ASM Blog
   S2000・RECARO・86がある自動車生活
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019 セットアップデータ
冬は、まだ終わらない。
徹底したS2000限定主義でASMブランドを確立
Go Beyond the Limit.
サーキットから日常使用まで。
S2000 20th Festival
Entry Archive
Search
Login
Attack -2018- Tsukuba Championship 2018/02/25(Sun) 16:26:40
180224_TKB_all_.jpg



今シーズン最後のタイムアタックとして、Attack -2018- Tsukuba Championshipに挑みました。


180224_Pit_.jpg
180224_check2_.jpg180224_TKB_.jpg


今回のターゲットタイムは、ASM S2000 2号車が記録した筑波スーパーバトルNAチューニングカーレコード57秒398を破ったプライベータ―の57秒376でした。走行開始前に出始めた濃霧に包まれ濡れた縁石は滑り、コースコンディションも加藤寛規選手の表情もどんどん悪化していきます。



180024_f20c_.jpg180024_KATOH_.jpg
180224_twm_.jpg180224_S2000_1_.jpg


1回目のスーパーLAP枠は56秒台を目標にSタイヤADVAN A050を履いてS2000/NA最速を奪還し、2回目のスーパーLAP枠は57秒台を目標にラジアルタイヤADVAN A052に履き替えてラジアルタイヤ/NA最速タイムを更新する作戦?でしたが、短時間で必要な温度まで上げることができる従来のウォーマーと、Attack青木さんが手配してくれたタイヤウォーマーを組み合わせて対応しました。



180224_Finish_.jpg




<公式タイム>


ADVAN A050 57秒051 S2000 NA最速レコード奪還

ADVAN A052 57秒935 ラジアルNA チューニングカーレコード更新





180224_IS_Kato_.jpg


S2000のNA最速を奪還し、筑波スーパーバトル2017で記録したタイムも大幅更新し、ラジアルNA最速の57秒台に入れることができました。アウトラップ−計測1周目―計測2周目―インラップ×2枠しかないのに、事前テストなくPOTENZA RE-71RからADVAN A050/A052に履き替えて、ターゲットタイムをクリアです。


筑波スーパーバトル以降の追加製作パーツ

(1)センターフロアフィン・・・SUPER LAPで装着
(2)センターディフューザー延長・・・SUPER LAPで装着
(3)リヤディフューザー延長・・・重量増ほどメリットがなく不採用(再テスト)
(4)スタビリンク・・・現状スタビではセッティングが崩れたため不採用



180224_Arvou_.jpg180224_TFR_.jpg
180224_ADVAN_.jpg180224_Dunlop_.jpg


ARVOU緑号/白号のサーキットメンテナンスに来ていたアルボー柴田さんと話しました。結果だけ見るとASMの0.5秒遅れですが、ARVOU緑号も一度はASMのタイムを破ったオレンジ号も、タイムアップに最も効果的なワイド化をほとんどしていません。もし超ワイドボディエアロパーツを装着していたら、さらに僅差だったかもしれない速いS2000でした。 ASMのお客さんが15年前から懇意にしていたTop Fuel Racing熊木さんとも挨拶できたので、次回GENROMフェアの後G.T WORKS 寺崎源さんとTFRを突撃訪問して、Adaptronicを営業します。



180224_thanks_.jpg

Attack筑波2018のNAクラスでは3位でした。1位は3ローターNAのFD3S RX-7が記録した55秒595、2位は車重700kg台まで絞ったEG6シビックの56秒546、初参戦のASM S2000 1号車はNAクラス3位でした。速ければ格好いいのがチューニングカーの基本ですが、熱くなってもムキにならずNAのF型エンジンと純正ベースのサブフレーム・サスペンションアームのままタイムを出す選択こそ、ASMらしいかもしれません。

来シーズン、まずは狙って56秒台に入れることが出来る車作りに取り組み、Attack筑波だけではなくAttack鈴鹿でも記録更新を目指します。本気で喜んだり驚いたり悔しがったり笑ったりしながら純粋にタイムを追求するAttackの空気感を、お客様にも伝えていきたいと思いました。






■2018年2月 Attack -2018- Tsukuba Championship

ADVAN A050  57秒051 (Sec.1 23.339 Sec.2 23.529 Sec.3 10.123 189.640km/h)
ADVAN A052  57秒935 (Sec.1 23.869 Sec.2 23.853 Sec.3 10.213 189.773km/h)

ドライバー:加藤寛規選手
チーフエンジニア:坂上(ASM)
チーフメカニック:八百(ASM)
メカニック:阿部(ASM)



この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3499


一瞬で、S2000の圏外へ
[3499] asm

Next >> [ADVAN A050/A052 車載映像]
Back >> [マイナス10s]

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.