ASM Blog
   It's a shop full with S2000 and RECARO lovers since 2005 September 5th.
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
新山下自動車部
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<鈴鹿>
天気予報<横浜>
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
SACLAM 在庫情報
筑波最速プロジェクト
Recent Entry
ASM G.T WORKS GENROM EngineMode10_Pos4
フルーダンパー+ASMプーリーキット
ASM Stationery
ASM Adjustable Stabilizer <Prototype>
ブレーキ・ハブ関連リフレッシュ
TOYOTA 86 × Fluidampr Crank pulley
Entry Archive
Search
Login
ZONE 10F TT(オプション加工) 2019/12/25(Wed) 09:59:16
191223_asm_dba_s2000.jpg
191223_asm_dba_s2000_TM_GEN.jpg


1/23(木)2020 第31回 REVSPEED筑波 スーパーバトルに向けて、ASM S2000 R/T号のブレーキ関連をリフレッシュします。12月の筑波2日間は、2ドライバー体制で連続周回しながらタイムアタックとテストで連続周回したことに因り、今まで色が残っていた赤=610℃のサーモペイントまで白に変化して、ブレーキキャリパーの新品交換が必要な状態にまで酷使しました。


191225_tt_01.jpg

ブレーキパッドは、鳴き止めシムを外すことを前提に片側1mm厚く製作されたTT仕様を採用します。12月の筑波2日間で計測75周走った結果、新品ZONE 10Fの残量が使用限界の5mmを切っていました。パッド摩材が10mmで使用限界が5mmとすると、今回のTT仕様は6mmに増えるから計算上20%ライフが伸び、断熱効果が高まり効きやタッチが改善します。分かりにくいケースもあるブレーキの引きずりには注意しないといけません。


191224_asm_dba_s2000.jpg



ブレーキローターは、放熱性・耐久性・価格を総合的に判断して、実績あるdbaを選択です。


ZONE 10F TT(Front)  24,200円 <税抜価格 22,000円> <NEW>
ZONE 10F(Rear)  18,700円 <税抜価格 17,000円>
dba 4000 T3 slot designブレーキローター(Front)  33,000円 <税抜価格 30,000円>
dba 4000 T3 slot designブレーキローター(Rear)  30,800円 <税抜価格 28,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3878


2011年11月富士テスト


4.4ファイナル 2019/12/22(Sun) 11:15:27
191222_4.4_asm_.jpg


1/23(木)2020 第31回 REVSPEED筑波 スーパーバトルに向けて、ASM S2000 R/T号のファイナルギヤを交換します。車載動画をご覧いただくと分かる通り1ヘア2ヘアを3速で旋回しており、立ち上がりで4,000rpm以下に落ちて、立ち上がり加速でタイムロスしました。12月の筑波スーパーバトルではECUデータを仕様変更して改善しましたが、過給機付き車両ではないので根本的な改善はできていません。


191222_4.4_.jpg


そこでファイナルを4.3から4.4にショート化します。同じ速度で旋回するならボトム回転数は高くなり、2ヘア進入時のオーバーレブ(8,000rpm超え)にはEngineMode11_Pos4の9,000rpmまで上げたレブリミットで対応しようと考えました。加速側の瞬間的なオーバーレブだから、多少のダメージでエンジンの寿命を縮める程度で済むと判断しています。12月筑波スーパーバトルでは2日で計測75周走りましたが、ASM S2000 R/T号は純正デフケースを使用しました。大型デフケースで油量を増やして温度上昇を遅くするのではなく、WPC処理により摩擦を減らして油温上昇と出力損失を抑えるのがASMの考え方です。


ASM ファイナルギヤセット  113,300円 <税抜価格 103,000円>


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3876


ASM S2000 1号車、2009年シーズンの方向性


Attack Tsukuba 2020 に申し込みました。 2019/12/20(Fri) 11:59:56
191220_20190222tc2000mv.jpg



2/22(土)に開催されるAttack Tsukuba 2020に申し込みました。

<Attack筑波 Real Tuningクラス車両規定>

Sタイヤまで使用可能。タイヤメーカー・銘柄は自由。カナード、アンダーパネル、GTウイング、ディフューザー、フロアパネルに装着する空力パーツ装着禁止。市販エアロでバンパー一体形状等のアンダーパネルやメーカー市販状態で装着されているパーツは装着可能。その他の部分は改造範囲等不問、改造無制限。全走行クラス共通募集要項の車両規定に合致すること。車幅はノーマルから+20mm全長+30mmまで許容。順位を決めるわけではないので車検等も行いません。規則のグレーゾーンを突くような、後ろ指差されない仕様で参加して下さい。


191220_20190222tc2000mv_2.jpg191220_20190222tc2000mv_5.jpg
191220_20190222tc2000mv_4.jpg191220_20190222tc2000mv_3.jpg


◇ エントリードライバー名 G.T WORKS 寺崎 源さん
◇ エントリー車両名 ASM with G.T WORKS S2000(ABA-AP2-110)
◇ エントリークラス Real Tuningクラス
◇ ベストタイム 1分04秒920(2019 REVSPEED筑波スーパーバトル)
◇ 目標タイム 1分03秒999
◇ タイヤ銘柄とサイズ ラジアル ADVAN A052 245/40-17(F/R)
◇ 車両製作のテーマ・コンセプト、スペックその他

公道を自走で往復移動し、Attack筑波でタイムアタックとスポーツ走行できる保安基準適合S2000を目指しました。ノーマルエンジン、ノーマルミッション、最低地上高90mm以上確保、近接排気騒音96db以下、カナード・GTウィング・床下空力パーツなし、純正タイヤ最大幅サイズ245/70-17のラジアルタイヤ装着。現役のトップクラスレーシングドライバー・加藤寛規選手がセッティングしたS2000で、普通の人・G.T WORKS寺崎源さんがタイムアタックします。


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3875


ASM S2000 Real Tuning Concept



ASM G.T WORKS GENROM for AP2 EngineMode11_Pos4 開発記 2019/12/17(Tue) 13:39:14
191217_tsukuba_.jpg


2019‐2020年タイムアタックシーズンからREVSPEED筑波スーパーバトル参加車両を変更した理由のひとつが、ASM製品には街乗りだけでも本格的タイムアタックだけでもなく両方を高レベルにバランスできる基本性能と拡張性を証明することです。

サスペンションセッティングでは、F/R各700ポンド(12.5kg/mm)からF:900ポンド(16.1kg/mm)/R:1,000ポンド(17.9kg/mm)までバネレートが高くなったにも関わらず首都高でも快適で、加藤寛規選手からは『サーキット仕様のお客様向けにハイレートなセッティングをテストしましょう』と提案されたぐらいです。ECUについても同様で、ASM G.T WORKS GENROMをベースに本格的タイムアタックまで対応するリセッティングをしました。


191217_GENROM_.jpg


既にやり切った感があるS2000向けECUですが、本格的タイムアタック仕様までは想定していなかったので、まずはG.TWORKS S2000(R/T仕様)で実験です。サーキット走行を想定してリタード制御をコントロールしながらハイカム側の点火時期を詰め、動力計でノッキング等を確認しながら出力空燃比に調整したEngine Mode11 Pos1,2,3(点火時期違い)をHSRやオートポリスに持ち込み実走データを取り、ASM S2000 R/T号がVSA付だからスイッチOFFで完全にVSAが切れるようにフラグを解析し対処します。


191217_KATOH_GEN_.jpg
191217_LOG1_.jpg
191217_LOG2_.jpg
191217_LOG3_.jpg
191217_GEN_.jpg
191217_KATOH_.jpg


ASM S2000 11月筑波テストで加藤寛規選手から出た、『ファイナルをショートにする前にECU側で回転が落ち込んだ時の反応を良くできないか』との要望に応えて用意したのが、VTECの切り替え回転数と点火時期、AF、車速別にDBWを調整したEngine Mode11 Pos4です。加藤寛規選手の走行状態をテレメトリーシステムによりリアルタイムで確認しつつ、ドライバーが感じた良いフィーリングをデータロガー上で確認できました。


191217_GENROM_mode11.jpg


11月のSAサンシャイン神戸ASMフェア往復移動時に記録しGENROM Engine Mode11 Pos4の燃費は、4日間1,350km走行して11.9km/Lです。製品データMode10は、万が一粗悪ガソリンを入れてしまった場合に備えて、ノックセンサー感度を純正ECUデータ同様に戻しました。スイッチOFFすればVSAは全く介入しません。プラグ・コイル・インジェクター等きちんとメンテナンスされた車両なら、日常使用から本格的サーキットタイムアタックまで喜んでいただけることでしょう。


12/21(土)から販売開始、12/25(水)までにご成約いただいた先着5名様はXmasセール価格です。

191217_DATA_.jpg


ASM G.T WORKS GENROM(AP2)EngineMode10_Pos4 104,500円<税抜価格 95,000円>

 ・VTEC切り替え回転数
  <高負荷> 設定:4,200rpm/復帰:4,000rpm
  <低負荷> 設定:5,200rpm/復帰:5,000rpm
 ・REVリミット9,000rpm
 ・速度リミッター変更済み
 ・VSAカット
 ・DBW調整
 ・燃料出力空燃比
 ・ノックセンシティビティ純正ECU同様(=EngineMode10のこだわり)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3872


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。


2019 REVSPEED筑波スーパーバトル車載動画 2019/12/14(Sat) 10:23:30



■Aドライバー:加藤寛規選手

ADVAN A052
1'03.481 (Sec.1 25.848 Sec.2 26.370 Sec.3 11.263 167.442km/h)





■Bドライバー:寺崎源さん(G.T WORKS)

ADVAN A052
1'04.920 (Sec.1 26.582 Sec.2 26.753 Sec.3 11.585 164.609km/h)


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3871


ADVAN A050/A052 車載映像


2019 第30回 REVSPEED筑波 スーパーバトル 2019/12/12(Thu) 16:06:51
191210_katoh_gtworks_tsukuba_.jpg



12/10(火)、REVSPEED筑波スーパーバトル前日テスト。


191210_katoh_gtworks_.jpg
191210_katoh_gtworks_2.jpg
191210_katoh_gtworks_3.jpg


九州大分G.T WORKS寺崎源さんも合流して、ASMからの要望を反映した新データ・GENROM ENGINE Mode11-Pos04_vsaに変更しました。加藤寛規選手と寺崎源さんがドライバーチェンジしながら翌日に向けた合わせ込みを行います。計測50周走行し、加藤寛規選手は今シーズン目標にしていた3秒台に突入して1分03秒849を記録、この日が初めての筑波だった寺崎源さんは1.3秒遅れの1分05秒153を記録したので、翌日の目標は1分2秒台と4秒台になりました。


191211_TSB_.jpg



12/11(水)、2019 第30回 REVSPEED筑波スーパーバトル当日。


191211_KATOH_.jpg
191211_ASM_2.jpg


タイムアタックドライバーを16年連続担当する加藤寛規選手が、駆動系を暖機運転後にタイヤを装着したS2000で、朝の計測1周目に1年の全てをかけて臨みました。ここでASMチームがABS警告灯が点いていたことに気付かないままドライバーを送り出したせいで、計測1周目1コーナーに飛び込んでABS不動に気付き、後方から見ていた大井貴之さんは『やっちゃったなぁ』と思ったそうです。


191211_A052_.jpg


加藤寛規選手のとっさの判断で辛うじて立て直してピットインできました。ニュータイヤA052に計測ゼロ周でフラットスポットが出来ています。状況を確認したところ、ジャッキアップ状態で駆動系暖機を行った後、本来であれば@キーOFF→ONしてA車速信号を入れるとリセットするのですが、@の行程を知らなかったのでエンジンをかけたままAを行い、メーターの陰に隠れてABS警告灯の点灯に気付きませんでした。


191211_2_ren.jpg
191211_TSB_2_Driver_.jpg
191211_ASM_.jpg


2ヒート目の最初は、加藤寛規選手が3本ニュータイヤ(ウォーマー使用)+1本中古タイヤ(ウォーマーなし)と言うチグハグな状態でタイムアタックし、ASM自己ベストを更新する1分03秒481と1分03秒668を記録したところで寺崎源さんにドライバーチェンジし、最終LAPで1分04秒920を記録して目標クリアしました。


191211_lap_.jpg


シーズン前は1分4秒台が目標でしたが、10月富士と11月筑波たった2回のテストで1分3秒台で周回する速いS2000が完成し、今回が初めての筑波だったG.T WORKS寺崎源さんは、現役トップドライバーでホンダモータースポーツの将来を担う人材を育成しているインストラクターの加藤寛規選手とタイム差わずか1.4秒でした。寺崎源さんとしては今回の主役は加藤寛規選手であり、ドライバーではなくECUエンジニアとしてセッティング~トラブル対応まで大活躍だったので、2ヒート目無事に走れたところで燃え尽きたそうです。


191211_TSB_2.jpg


今回はASM金山のチームマネジメント不足が原因で、加藤寛規選手や他の参加車両を危険な目に合わせたことや、万が一大事故に繋がっていたらチームスタッフの心にも大きな傷が残っただろうと考えると、目標クリアの嬉しさは吹き飛んで自分への腹立たしさと後悔と悔しさしかありません。


■2019 30TH REVSPEED TSUKUBA SUPER BATTLE

Aドライバー:加藤寛規選手
ADVAN A052 1'03.481 (Sec.1 25.848 Sec.2 26.370 Sec.3 11.263 167.442km/h)

Bドライバー:寺崎源さん(G.T WORKS)
ADVAN A052 1'04.920 (Sec.1 26.582 Sec.2 26.753 Sec.3 11.585 164.609km/h)

チーフエンジニア兼メカニック:阿部(ASM)
チーフメカニック:坂上(ASM)
メカニック:鐘ヶ江さん(G.T WORKS)
エンジンマネジメント:寺崎源さん(G.T WORKS)

総合プロデューサー:金山


2019-2020年タイムアタックシーズンは始まったばかりです。加藤寛規選手とレブスピード編集部の皆さんに相談して、2020年1月23日に開催される第31回REVSPEED筑波スーパーバトルに緊急参戦します。





この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3870


筑波スーパーバトル2014 〜 失敗しても謙虚になり、また挑戦しよう 〜


2019 第30回 REVSPEED筑波 スーパーバトル 参加表明! 2019/12/08(Sun) 14:21:37
191209_REVSPEED_1.jpg


2003年からS2000での筑波タイムアタックにこだわり続けて17年、ASMは今年もREVSPEED筑波スーパーバトルに参戦します。改造無制限のオープンクラスではなく、ノーマルエンジン・ノーマルミッションを基本に、GTウィング・カナード・アンダーパネル等空力パーツやカーボンドア・エアコン撤去等極端な軽量化に頼らず、サスペンションセッティングで速さを追求した、筑波スーパーバトルのストリートクラスとAttack筑波のリアルチューニングクラス両方の車両規則に沿った新タイムアタック車両を製作しました。


191209_REVSPEED_2.jpg


12/10(火)の前日走行と12/11(水)8:40から始まる1ヒート目のドライバーはSRS-Fインストラクターを務めた加藤寛規選手が担当し、10:55から始まる2ヒート目と午後の3ヒート目は元D1ドライバー・G.T WORKS寺崎源さんが担当します。前日テストは午後ですが、天気予報は晴れになりました。


191209_tsukuba_1.jpg


最低地上高90mmを確保して245/40-17のラジアルタイヤADVAN A052を履き、わずか2回の事前テストで作り上げた近接排気騒音値96db以下の完全合法S2000で、筑波1分3秒台を狙います。


191208_timetable_.jpg


■2019 30TH REVSPEED TSUKUBA SUPER BATTLE

 開催日時:2019.12.11(Wed.)
 場所:筑波サーキット コース2000
 エントリー名:ASM with G.T WORKS S2000(20番PIT・走行Cグループ)
 ドライバー:加藤寛規選手・寺崎源さん
 持ちタイム:1分04秒55


この記事のURL
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3869


GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019 セットアップデータ


前の10件 | | < Back |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]