539 Sec3 54.061 Sec4 27.284 最高速度 200.548km/h
4'02.511
6'35.555
2'26.250
2'57.871

セッティング変更が当たって、計測1周目でベストタイムを更新です。フリー走行1回目で気になったロールオーバーがかなり収まり、むしろスタビレートが高い方向に突き抜けた影響でロールオーバーではなくタイヤが外に逃げてしまうようになったため、アクセルONした時少しでも早く加速態勢に移行できるようにリヤ車高下げと、上がって来ない内圧を想定した走り出しタイヤセッティングに変更しました。


201222_suzuka_6.jpg

昼食後、加藤寛規選手と現状の問題点と解決策について話していたところ、試作スタビライザーでは前後共にレートが高過ぎるけれどもバランスは良さそうだし、最終枠はニュータイヤを使用することも想定して、失敗の可能性もあるけど急遽スタビライザー試作品をフロントにも装着です。


201222_suzuka_4.jpg

■フリー走行 3回目 14:00 気温13℃ 路温12℃ ドライ
前スタビ=ASM試作 内圧1.95
2'45.376
2'24.853 Sec1 40.128 Sec2 24.246 Sec3 53.550 Sec4 26.929 最高速度 201.468km/h
3'03.146
2'38.921
5'08.009
2'25.499
3'07.507 荷重かかる。内圧上がる。

この賭けは大当たりでした。ロールオーバーは消えて、Sec1で39.983を記録しています。加藤寛規選手は『(現状のバネレートに対して)スタビレートが高過ぎるため、タイヤグリップの限界を超えてすぐ横に流れたから失敗して、0.2秒程タイムロスした』と悔やんでいました。路面温度が高くなったことに加えて、スタビレートアップによってタイヤ内圧が想定以上に上がってしまい、走り出し内圧セッティングの変更が裏目に出ました。


201222_suzuka_8.jpg


ダウンフォースがある1号車と違って、床下空力パーツどころかGTウィングさえ装着しないASM S2000 R/T号は、徹底的にメカニカルグリップを追求しないと速く走れないから面白いです。次に鈴鹿を走る時はバネレートを前=23.2→17.9kgf/mm・後レート=25.0→19.6kgf/mmに落とし、筑波セットよりリヤ車高を下げて走り出せば、ノーマルエンジン&ノーマルミッション・GTウィングなし・完全保安基準適合S2000で、鈴鹿23秒台に手が届くかもしれません。




■REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月

ドライバー:加藤寛規選手
ADVAN A052 2'24.853 Sec1 40.128 Sec2 24.246 Sec3 53.550 Sec4 26.929 201.468km/h

エンジニア兼メカニック:阿部(ASM)
チーフメカニック:坂上(ASM)

総合プロデュース:金山


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4065


鈴鹿に向けて明日出発します。 2020/12/20(Sun) 13:19:36
201220_s2000_asmyokohama.jpg


ASM S2000 R/T号に、長谷川整備レンタル小型クーラーコンデンサーを装着しました。
LLCを通すパイプ本数を比較すると純正=28本に対して31本通っているので、コア面積が30%程度少なくなっていても細かくなっているフィンと合わせて十分な冷却能力を確保できています。走行風が直接当たるラジエター下部ではなく、LLC温度が高い上部に外気が当たる形状も冷却効率を考慮すると効果的だと推測しますが、実際のところは分かりません。


201220_fruid_todaracing_s2000_asmyokohama.jpg


筑波スーパーバトルに間に合わなかったASM オルタネーター&ウォーターポンププーリーキットを装着しました。鈴鹿サーキットはスロットル全開時間が長いので、去年新品交換したばかりだった強化ベルトもリフレッシュ交換しています。


ASM オルタネーター&ウォーターポンププーリーキット

 ・F20C/F22C共通
 ・初期ロット10セット
 ・A7075材硬質黒アルマイト
 ・耐久性が高い強化ベルト付属


201220_suzuka_s2000_asmyokohama.jpg


寒すぎるので、鈴鹿サーキットで着用するためのネックウォーマーを10個製作しました。

■ASM ネックウォーマー  4,950円 <税抜価格 4,500円>



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4064


REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月 セットアップデータ 2020/12/19(Sat) 14:24:43
201218_asm_s2000_rt.jpg



12/22(火)REVSPEED鈴鹿サーキット走行会に向けて、セットアップが完了しました。


201218_asm_s2000_rt_setrab.jpg


鈴鹿フルコースでの周回テストとタイムアタックに向けて、オイルクーラーを追加しています。通常通りラジエター前に設置すると、ラジエターに風が当たらずオイルクーラーの輻射熱の影響も受けて水温が下がりにくくなるため、熱いエンジン内からオイルを抜くだけで十分と考えてラジエター後方に設置しました。鈴鹿サーキットへの自走ドライブとテストで周回した時の油温データに基づき商品化を検討します。


■ASM オイルクーラーキット  検討中



【セットアップシート】 REVSPEED鈴鹿サーキット走行会 2020年12月

<デフ> ASM DREXLER LSD 標準ランプ角 ON:50°/OFF:40°

<ダンパー> ASM ZFダンパー3WAY
Fr. Rebound +90°
Fr. Bump Hi +2
Fr. Bump Low 全閉-7ノッチ

Rr. Rebound +90°
Rr. Bump Hi +3
Rr. Bump Low 全閉-7ノッチ


<スプリング> HYPERCO(パーチェ前後共1個ずつ使用)
前:レート=1,300ポンド(23.2kgf/mm)レングス=7インチ(177.8mm)
後:レート=1,400ポンド(25.0kgf/mm)レングス=6インチ(152.4mm)+プリロード2ターン


<スタビライザー>
前:Type-S 純正
後:ASM


<車高> ジャッキアップポイント計測値
(左前)109mm (右前)96mm
(左後)124mm (右後)113mm


<コーナーウェイト> ADVAN RS2+ADVAN A052 245/40-17 GAS
◇ Dr. OUT 1,240.0s(前50.67:後49.31)
(左前)333.5kg (右前)315.0kg
(左後)305.0kg (右後)307.0kg

◇ Dr. ON 1,288.0s(前50.13:後49.87)
(左前)316.0kg (右前)335.0kg
(左後)317.0kg (右後)330.5kg


<ブレーキパッド> dbaブレーキローター・純正ブレーキキャリパー
前:ZONE 10F TT仕様
後:ZONE 10F


<ファイナルギヤ> 4.1


<オイル>
(エンジン)BILLION OILS 10W-40 オイルクーラー追加
(ミッション)BILLION OILS MT520
(デフ)BILLION OILS FR-780
(ブレーキフルード)ZONE ZF-031
(クラッチフルード)ZONE ZF-031


<タイヤ>
ADVAN A052 245/40-17(新品)


<ホイール>
ADVAN RS2  17インチ 9J+63


<アライメント>
201219_suzuka.jpg
#セットアップ



201219_ac_.jpg


注文していた小型A/Cコンデンサーが届いたので、水温対策として明日装着します。純正コンデンサーよりコア面積を減らすことでラジエターに風が当たる部分が増えるだけでなく、先端部分で0.8Kgの軽量化になります。真夏のエアコンの効きが不安でしたが、お客様車両でコンプレッサーオイル添加剤と組み合わせて使用した結果、全く問題ありませんでした。

長谷川整備レンタル S2000用小型クーラーコンデンサー  60,500円 <税抜価格 55,000円>
N Tec Japan エアコンコンプレッサーオイル添加剤  3,300円 <税抜価格 3,000円>

 * 2.0H エアコンガス充填含む


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4063


ファイナル変更 2020/12/17(Thu) 15:06:33
201217_s2000_asmyokohama_.jpg


12/22(火)REVSPEED鈴鹿サーキット走行会に向けて、ASM S2000 R/T号のファイナルギヤを4.4から純正ギヤ比4.1に交換しました。以前使用していた中古ファイナルを使用しましたが、適正な歯当たりで使用しているので何の問題もなくスムーズに作業完了です。


201217_s2000_asmyokohama_drexler.jpg


純正ディスタンスピースを使用して組付けたデフは定期的な歯当たり調整が必要ですが、ノーメンテで使い続けると異音が発生し、ファイナルギヤ表面が既に削れて100点のセッティングになりません。ASMディスタンスカラーを使用すれば歯当たり変化は最小限で済むし、新品ファイナルギヤの消耗も適正化します。S2000純正デフであってもO/H履歴が分からない場合は、メンテナンスと今後のロングライフ化のためにASMでデフ関連リフレッシュをご検討になってはいかがでしょうか。


ASM ディスタンスカラー
ASM ファイナルギヤセット


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4062


2020 第32回 筑波スーパーバトル 2020/12/03(Thu) 18:21:10
201203_REV_1_s.jpg



筑波スーパーバトルにS2000 R/T号で参戦し、目標タイムの1分2秒台を記録しました。


201203_REV_55.jpg
201205_hkatoh02_.jpg


今シーズンのシェイクダウンは筑波スーパーバトルの前日走と言う過去最高のギリギリスケジュールでしたが、基本的に完成された車両の性能を引き出して走るFIA-GT4のような車両でのタイムアタックだと考えれば、トップクラスのセットアップ能力がある加藤寛規選手を擁するASMなら可能です。全て1年前からの予定通りで、Covid-19の影響は一切ありません。


291203_tsukuba_LC-2.jpg


9:00スタートの1本目はセミウェットだったので中古タイヤを履いて路面コンディションを確認しながら周回を重ね、最終ラップで3秒フラットを記録しました。ニュータイヤに履き替えた11:10スタートの2ヒート目にタイムアタックして、1分02秒551と1分02秒802を記録しました。日本中ほとんどの人にとっては『だから?』と言う数字かもしれませんが、ノーマルエンジン・ノーマルミッション、GTウィングなし、車高・ホイール突出・排気騒音値など完全保安基準適合S2000による2秒台での連続タイムアタックは、筑波サーキットを走り込んでいるタイムアタッカーの皆さん達や違法改造車で公道走行している人達の目に、どう見えるのでしょうか。


201203_REV_44.jpg


以下4点が昨シーズンとのタイム差の要因です。

(1)4.4ファイナル+ASM G.T WORKS GENROMの9,000rpmレブで、コースにギヤが合ったこと。
(2)加藤寛規選手の指定バネレート前23.2kgf/mm・後25.0kgf/mmにして、車体の動きを抑えたこと。
(3)ドライバーより前を7Kg軽量化してC/Wを改善し、全域でアンダーステアを軽減したこと。
(4)セットアップを担当した阿部の考えでリア側トゥを減らして、最高速度が2km/h向上したこと。


201205_TW_.jpg


予想以上の好タイムでしたが、いくつかの反省点の中にタイムアップの可能性もありました。1分02秒551を記録した後2回目のタイムアタック時にベストタイムを更新できなかった原因です。気温・路面温度ともに8〜9℃と言うコンディションの影響もあり、走行中に右フロント内圧が下がってタイムに悪影響が出たので、今後は前後輪の温度・内圧管理に加えて前左右輪それぞれを個別管理する必要があります。


201205_Trunk_.jpg


さらに重要だったのは、1ヘア脱出時とダントップ通過後〜2ヘア進入で左リアタイヤが空転していた原因です。スタビライザーをソフトに変更したりプリロードをかけても解決できずチームの誰もが『純正ボディの限界』と結論付けていた中、大ベテランメカニック坂上の『静的な車高数値ではなく、実際のコーナーウェイトに合わせた1号車と同じ手法でセットアップするべきではないか』との意見に従い、右フロント車高を4mm高くしてテストしました。結果は◎で見事解決です。

◇セットアップ
<車高>
(左前)94mm (右前)95mm
(左後)110mm (右後)112mm
<コーナーウェイト> 1,230.5s(前50.43:後49.57)
(左前)333.5kg (右前)287.0kg
(左後)281.0kg (右後)329.5kg *左右差48.5Kg

◇セットダウン
<車高>
(左前)91mm (右前)95mm
(左後)107mm (右後)111mm
<コーナーウェイト> 1,230.0s(前50.08:後49.92)
(左前)316.0kg (右前)300.5kg
(左後)295.5kg (右後)318.0kg

セットダウンでの数値を見ると右フロント車高を上げたことで左リアが下がり、左リア荷重が増して左右輪のコーナーウェイト差が減少しています。空転しながらも車は前に進んでいたからタイム短縮に繋がるかどうか微妙ですが、12/22(火)REVSPEED鈴鹿サーキット走行会に向けて原因特定できました。


201203_REV_3_s.jpg


エンジニアリングを担当する阿部の知識と、1号車で多くの修羅場を乗り越えてきた大ベテランメカニック坂上の経験と、絶対的判断基準の加藤寛規選手からのフィードバックを組み合わせて、ノーマルエンジン/ノーマルミッション・GTウィングなし・完全保安基準適合を満たした正真正銘のリアルチューニング号で、更なる速さ=筑波1秒台を目指します。




■2020 第32回 筑波スーパーバトル

ドライバー:加藤寛規選手
ADVAN A052 1'02.551 (Sec.1 25.591 Sec.2 25.679 Sec.3 11.081 169.758km/h)

チーフエンジニア兼メカニック:阿部(ASM)
メカニック:坂上(ASM)

総合プロデューサー:金山


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4050


REVSPEED筑波スーパーバトル 2020年12月 セットアップデータ 2020/12/01(Tue) 17:00:16
201201_s2000_types_REVSPEED_asmyokohama.jpg



12/3(水)REVSPEED筑波スーパーバトルに向けてセットアップを完了しました。


201201_s2000_types_RECARO_asmyokohama.jpg


シートは、RS-G ASM LIMITED Ruby+ウルトラローポジションベースフレームを選択しました。

RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby


201201_s2000_types_saclam_asmyokohama.jpg


ASMサイレンサーキットを、重量7.6Kg特注フルチタン仕様から製品版14.2Kgステンレス仕様に変更しました。目的は特注フルチタン仕様+スポーツ触媒の組み合わせでは近接排気騒音値がギリギリになるため、保安基準適合のストリートクラス車両規則に完全適合させるための仕様変更です。

ASM I.S.Designサイレンサーキット


201201_s2000_types_Advan_asmyokohama.jpg


A PIT オートバックス東雲の検査員からのアドバイスに従い、前フェンダーにASMフェンダーアーチモールを追加装着しました。長距離出張セッティングでもタイムアタックセッティングでも保安基準に適合しなければレギュレーション違反です。たまたま車検に通ったから合法ではありません。

ASM I.S.Designフェンダーアーチモール


【セットアップシート】 REVSPEED筑波スーパーバトル 2020年12月

<デフ> ASM DREXLER LSD 標準ランプ角 ON:50°/OFF:40°

<ダンパー> ASM ZFダンパー3WAY
Fr. Rebound +90°
Fr. Bump Hi +2
Fr. Bump Low 全閉-7ノッチ

Rr. Rebound +90°
Rr. Bump Hi +3
Rr. Bump Low 全閉-7ノッチ


<スプリング> HYPERCO(パーチェ前後共1個ずつ使用)
前:レート=1,300ポンド(23.2kgf/mm)レングス=7インチ(177.8mm)
後:レート=1,400ポンド(25.0kgf/mm)レングス=6インチ(152.4mm)


<スタビライザー>
前:Type-S 純正
後:ASM


<車高> ジャッキアップポイント計測値
(左前)94mm (右前)95mm
(左後)110mm (右後)112mm


<コーナーウェイト> ADVAN RS2+ADVAN A052 245/40-17 GAS
◇ Dr. OUT 1,230.5s(前50.43:後49.57)
(左前)333.5kg (右前)287.0kg
(左後)281.0kg (右後)329.5kg

◇ Dr. ON 1,288.0s(前49.73:後50.27)
(左前)333.5kg (右前)305.5kg
(左後)293.0kg (右後)354.5kg


<ブレーキパッド> dbaブレーキローター・純正ブレーキキャリパー
前:ZONE 10F TT仕様
後:ZONE 10F


<ファイナルギヤ> 4.4


<オイル>
(エンジン)BILLION OILS 10W-40
(ミッション)BILLION OILS MT520
(デフ)BILLION OILS FR-780
(ブレーキフルード)ZONE ZF-031
(クラッチフルード)ZONE ZF-031


<タイヤ>
ADVAN A052 245/40-17(新品)


<ホイール>
ADVAN RS2  17インチ 9J+63


<アライメント>
201201_20201201175204.jpg
#セットアップ

12/2(水)前日走でのテスト結果が楽しみです。

この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4048

REVSPEED誌取材 2020/11/26(Thu) 16:58:16
201126_asmyokohama_s2000.jpg


朝から午後にかけて、REVSPEEDさんに取材をしていただきました。来週12/3(木)筑波スーパーバトルにエントリーしたASM S2000 Real Tuning号とFK8 CIVIC TYPE R向けASM Aero Bonnetの紹介の他、ASMのことを出店前から現在まで質問にお答えしましたが、時間軸が幅広い話になってしまうのでどんな誌面になるのか、楽しみにしています。


夕方、今週末富士でS-GT最終戦に臨む加藤寛規選手がご来店になりました。

(1)「ASM S2000 R/T号のシート合わせ

RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby+RECARO ウルトラローポジションベースフレームの組み合わせに座ってポジションチェックしました。お客様車両で到着しているポジションと同じASM推奨ポジションです。


(2)昨シーズンからの車両変更点について

重いType-S純正フロントバンパーを外して軽量なASM CFRP製フロントバンパーに変更して予想5Kg軽量化しました。カーボンダッシュボードに変更して確か3Kg軽量化しました。『何も変えていませんが軽量化は裏切らないので、2秒台を目指しましょう!』と目標タイムを確認です。


シェイクダウンは12/2(水)の前日走です。コロナの影響によりレースカレンダーが全面変更されたためASM S2000のテストをする時間がなかったのですが、2月に開催されたAttack筑波2020の前夜ミーティング時点で、「来シーズンのシェイクダウンは筑波スーパーバトル前日走だからよろしく」と言っていたので全く問題ありません。ノーマルエンジン&ノーマルミッション・GTウィング禁止・完全保安基準適合車でどこまで速くなるのか、1人のS2000好きとしてワクワクが止まりません。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4043

前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]