ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。


Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
大湯都史樹選手S2000
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
排気音質と排気流量を両立したS2000向け排気管の決定版
Challenge co.,ltd.訪問
ASM ZFダンパーキット 3WAY フルスペック(仮)
【入荷のお知らせ】RAYS TE37SAGA S-PLUS(ASM特注サイズ)
ASM リヤ強化サブフレームGT
Entry Archive
Search
Login
筑波スーパーバトルまで5日(前日テストまで4日) 2021/11/27(Sat) 11:16:36
211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_FK8_ZF_SACHS_0.jpg



BMRSホース製作にご来店された時、FK8向けZFダンパーキットの試作品も納品されました。

Attack筑波2021でのテスト結果やASM S2000 REAL TUNING号のハンドリング性能向上の原動力になっているキャンバー調整機構やピロボールを採用して、TYPE Rよりワンランク上のサーキット性能を持ちながらも最新のレーシングダンパーと同じピストンを採用することで2WAYダンパーならではの調整幅を持ちつつ1WAYダンパーのようなシンプルな外観になっています。


211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_FK8_ZF_SACHS.jpg


データ・内部構造にはかなり自信があったのですが、前後共に問題箇所が多くてそのままタイムアタックできないのでノーマルダンパーに戻しました。筑波スーパーバトルが予想より1週間早く試作製品の完成が予定より1か月遅れると悪条件が重なったから、すごく残念ですが仕方ありません。

<取確内容>

◇フロント
 ・上側:固定用ステー干渉 前側と後ろ側
 ・下側:ダンパー締結ボルト通らず
 ・キャンバー調整部:ボルト位置変更で対応
 ・フルネガティブキャンバーでタイヤ干渉なし

◇リヤ
 ・アッパーマウントピロ作動角
 ・減衰調整方法再検討
 ・スプリングシートアッパー/ロアアジャスター当たり面再検討


211125_supernow_s2000_asmyokohama_Rr.jpg


ASM S2000 REAL TUNING号のリヤには、ASMコントロールアームセットの試作製品を装着しました。サブフレーム取付部のカムプレートをキャンセルしホイール側をピロボール化することで、カムプレート部やゴムブッシュ部に発生する遊びをなくしてアクセルON/OFFやコーナーリング時のふらつきを抑制します。


■ASM コントロールアームセット  93,500円 <税抜価格 85,000円>

 * スーパーナウ社製
 * ミネベアミツミ(NMB)製ピロボール採用
 * 耐久性が高い硬質アルマイト仕上げ
 * 2022年3月発売開始予定


211125_powerflex_s2000_asmyokohama_Rr.jpg


各部のピロボール化に合わせて、ピロ化していない部分をPOWERFLEXポリウレタンブッシュのブラックシリーズに変更しました。徹底的に性能を追求したサーキット専用やショップデモカーならフルピロボール化するのが正解かもしれませんが、無駄な動きをするデメリットと引き替えに前後方向の衝撃を吸収してくれるメリットを考慮して、硬度が高いブラックシリーズを選択しています。

■PowerFlex ブラックシリーズ フロントアッパーブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ リアロア フロントブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ リアロア リアブッシュ


211125_DUNLOP_oyu_asmyokohama_s2000_.jpg


F3ドライバーとしては加藤寛規監督(選手)の教え子でもあった2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手ですが、レブスピード筑波スーパーバトルでは本気でASM S2000 R/T号を運転する加藤寛規選手を超える気満々です。ギヤ比が合う/合わないの未検証を含めて、ADVAN A052 255/40-17に合わせたタイヤがダンロップから届きました。


DUNLOP DIREZZA β02


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4198


筑波スーパーバトルまで6日(前日テストまで5日) 2021/11/26(Fri) 11:53:55
211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_2.jpg
211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_1.jpg
211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_BMRS.jpg


昨日の夕方、株式会社アネブル A.P.G蘓武さんとBMRS担当者さんにご来店いただき、ASM S2000 REAL TUNING号に装着するオイルクーラー用ホースを製作しました。BMRS製パーツとホースを正しい工具を使用して適正に組み付けして1本単位で圧力検査をしてくれるので、耐久性・柔軟性・軽さ・品質・製品としての信頼性全ての高さが魅力です。オイルクーラーのコアは、昨シーズン冷却効果を確認できたラジエター後方/エンジン前方に、3年前86/BRZ用オイルクーラーを検討する時に比較検討したDRLを設置します。


211124_asmyokohama_s2000_trust3.jpg



TRUST大容量デフカバーの試作製品は、無事装着できました。


211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_0.jpg


2021年 TEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT 16号車・大湯都史樹選手がS2000を引き取るためご来店になり、アネブル蘓武さんとSFやS-GTのサスペンションやクラッチの話題で盛り上がっていました。BMRSホースに興味津々で、「あれ?このホースSFで見てるのと同じだ!」と驚き、二郎君のオイルクーラー用ホースも変更したくなったようです。ASMプロデュースの製品はそう言う選択だらけなので、これからは購入目線でレーシングカーを見てください。

TODA RACING 2350仕様コンプリートエンジンに対しては、全域で手に入った圧倒的なトルク&パワー・大型バイクのような高周波排気音と、純正ECUをベースにしたASM G.T WORKS GENROMだから実現したフルノーマル車のような日常性の両立に感動してくれました。「これならASM加藤寛規選手をやっつけられる!」と大喜びしていたので、クレジットカードで全額決済させてやっつけておきました。富士S-GTシーズン最終戦は二郎君に乗っていくそうです。


211125_enable_BMRS_oyu_asmyokohama_s2000_SGT.jpg



公式プログラムのTEAM Red Bull MUGEN Honda対向ページに、ASMの広告を入れて応援します。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4197

筑波スーパーバトルまで7日(前日テストまで6日) 2021/11/25(Thu) 14:03:58
211124_asmyokohama_s2000_RT.jpg


大湯都史樹選手S2000のエンジン搭載関連作業に集中していましたが昨日横浜陸事で記載変更・構造変更と車検が終わったので、2日前に店内から出庫してASM S2000 Real Tuning号のセットアップに着手しました。REVSPEED筑波スーパーバトルは1週間後の12/2(木)だけど前日テストは12/1(水)で前日の11/30(火)は棚卸休業だから、阿部メカニックは出勤する4日間全ての時間をS2000とFK8 CIVIC TYPE Rのセットアップに集中しないと間に合いません。


211124_asmyokohama_s2000_arvou.jpg
211124_asmyokohama_s2000_supernow.jpg
211124_asmyokohama_s2000_jsracing.jpg
211124_asmyokohama_s2000_rear.jpg


ASM S2000 1号車にも使用していたASMフロントロアアームバーGTでステアリングラックは固定されていますが、ARVOUステアリングリジットカラーを追加してステアリングラックのゴムブッシュ分の遊びも抑えることで、ASMタイロッドエンドと組み合わせることでハンドル操作時の動きが自然になります。また、無限ダンパーロアブッシュをSUPER NOWピロブッシュに変更することで、ブッシュの動きに因るダンパーロッドにかかる横力を減らしてさらにスムーズに動くようにしました。


ARVOU ステアリングリジットカラー  10,780円
■ASM タイロッドエンド <試作製品>  予価 53,900円
■SUPER NOW フロントロアアームショック部ピロ  16,500円
■SUPER NOW リアロアアームショック部ピロ  16,500円


211124_asmyokohama_s2000_powerflex.jpg


ASMでは純正ブッシュに対して回転方向の動きはスムーズで前後方向の入力に対しても吸収できるPOWER FLEXポリウレタンブッシュを推奨していますが、ハイグリップタイヤを履いたサーキット走行に限定するとウレタンの素材特性から無駄な動きの原因にもなります。そこで前アッパーアームと後ロアアームとスタビライザーブッシュを硬度が高いPOWER FLEXブラックシリーズに変更しました。前ロアアームにはCUSCOピロとSUPER NOW偏芯ピロを装着済みで、後アッパーアームはIKEYA FORMULA製だからピロブッシュが標準装備されています。

■PowerFlex ブラックシリーズ フロントアッパーブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ リアロア フロントブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ リアロア リアブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ フロント スタビブッシュブッシュ
■PowerFlex ブラックシリーズ リア スタビブッシュブッシュ


211124_asmyokohama_s2000_trust1.jpg
211124_asmyokohama_s2000_trust2.jpg


TRUSTから新発売される大容量デフカバーの試作製品が届きました。ASM I.S.Designサイレンサーキットに対応し、オイル容量はメンテナンス性を考慮して2Lで足りる容量に設定され、オイル吹き対策としてバッフル板も追加されています。まだメーカー様サイトには掲載されていませんが、販売開始を楽しみにお待ちください。


■TRUST 大容量デフカバー (HIGH CAPACITY DIFFERENTIAL COVER)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4196


タイロッドエンド・コントロールアームセット 2021/11/06(Sat) 14:05:20
211106_s2000_supernow_asmyokohama_3.jpg


2021ー2022年タイムアタックシーズンに向けて、アライメント関連パーツ製作に着手しました。ASM S2000 R/T号に装着している補正パーツは、J's RacingキャンバージョイントS2とリアロールセンターアジャスター20mmしかありません。保安基準適合&GTウィングなしで1分1秒台突入を目指し、トラクション性能向上のためにタイロッドエンドとコントロールアームを試作しました。設計・製造は株式会社スーパーナウエンジニアリング今泉黄門に依頼しています。


211106_s2000_supernow_asmyokohama_1.jpg


ASMタイロッドエンドは、ピロボール上下のスペーサー位置を変えてアーム角度を変更することでフロントのバンプステアを補正します。スーパーナウ社にOEM製作を依頼した最大の理由は、同社製品が高品質で安心・安全のミネベアミツミ(NMB)製ピロボールを採用しているからで、さらに製品の魅力を向上するため他社製品には採用されていない耐久性が高い硬質アルマイト仕上げを選択しました。


■ASM タイロッドエンド  検討中 

 * スーパーナウ社製
 * 高品質・高耐久が特長のミネベアミツミ(NMB)製ピロボール採用
 * 耐久性が高い硬質アルマイト仕上げ
 * 2022年3月発売開始予定 


211117_supernow_s2000_asmyokohama.jpg


ASMコントロールアームセットは、純正のゴムブッシュ部をNMB製ピロボールに変更することで入力に因る変形を解消し、ドライバーの操作に対する追従性を向上する製品です。フロント同様にスペーサー位置を変えてアーム角度を変更することも検討しましたが、装着車両の条件によってはピロの作動角を上回りナックルシャフトが折れる危険性を考慮して、キャンバージョイント装着車との組み合わせを前提にした非調整式を選択しました。アーム取付部は、アライメント調整用の偏芯カムではなく偏芯プレートとボルトナットに変更しています。


■ASM コントロールアームセット  検討中 

 * スーパーナウ社製
 * 高品質・高耐久が特長のミネベアミツミ(NMB)製ピロボール採用
 * ナックルシャフトは5mm/10mmのカラーを入れ替えて高さ調整可能
 * 耐久性が高い硬質アルマイト仕上げ
 * 2022年3月発売開始予定


211106_s2000_n_asmyokohama.jpg


横浜市中区新山下にあるN Tech Japan:エヌテックジャパンと、キャンバージョイントとリアロールセンターアジャスターを検討しています。タイロッドエンド・コントロールアームセットは、車高やバネレート等のセットアップと組み合わせることで初めてメリットが出る製品なので、続報をお待ちください。


■ASM キャンバージョイント  検討中
■ASM ロールセンターアジャスター  検討中


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4187


2021-2022年タイムアタックシーズン開幕に向けて 2021/10/14(Thu) 13:51:10
211014_advan_a052_s2000_asmyokohama.jpg


2021-2022年タイムアタックシーズン開幕に向けて、ASM S2000 R/T号に使用するタイヤが入荷しました。ADVAN A052のままASM presents -Attack 2021- Tsukuba Championship時の245/40-17から255/40-17にサイズ変更し、ノーマルエンジン・ノーマルミッション・GTウィング&床下空力パーツなしの完全保安基準適合S2000で、1分2秒425から更なるタイムアップを目指します。


211014_advan_a052_.jpg

引用元:ADVAN A052_サイズ表
タイヤ外径8mm大径化・タイヤ総幅12mm拡大とギヤ比の関係が各コーナーへの進入と立ち上がりでどう影響するのか、現状では未知数です。ひと昔前のオープンクラスS2000でさえ簡単に記録できなかった1分1秒台が目標タイムなのにREVSPEED筑波スーパーバトル前日走行でシェイクダウンと言うスケジュールだから、最もタイムに影響するタイヤ要素で冒険しました。


211014_advan_a052_s2000_asmyokohama_T.jpg
211014_advan_a052_s2000_asmyokohama_w.jpg


『255幅にするならホイールは9.5Jじゃないと』と言う考え方/意見もありますが、横浜ゴムA052サイズ表には標準リム幅=9J/適合リム幅=8.5ー10Jと明記されおり、実際に9Jホイールと組んでもタイヤ単体のサイドウォール形状(=本来の設計形状)に近くなったので、リム幅を広げてわざわざタイヤを変形させる合理的な理由はありません。今まで使用しているADVAN RS2 17インチ 9J+63を継続使用します。


<2021ー2022 サーキット走行予定>

12/1 前日走行(FK8・S2000)
12/2 REVSPEED筑波スーパーバトル(FK8・S2000)
12/20 REVSPEED鈴鹿サーキット(S2000)
2/18 前日走行(S2000)
2/19 Attack筑波(S2000)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4175


取確 2021/05/03(Mon) 16:51:03
210503_s2000_trust_asmyokohama.jpg


2021年GWの新山下自動車部活動です。ASM S2000 R/T号で、有名チューニングパーツメーカー様からご依頼いただいた試作製品の取確・検証作業をしました。本製品にとって重要な気になる点があったので開発担当者様に改善提案しています。


210506_s2000_CFRP_asmyokohama.jpg



2021-2022タイムアタックシーズンに向けて、ASM S2000 R/T号の軽量化に着手しました。


210506_s2000_MUGEN_asmyokohama.jpg


◆2021−2022タイムアタックシーズン軽量化項目 <目標:50kg>

 ・無限ハードトップ 装着 (+15.4kg 空力性能向上)
 ・ソフトトップ 撤去 (-28.4kg軽量化・低重心化)
 ・無限6点式ロールケージ ⇒ SUCCEEDSPORTSで軽量素材サイドバー付に改造(軽量化・低重心化)
 ・ASM ドライカーボンドア 装着(軽量化)
 ・ASM ドライカーボンフェンダー 装着(軽量化)
 ・フロアカーペット等 ストリートEVOクラスの範囲内で撤去(軽量化)


210509_intake_s2000_asmyokohama.jpg
210509_trunk_s2000_asmyokohama.jpg


ノーマル形状のASMドライカーボンフェンダーは塗装して装着しているので、外観からは全く違いが分かりません。軽量なCFRP製を訴求するためにクリア塗装していたASM I.S.Designフロントエアロバンパー04は、今シーズンからグランプリホワイト塗装して無限エアクリーナーBOXの魅力を最大限引き出す仕様に変更しています。ASMドライカーボントランクも、Type-Sリヤウィング対応と鍵穴追加を訴求するためのクリア塗装からグランプリホワイトに変更しました。

 ・ASM I.S.Designエアインテークキット 装着 (外気取込)
 ・ASM ドライカーボントランク(Type-S)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4119


2021−2022タイムアタックシーズンに向けて。 2021/03/03(Wed) 14:42:56
210303ASMYOKOHAMA_S2000_RT1.jpg


Attack筑波2021の後、セットダウン〜チューニングセール〜月末月初と大忙しの日々に考えた、保安基準・REVSPEEDストリートEVOクラス車両規定・Attackリアルチューニングクラス車両規定を全て満たす、2021年仕様ASM 2000 R/Tマシン製作に着手しました。


<ASM S2000 Real Tuning Concept 2021>
S2000
◇ ノーマルエンジン、ノーマルミッション
◇ エアコンオーディオ付き
◇ タイムアタック時でも保安基準適合(最低地上高90mm・近接排気騒音値96db・タイヤ突出なし等)
◇ GTウィングなし、床下空力パーツなし
◇ ラジアルタイヤ ADVAN A052



210303ASMYOKOHAMA_S2000_RT2.jpg


会社の看板を背負っているから保安基準適合は当然です。O/Hさえしていないノーマルエンジンは、4シーズン目だからパワーダウンしている可能性が高いでしょう。車高を低くすればセッティング幅が広がり速くなりますが、公道を自走して帰る『撤収のASM』だから、走行後いちいち車高上げ作業をしたくありません。市販GTウィングを装着してASMが1秒台を出したところで今更感があるので、Attackリアルチューニングクラス車両規定に適合するType-S純正リヤウィングを選択しています。


今の仕様では手が届かない筑波1秒台を目指して、【50kg以上軽量化】に取り組みます。

◆2021−2022タイムアタックシーズン作業項目

 ・無限ハードトップ 装着 (+15.4kg 空力性能アップ)
 ・ソフトトップ 撤去 (-28.4kg軽量化・低重心化)
 ・無限6点式ロールケージ ⇒ SUCCEEDSPORTSで軽量素材サイドバー付に改造(軽量化・低重心化)
 ・ASM ドライカーボンドア 装着(軽量化)
 ・ASM ドライカーボンフェンダー 装着(軽量化)
 ・ASM I.S.Designエアインテークキット 装着 (パワーアップ)
 ・フロアカーペット等 ストリートEVOクラスの範囲内で撤去(軽量化)
 ・CFRPフロントバンパー ボディ色塗装
 ・CFRPトランク ボディ色塗装



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=4098


前の10件 | | < Back |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]